« 国民の姿が見えない「景気対策」論議 | トップページ | 自民党という政党の終焉への道程がはじまった »

2008年8月28日 (木)

変わらぬ大義――それは「弱いものを助け、命を尊重する」こと

 ポチです。
 ついに起こってはならないことが起きました。
 伊藤和也さんのご冥福を心からお祈りします。

 ペシャワール会は、1984年に中村哲さんがペシャワールに赴任され、医療活動を開始して以降、24年間に渡って、現地の人たちとともに、医療、灌漑、農業再生のための活動を展開してきました。文字通り、「命を懸けた」、血と汗と涙にいろどられた活動でした。
詳細は、こちらの記事を参考にしてください。
 そして、伊藤和也さんも、5年前にペシャワール会に入られ、その一員として、アフガンの人たちの命を守るために泥まみれになって活動されてきました。

 中村さんたちの「変わらぬ大義」、それは、「弱いものを助け、命を尊重する」、その一点でした。
 「タリバンがどうのこうの」とか、「9・11」、「民主化」、「復興支援」などのたわ言などとは一切無縁。そこに、今、命のともしびが消えかかっている多くの人々が存在し、自分たちの努力でその命が救える、そこに自らの使命を定め、「無私」の精神で突き進む。
 中村さんの講演を聞いたり、著書を読んだりして思うのは、「人間の意志というのは、なんと気高く崇高なものなのか」ということです。

 自分の食い扶持を稼ぐためにつまらない仕事をこなし、その合間にこんな駄文を書いている自分という存在はいったいなんなのだ!同じ人間と呼ぶにはなんと情けないことか!

 そんな自己嫌悪に駆られてしまいます。

 

中村さんたちの「気高く崇高な意志」をどんなことがあってもつぶしてはならない

 いま思うことはそのことだけです。


 以前、聞いた中村哲さんの講演で、アフガンの人々が示す日本人への特別な親密さについて語っていました。
 大半のアフガン人は、日本のことを知っており、彼らが日本について連想することの一つは、ヒロシマ・ナガサキだそうです。被爆の悲劇と同時に、その後、あの廃墟から立ち直って繁栄していること、そして、「繁栄した国はたい てい戦争をするが、日本は半世紀にわたって他国に軍事干渉しなかった」という賞賛、「平和国家・日本」「戦争で儲けない国・日本」というイメージがあるんだそうです。
 しかし、いま、そのイメージは崩壊しつつあります。

 中村さんは、こう言われました。

「日本人であることが、最大の安全保障だった。しかし、昨今の『国際貢献』や「国際社会に伍して』という主張は、これらを自ら葬り去るものであった」

と。

 若者の命を奪った直接の要因はいろいろあるのだと思います。しかし、今回の「事件」の背景に、アフガン国内の混乱と治安の悪化があり、その根本に、アメリカを中心とする「多国籍軍」による報復戦争があることは明らかです。。
 伊藤さんが拉致される4日前には、アフガン西部のヘラート州で米軍主導の多国籍軍による空爆がおこなわれ、60人の子どもを含む、少なくとも90人の何の罪もないアフガンの人たちの命が奪われました。
 この2ヶ月間だけで、165人をこえる人たちが空爆で亡くなりました。

 そして、この戦争を日本は「支援」しています。
 福田首相は、9月からはじまる臨時国会の重要課題の一つに、アフガン空爆を支援する「新テロ特措法」の延長をあげています。

 こんなことで、アフガンの混乱が解決すると思っている大ばか者はいったい誰なのか!
 ひたすら混乱と紛争を拡大し、憎悪と悲しみを増幅させ、そして、中村さんたちの崇高な意思を踏みにじる以外の何ものでもありません。


 民主党の前原副代表のコメントが「朝日」に載っていました。

 「国際協力をより強化しなければいけない。(停戦合意を前提とした)わが党の考え方も当然変えなければならない」とのべ、想定される自衛隊の活動として航空輸送と民生支援の警護を挙げた。「民生支援を丸腰で出すことは、政治の決断としてやるべきではない」とも指摘した。

 なんと、トンチンカンなことか!

 ことここに至って、まだ自衛隊の派兵をいうのか!
 ペシャワール会の活動に自衛隊の警護をつけるというのか!
 それで、アフガンの人々の納得と理解が得られるとでも思っているのか!
 何と浅はかな!
 自分たちをいつ空爆するかもしれない米軍の手下である自衛隊に守られた「民生支援」など、これまで現地で築いてきたペシャワール会の信頼を根本から突き崩し、憎しみの対象とするだけでしかありません。

 それから、昨晩の「報道ステーション」の加藤千尋さんのコメントには呆れてものが言えませんでした。
 私の聞き間違いでなければ、加藤さんは、「アフガンのためにがんばっている日本人がいることを現地の人はあまり知らない。インド洋での給油活動も含めてもっと知らせていく必要がある」という趣旨のコメントをされたと思います。
 話は、まるで逆です。

 日本政府にできること。それは、ただちに自衛隊をインド洋から撤退させるとともに、世界に向かって多国籍軍がもたらした厄災を糾弾し、軍隊の引き上げを強く要求することです。
 それが、中村さんやペシャワール会の活動を助け、伊藤さんの遺志に報いる唯一の道、政治の責任だと確信します。


 伊藤さんの拉致という事態に直面し、1000人をこえる人々が捜索に加わり、彼の死に涙したという事実は重いものがあります。
 アフガンの「復興支援」「民主化」をすすめると唱えるブッシュ大統領や福田首相が亡くなった時、ただの一人のアフガン人も一顧だにしないであろうことが十分に想定できるということを、彼らはもっと真剣に考えるべきなのではないでしょうか。

 最後に、あらためて、伊藤さんのご冥福をお祈りします。





 

|

« 国民の姿が見えない「景気対策」論議 | トップページ | 自民党という政党の終焉への道程がはじまった »

コメント

こんばんは。
TBありがとうございます!
本当に本当に悔しいです!!
9.11の時のような重い絶望感に沈みそうです・・・
別室に転載させていただきましたがTB通りませんね。
政府がおかしな方向でこの事件を利用しないように監視しなければと思っています。

投稿: abi.abi | 2008年8月28日 (木) 21時19分

abi.abiさん
コメントならびに転載ありがとうございました。

 本当にはらわたが煮えくり返るような気持ちです。伊藤さんの「死」そのものへの怒りは、当然、彼の命を奪ったものに対して向けられるべきものです。
 しかし、シラ~ッとした顔をして、福田首相が「ご冥福を祈ります」なんて言って、その舌の根も乾かないうちに「新テロ特措法延長」などと言うのを聞くと頭の血管がブチ切れそうになります。

投稿: pochi | 2008年8月29日 (金) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わらぬ大義――それは「弱いものを助け、命を尊重する」こと:

» 仁侠ドクター中村哲 [BLOG BLUES]
義を見て為ざるは勇無きなり。これこそが天晴れ大和魂、 武士道の誉れである。しっかし、この市井の偉人には、そんな裃着せた世界は 似合わない。断然「仁侠」の二文字である。僕は、ありったけの尊敬を込めて、 中村哲その人に、仁侠ドクターの称号をお贈りします。 そりゃあ、名前は聞き及んでいましたよ。でも、情報として知ってただけで。 それが、放送は見逃しましたが、「NHK知るを楽しむ〜この人この世界」 のテキストを読んだんです。いまは、読ませていただいたという心持ちです。 ご本人自らが... [続きを読む]

受信: 2008年8月28日 (木) 21時32分

» 最悪の結果。 [クリームな日々]
ペシャワール会の人がこんな目にあうはずは無いと思っていた。必ず生きて救出されるとどこかで楽観していた。現地の住民が大勢で捜索に駆けつけたという情報も有った。それなのに、最悪の結果になってしまった。何故?と思う。本当に口惜しい・・・ニュースで10年...... [続きを読む]

受信: 2008年8月28日 (木) 23時32分

» NHKニュースの「持論公論」でのペシャワール会伊藤さん殺害事件解説 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
NHKニュースの「持論公論」でペシャワール会の伊藤さん殺害事件の紹介をしていました。 ご冥福をお祈りします、そう言うにはあまりに若すぎ、あまりに多くの偉業に満ちている方です。 このことを午後に携帯で知って、その後もネットで見ている間は、ただただ悲しく(この事態... [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 09時02分

» NO.576 伊藤さんの死を無駄にせず 、「テロ特措法」延長に反対を! [大脇道場]
 なんとも嫌なニュースが続く。 アフガニスタン東部で非政府組織(NGO)「ペシャワール会」のボランティアワーカー伊藤和也さん(31)... [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 09時08分

» 給油継続は「バカの骨頂」 [散歩道]
新テロ対策特別措置法(給油新法)の「延長法案」の成立を許すな!防衛相、来月上旬訪米へ 給油継続めぐり意見交換林芳正防衛相は28日、9月上旬に米国を訪問し、ゲーツ国防長官らと会談する方向で最終調整に入った。日程は9月8日を検討している。政府関係者が明らかにし..... [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 23時27分

» 転載です。 [あしたはどっちだ!]
pochさまの転載です。はじめ。 [続きを読む]

受信: 2008年8月30日 (土) 00時04分

» 転載です。 [クリームな日々]
じゅんさんの転載です。この記事だけでなく、できれば前後も読んでください。はじめ。「2008年08月31日一兵卒たりと、出さない。[カテゴリ未分類]天皇の名代が伊藤さんの家に来たそうや。若干31歳の若者のところにな。大胆なことしたな。よ...... [続きを読む]

受信: 2008年8月31日 (日) 15時49分

» 荒野をめざした青年の魂に捧ぐ [BLOG BLUES]
もとより、一緒に汗を流したわけじゃない。 共に喜びを分ち合った仲じゃない。だからこその 感想ですと予めおことわりした上で。 僕は、そんなに悲しくはないのです。精一杯生きた人生だと思うから。 彼の笑顔は、報道写真で見ただけですが、とてもチャーミングだ。 お世辞にもイケメンとは言えないが、屈託がなく、愛と生気に満ちている。 そう、ペシャワール会の故伊藤和也君のことだ。 何を隠そう、実は僕も、ペシャワール会の一員なのだ。尤も、冒頭申し上げた通り、 NHKの「知るを楽しむ」で中村哲氏... [続きを読む]

受信: 2008年9月 3日 (水) 16時40分

« 国民の姿が見えない「景気対策」論議 | トップページ | 自民党という政党の終焉への道程がはじまった »