« なんかヘンだ!民主党の「対案」 | トップページ | 長女の誕生日の日に――SHOGO's Words No.27「Happy Birthday Song」 »

2008年11月28日 (金)

麻生発言――日本のゆがんだ社会保障の発露

 ポチです。
 数日間、寒い日々が続きましたが、この二日間くらいは暖かな一日でした。
 みなさん、お変わりありませんでしょうか?
 私のまわりにも風邪ひきさんが何人かいます。今年の風邪は長引くそうです。体調に気をつけてお過ごしください。


 さて、今日の話題はコレです。

 麻生首相:高齢者医療費「何もしない人の分なぜ払う」
                  毎日新聞 2008年11月27日 1時23分

9393_1 麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡り「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが26日公開された議事要旨で分かった。高齢者医療費の増大は患者側に原因があると受け取れる発言で、批判も出そうだ。
 首相は「67歳、68歳になって同窓会に行くと、よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる」と指摘。「こちらの方がはるかに医療費がかかってない。毎朝歩いたり何かしているからである。私の方が税金は払っている」と述べ、理不尽さを訴えた。
 最後に首相は「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、インセンティブ(動機づけ)がないといけない。予防するとごそっと減る」と語った。
 首相は19日の全国知事会で「(医師は)社会的常識がかなり欠落している人が多い」と発言し、20日に撤回、陳謝していた。その日に不用意な発言を繰り返していたことになる。(写真は、20日に開かれた経済財政諮問会議であいさつする麻生首相=北海道新聞からお借りしました)




 ここで私が言いたいことは2つです。

 今朝の「朝日」の記事に民主党の管直人代表代行の「社会保障制度の原理をまったく理解していない。この人に社会保障をまかせることはできない。総理の資格を有していない人だ」というコメントが載っていましたが、1つはこの点です。

 基本的には、菅さんの言われるとおりだと思います。麻生さんは、「社会保障」という概念を理解されていないと言うか、たぶん、「社会保障」という概念が頭の中にないのでしょう。

 税制とか社会保障負担とかいうのは、所得の再配分です。「所得に応じて拠出しあい、社会全体で一人一人の国民の暮らしを支える」と言うことに他なりません。
 健康であろうと病気がちであろうとに関わりなく、相対的に(たぶん「絶対的に」なのでしょうが、麻生さんの所得水準を知らないもので、こう表現させていただきます)所得が高いであろう麻生さんが「私のほうが税金は払っている」のは当たり前のことなのです。それを「理不尽」というわけですから、あきれるばかりです。



 そして、2つめ。この点が私が一番言いたい点です。
 それは、この社会保障に対するゆがんだ見方は、けっして麻生さんだけの問題ではない、日本社会全体をおおっている社会の現実を反映している問題だということです。

 先ほど、「税制や社会保障は所得の再配分だ」と言いましたが、その所得の再配分が世界のなかでも最もうまくいっていない国の一つが日本ではないでしょうか。

 以前、何かで読んだことがあるんですが、OECDの調査では、子どものいる世帯の貧困率がOECD加盟国(つまり、いわゆる「先進国」です)の中で最も高いのが日本だそうです。それ自身も大問題なのですが、「再配分」後の貧困率を見ると、他の加盟国はすべて貧困率が低下します。当たり前のことです。所得の多いところから少ないところへ「再配分」するわけですから。
 ところが、なんと日本の場合、「再配分」後の貧困率は逆に上がるというのです!
 これは言うまでもなく、「再配分」に成功していないということです。

 日本の社会保障制度のなかに、「応益負担」という概念が存在します。
 「応益負担」、つまり、「利益を得たものが、得た利益に応じて負担するのは当然だ」という考え方です。この考え方が社会保障制度の中に根強くはびこっていることが、「再配分」に成功していない最大の原因なのではないでしょうか。

 たとえば、「障害者自立支援法」という法律があります。障害者福祉に「応益負担」を導入した法律です。障害者とその家族の負担は激増してしまいました。障害者施設の経営も深刻な事態になっています。

 障害者の方は、福祉サービスがあってはじめて、最低限の社会生活を営むことができます。たとえば、目の不自由な方は、外出介護のガイドヘルパーさんがいてはじめて外出が可能になります。
 その福祉サービスは「益」でしょうか?「利益をうけた」と言うのでしょうか?
 そして、「利益を受けたのだから負担は当然だ」というのでしょうか?

 障害があるがゆえに日常生活に支障があり、福祉サービスをうける、それは、けっして「利益」ではありません。人間としての「生きる権利」です。
 それを、「スーパーで大根を買えば、その代金を払うことは当たり前だ」とでも言うような、この「応益負担」という考え方は、社会保障を崩壊させるもの以外の何物でもありません。

 そして、この「障害者自立支援法」を導入したのが自民党と公明党であり、たしか、民主党も別の理由でこの法案には反対しましたが、「応益負担」そのものは否定されなかったと思います。
 つまり、この「応益負担」という考えに、今、麻生さんに文句を言っている自民党の方々も公明党の方々も、そして、先に引用した批判のコメントを出しておられる菅さんの民主党も立っておられるのです。


 麻生発言も、たんに「麻生はアホだ」という問題ではけっしてないと思います。
 日本社会を覆う社会保障のゆがんだ存在の発露とでもいうべきなのではないでしょうか。




 う~ん。
 今、これを打っている最中、テレビの朝のワイドショーで、例の麻生発言が取り上げられていて、それを聞いていたカミさんが、

「『たらたら飲んで、食べて、何もしない人』ってアンタのことじゃないの?アンタのために医療費は払えないってよ~」

 と言われてしまいました。
 ・・・・・・・・。
 う~ん・・・・。

|

« なんかヘンだ!民主党の「対案」 | トップページ | 長女の誕生日の日に――SHOGO's Words No.27「Happy Birthday Song」 »

コメント

こんにちは、ポチさん。
たいへんに有益な記事をありがとうございます。さっそく紹介記事を書かせていただきました。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-999.html
記事を書くためにいろいろ思いをめぐらすうちに、これは麻生首相の個人的な問題ではない、という考えに至りました。日本人全体が「社会保障とはなにか」改めて考え直さなければならないと思います。本来は教育の場でそういう機会があるべきなのですが、教育の場での長い間の無為が日本社会に溜まって、麻生氏の口から噴出したのだと思いました。

投稿: 村野瀬玲奈 | 2008年11月30日 (日) 16時21分

村野瀬さん
コメントと貴ブログでの紹介ありがとうございます。

>これは麻生首相の個人的な問題ではない

まったく同感です。パッと見には「問題なさそう」で、実はとんでもない正体を持つ、
この「応益負担」といういかがわしい言葉にいかに多くの国民が騙され、苦しめられているか!
社会保障の分野から「応益負担」という概念を追放しなければならないと思います。

投稿: pochi | 2008年11月30日 (日) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/25695612

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生発言――日本のゆがんだ社会保障の発露:

» NO.782 麻生総理の「暴言、失言追っかけ」ではありませんが・・・。 [大脇道場]
 もう何をかいわんや。 この人の暴言を追っていたら毎日書かなければならなくなるぐらいだ。当ブログにアクセスする「検索キーワード」の上... [続きを読む]

受信: 2008年11月28日 (金) 08時37分

» タイ・反政府団体座り込みで「国際空港閉鎖」に思うこと。そして麻生首相... [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
 タイの国際空港閉鎖で足止めを喰らった方々など、迷惑を被った人たちには気の毒なのですが・・・。毎日jp(毎日新聞)タイ:陸軍司令官が総選挙要求 【バンコク藤田悟】タイの反政府団体「民主市民連合」のデモでバンコク近郊のスワンナプーム国際空港が閉鎖された事態を受け、アヌポン陸軍司令官は26日、「民意を問うため、ソムチャイ首相に下院を解散して総選挙を行うよう求める」と述べた。政府広報官は「司令官の解散要求には応じない」と提案を拒否する意向を示し、タイの情勢はさらに混迷を深めている。(略) ┃ 日本は・・... [続きを読む]

受信: 2008年11月28日 (金) 10時54分

» 麻生首相に社会保障は語れない。。 [花・髪切と思考の浮游空間]
社会保障は、その対象にあらかじめ誰かを排除したものではないはずです。ですから、首相の発言は認識不足もはなはだしいといって過言ではないでしょう。あえてこんな言い方をすれば、何もしない人、できない人でも救う、これが社会保障でしょう。 首相が発言したのは、経済財政諮問会議でのこと(記事参照、議事録)。経済財政諮問会議(参照)では、およそ常識的とはいえない発言も許容される環境にあるということでしょうか。ちなみに同会議メンバーはこんな顔ぶれです。 麻生 太郎 議長 内閣総理大臣 河村 建夫 内閣... [続きを読む]

受信: 2008年11月28日 (金) 12時09分

» ビフォー・アフター [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
●総理就任前(Before) ※出典:http://www.assorted.jp/blog/2008/09/post_34.html ●総理就任後(After) ※出典:http://ameblo.jp/nakasan1960/entry-10169899607.html  【総理就任前(Before)】の画像は、自民党総裁選期間中だけの時期限定で、東京・秋葉原にオープンしていた麻生グッズ販売店「オレ達の太郎!ショップ」の大看板。ヤマジと大藤という2つのメーカーが共同で運営し、麻生キャラの... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月) 19時58分

» 共産党の言葉の無力 [BLOG BLUES]
芸能人は歯が命、って旧いっすが。政治家は言葉が命。下掲は、 11月21日付毎日新聞朝刊より、野坂昭如の連載エッセー「七転び八起き」。 英語ダメな僕が言うのは何ですが、オバマ次期米大統領の言葉は 素晴らしいんですってね。引き合いに出すのも憚れるが、わが国宰相タローくん、 これは僕にもよく分かる、史上最低でしょう。自民党は、もう、こんな人でも 総理総裁にしてしまうんだ。完全に、オワってますな。 で、自民党政治に取って替わる「CHANGE」政治勢力と言えば、 共産党を措いて他にな... [続きを読む]

受信: 2008年12月 3日 (水) 12時07分

« なんかヘンだ!民主党の「対案」 | トップページ | 長女の誕生日の日に――SHOGO's Words No.27「Happy Birthday Song」 »