« 国民が死に絶えても自分の過ちに気づかない人たち | トップページ | 国民の姿が見えない「景気対策」論議 »

2008年8月15日 (金)

63回目の8月15日――SHOGO's Words No.26「RISING SUN(風の勲章)」

 ポチです。
 昨日は、湧き水を汲むために、大きなポリタンクを3つ積んで秋芳町に行きました。このあたりでは一番の水だと評判です。口コミで広がったのか、国道から車の離合もできない山道をかなり入ったところにある水汲み場なのですが、いつも3~4人の方がおられます。県外から来られる方もおられるようです。
 宇部市は灼熱の真夏だったのに、秋芳町内に入るとみるみる空は真っ暗に。そして、土砂降りの雨。前も見えないほどです。スピード狂の私も思わずアクセルを緩めてしまうほどです。
 秋芳町の北の端に近い水汲み場のあたりでは小降りになっていましたが、水を汲んで帰り出すとまた土砂降り。そして、秋芳町から宇部市に入る頃には、路面はまったく濡れておらず、また灼熱地獄に。
 ああ、これが最近各地でおこっている「局地的豪雨」ってヤツかと、そのすさまじさに驚いてしまいました。


 さて、今日は63回目の終戦記念日です。
 天皇制政府と軍部がすすめた領土拡張と他国支配のための侵略戦争は、2000万人ものアジアの人々の命を奪い、300万人をこえる日本国民の犠牲者を生みました。
 中学生だった私の叔父は、1945年8月6日、学徒動員で作業をしていた広島市で原爆の被害者となりました。
 日本軍国主義の侵略戦争と植民地支配によるすべての犠牲者の方々に心からのご冥福をお祈りします。

 去年の終戦記念日は、郷土の汚点である安倍晋三が首相でした。
 彼は、「戦後レジームからの脱却」と叫びました。彼の言う「戦後レジーム」とは、憲法で明記された国の基本――主権在民、恒久平和主義、基本的人権――に他なりません。それからの「脱却」とは、「二度と戦争をくりかえさない」という日本が世界に向けた公約を破棄するという宣言でした。
 事実、彼は、侵略戦争を「アジア解放の正義の戦争だった」と言い募り、海外派兵を「ためらわない」と豪語しました。
 その安倍首相も、昨年の参院選で国民から「ノー」の審判を突きつけられ、惨めな辞任劇を演ずる他ありませんでした。
 しかし、日本を、アメリカ言いなりに、海外で戦争をする国にしようとするたくらみが、それで終わったわけではありません。

 今日、8月15日が、日本国民が、日本がおこなった侵略戦争の実態を直視し、「二度と過ちは繰り返さない」という誓いの気持ちを新たにする日になることを心から希望します。


 浜田省吾の歌をどうぞ。
 1988年にリリースされた14枚目のアルバム「FATHER'S SON」に収められた曲です。

 浜田省吾、「RISING SUN(風の勲章)」です。


RISING SUN(風の勲章) 浜田省吾 歌詞情報 - goo 音楽

Rising_sun_3  


 今日は、早朝から、自分自身はやったこともないゴルフの受付業務に狩り出されることになっています。まもなく迎えがやってきます。
 夜は、同窓会による飲み会。

 それでは、また。
 ポチでした。

|

« 国民が死に絶えても自分の過ちに気づかない人たち | トップページ | 国民の姿が見えない「景気対策」論議 »

コメント

ポチさん。こんばんは。

この歌は恥ずかしながら知りませんでした。
でも、心の奥底まで響いてきて、しみじみと聴けて
本当に説得力のある一曲ですね。

14枚目のアルバムとありますが・・・
シングルでしか出ていないのでしょうか?
今度、探してみます。

綺麗な湧き水を汲みに行かれたご様子。少しお元気に
なられた様で良かったです。

いつまでも美味しい水が飲める世の中であって
欲しいですね。


投稿: マミー♪ | 2008年8月19日 (火) 22時44分

マミー♪さん
コメントありがとうございます。また、体調のこと、いつも気遣ってもらってすみません。なんとか元気です。

焼け跡の灰の中から
強く高く飛び立った

それこそ、日本国民の平和への願いだと思うし、日本国憲法なんだと思います。
すごくいい歌だと思っています。

シングルでは出ていないと思います。「FATHER'S SON」は、浜田さんがブルース・スプリングスティーンの真似をして、ギターを縦にかかえ、すましているジャケット写真のアルバムです。この2曲目に収められていますよ。

投稿: pochi | 2008年8月21日 (木) 10時09分

戦争=悪
こんな単純な図式からはなにも学べない

自国を守るために戦うのは当然
当時はそれが当たり前だった
今の物差しで当時を測ろうとする愚かな行為

お人好し日本人の自虐的歴史観とバカ政治家の土下座外交のせいで
どれだけの国益を失ってきたか

きれい事では何も守れない

投稿: | 2009年12月19日 (土) 19時12分

侵略は悪いことですか

当時はいいことでした
特に白人は有色人種などムシケラ以下の扱いでしたから

そんな白人連中に目に物見せた日本軍

アッパレです

大体侵略が悪いことなら今すぐその土地から出て行かなきゃならない人がどれだけいると思ってるんですか
もっといえば日本の歴史は侵略の歴史
人事みたいに言ってるあなたも侵略した土地にのうのうと住んでる可能性だってあるんですよ

しかしだからといって私も侵略を全肯定してるわけじゃない
悪かったことは悪かったと謝るのも必要でしょう

だがその日本人の誠実さにつけこんで不当な要求ばかり繰り返す例の国々に
いいように操られてるという事実も考えなければならない

時には毅然とした態度で臨むことも重要

あなたもこう言われてるんですよ
「あいつら日本人はバカでお人よしだから こっちが被害者面で
大嘘ついてでも泣き叫べばコロッと鵜呑みにして何でも言うこときくぜ
せいぜい利用してやれ」

「バカだなホント 
戦争で人が死ぬの当然なんだから謝る必要なんてねえのに
いいように騙されて加害者意識丸出しで金だしまくるんだから
日本人ってホントバカww」

あなたが言われるのはご自由ですが私はお断りです

投稿: | 2009年12月19日 (土) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/22961521

この記事へのトラックバック一覧です: 63回目の8月15日――SHOGO's Words No.26「RISING SUN(風の勲章)」:

» 再開74回目 ホロコーストは無かった [ネトウヨの呟き 〜気ままにつれづれ〜]
 毎日新聞もたまにはマトモな事を書くな、と思ったり。  ナチスドイツのホロコーストは無かった、という記事を毎日新聞が掲載していたようだが、ようやく日本でもこれが掲載されたのか、という思い。  とはいえ、俺もつい最近まではナチスの虐殺はあった、と思ってたのだから大きな事は言えない。  で、考え方をあらためるきっかけになったのは次のサイト↓ 逆転ニュルンベルグ裁判! http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensa... [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 16時58分

» 教訓 [散歩道]
福岡市は昼頃から雷を伴った大雨。 その為、数十日ぶりに気温が下がり過ごし易い・・・生き返った! 雨で命拾いしても、こんな「赤紙」一枚で「お国の為」などと騙され、戦場に借り出されないようにしないと・・・ お国から「お前みたいな役立たずの年寄りは要らん」って言わ..... [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 19時07分

» 国家としての「敗戦責任」を問うはある。しかし勝手に始めて勝手に負けやがって庶民にとっちゃ終わってホッとだから「終戦記念日」でもいいじゃん。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 逆に言うと、その時の国民全員が「敗戦」と思っていて、一人も「戦争が終わってホッとした」って言う人がいなかったら、全員洗脳カルト状態ってことでそれはそれで気持ち悪いよなぁ、。国民にとっては終わってホッとで「終戦記念日」でも良いんじゃないの。  なんでこんなことを書いたかと言うと、反戦な家づくりさんが「貴い犠牲なんて無い」で今日は、敗戦を終戦と言い換えたペテン記念日だ。って書いている。反戦な家づくりさん以外でも今まで何回か読んだことのある言葉と、論法である。 しかし勝った米国、8月14日のニューヨーク... [続きを読む]

受信: 2008年8月18日 (月) 07時25分

« 国民が死に絶えても自分の過ちに気づかない人たち | トップページ | 国民の姿が見えない「景気対策」論議 »