« 追加「大企業・大銀行支援」対策ですか? | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2008年12月22日 (月)

ビジャレアル対バルサ―メッシに元気がないのが気になる

 ポチです。
 おはようございます。
 年も押し詰まり、あわただしい中、いかがお過ごしでしょうか。
 私は、書きたいことは山ほどありながら、仕事に追われ、途中まで書いては、「下書き」にしたまま完成できずにボツにする、ということを繰り返しています。


 さて、今朝は、3時に起きてバルサ対ビジャレアル戦をTV観戦。
 今日の仕事は、一日睡魔との闘いになりそうです。

 で、その一戦ですが、2対1でなんとかバルサが競り勝ちました。
 もう一つパッとしなかったなあ、というのが印象です。
 「やはりビジャレアルは強い」というのが正直な感想でしょうか。
 得点チャンスは、ほぼ互角か、もしかしたらビジャレアルの方が多かったかもしれません。どちらかと言うと、ビジャレアルのミスに助けられたと言ったら言いすぎでしょうか。

 いつもと決定的に違うのは、メッシのドリブルからの崩しがほとんどなかったことです。メッシの元気のなさは気になりました。 ほとんど試合に登場してこなかったと言ってもいいくらいです。
 一方で、シャビのキレは凄みを感じました。ボールのキープ力と前にすすむ力、正確なパスは今日の勝利のカギだったように思います。
 

 とにかく、これで年内の試合はおしまい。しかし、まだまだ16節を終えたところです。年明けは、1月3日に第17節、マジョルカ戦、6日には国王杯のアトレティコ・マドリー戦です。

 
 
 ところで、昨日は、レアル・マドリー対バレンシアの試合を観たのですが、いったいレアル・マドリーはどうしたのと言うのでしょうか。
 かろうじて、1対0で勝ちましたが、ちぐはぐさが目立ち、レアル・マドリーらしいプレーをしていたのは、ロッベンくらいでした。
 早く復調してほしいものです。強いレアル・マドリーがバルサの前に立ちふさがっていってこそ、リーガ・エスパニョーラです。

 では、バルサ対ビジャレアルの試合の動画をどうぞ。



 ところで、今日の試合の解説は、安永聡太郎さんでした。
 彼が解説するのを観たのは今日が初めてだったのですが、これまでもしてましたっけ?
 局面局面での技術論や戦術論に踏み込んだ、新鮮でわかりやすい解説で感心しました。
 また、実際にスペインでプレーした経験も生かした話の豊かさにも大いに共感がもてました。

 ご存知、安永さんは、わが宇部市の出身です。
 上宇部中学校から清水商業にすすみ、U-20日本代表。横浜マリノスや清水エスパルスなどで活躍しました。途中、2度、スペインに渡り、1997-98シーズンを過ごした2部レエダ次代の監督は、現レアル・マドリー監督のフアンデ・ラモスです。
 私がよく行くスナックのママさんの娘さんが安永さんと同級生で、以前は店にもちょくちょく来ていたそうです。




 ということで、今日は軽くリーガ・エスパニョーラの記事でした。
 では、また。






 

|

« 追加「大企業・大銀行支援」対策ですか? | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/26392936

この記事へのトラックバック一覧です: ビジャレアル対バルサ―メッシに元気がないのが気になる:

« 追加「大企業・大銀行支援」対策ですか? | トップページ | 明けましておめでとうございます »