« 傷つけられる若者――SHOGO's Words No.24「独立記念日」 | トップページ | 国民が死に絶えても自分の過ちに気づかない人たち »

2008年8月 9日 (土)

結婚記念日にカミさんに捧げる歌――SHOGO's Words No.25「星の指輪」

 ポチです。
 うだるような暑い日が続いています。
 みなさん、お元気でしょうか?
 私は絶不調です。
 月曜日に親知らずを抜きました。抜いたあとが数日間うずき、左の頬の腫れはいまだにおさまっていません。で、痛み止めと化膿止めの薬を飲むのですが、これが強力な薬で、痛いので多めに飲むと、頭がボ~ッとして、まったく仕事になりません。そして、薬が切れるとシクシクうずいて、これまた仕事になりません。やるべき仕事は遅れに遅れて、痛みが薄れたあとはたまっていた仕事の山に追われ続けています。
 ということで、大変な1週間でした。
 当然、ブログに向かう気力はまったくありませんでした。
 6日には、広島の原爆忌なので、また「八月のうた」でも取り上げようかと思っていたのですが、それもならず、予想通りZUNDEREさんにやられてしまいました。あ~、マミー♪さんにもやられていました。
 また、いただいたコメントへのお返事やTBのお返しもできていません。申し訳ありませんでした。


 さて、今日は8月9日です。
 「今日は何の日でしょう?」と聞くまでもなく、長崎に原爆が落とされた日です。
2008080900000028jijpsociview000

 6日の追悼集会での広島市長の平和宣言も、今日の長崎市長の平和宣言も非常に感動的なものでした。それに比べて福田首相のあいさつは、何ともつまらないものでした。

 でも、私にとっては、今日はもう一つ意味のある日で、私とカミさんの結婚記念日です。

 カミさんは、2歳年上です。私が学生時代のサークル活動の中で知り合った大病院の看護婦さんでした。私が大学を卒業して1年後に結婚しました。

 実は、カミさんは、5年前に乳がんを患いました。手術後、順調に過ごしていたのですが、2年前に再発。骨に転移し、現在も治療を続けています。今は、放射治療が中心ですが、けっしていい方向に向かっているとは言いがたい状況です。
 骨の癌はたいへん痛いものだと聞きますので、本当は辛いのではないかと思うのですが、本人が非常に強い人なので、日ごろは彼女が病人であることをつい忘れてしまうほどです。また、看護婦だから「人の死」をけっこう見慣れているからなのでしょうか、「おばあちゃん(私の母)より私の方が早く死ぬだろうから」などと平気で言うので、こっちとしては何と答えていいものやらドギマギしてしまいます。

 2年前の浜田さんのツアー「ON THE ROAD 2006」の山口県周南市のコンサートには彼女といっしょに参加しました。コンサートの直前に放射線治療が始まり、彼女が行けるのかどうか不安でしたが、副作用もどこ吹く風で元気に参加してくれました。

 そのコンサートでも歌ってくれたこの歌を、カミさんに捧げます。
 1993年にリリースされた18枚目のアルバム「その永遠の一秒に~The moment of the moment~」に収録された曲です。


 それではどうぞ。浜田省吾、「星の指輪」です。



星の指輪 ~STAR RING~ 浜田省吾 歌詞情報 - goo 音楽

Photo_3







|

« 傷つけられる若者――SHOGO's Words No.24「独立記念日」 | トップページ | 国民が死に絶えても自分の過ちに気づかない人たち »

コメント

「結婚記念日」おめでとうございます!

結婚記念日に奥さんに「星の指輪」を捧げるなんってpochiさん格好イイよ!

奥さん、乳ガンですか・・・実は、拙ブログの7月28日の記事に書いた彼女(同級生)も3年前に乳ガンで手術、今年の4月には、胃ガンで胃を全部切除する大手術をした事を旅(2ヶ月ほど前)の途中で知った。何も知らなかった私のショックは大きく、言葉が出ず、とっさにコレを聴いて頑張ってと、車に積んであった「浜省」のCDとDVDを全部あげたて来ました。
その彼女から、毎日の様に「浜省の曲を聴くと元気が出る」とメールが送信されて来ます。彼女、痛み・精神的にも相当辛い思いをしているに違いないのですが・・・私に本当にガン?と思わせるくらい弱音の一つも吐かず、驚くほど元気な声で電話も掛けて来ます。

pochiさんの奥さんも彼女と同じ様に強い人なんですね。
奥さんの辛さを考えれば、歯の痛みは堪えられますよね?
でも「歯」の痛みは尋常じゃないからねぇ・・・。
「八月の歌」スイマセンm(__)m
お大事に。でわ。

投稿: zundere | 2008年8月 9日 (土) 22時10分

pochiさん
どうしよう・・・私、こういうのに弱くて・・・
私の気持ちを知ってか、うまく歌が聴けません。
私のPCのせいかもしれませんが、とぎれちゃうんです。
でも、なんだかpochiさんの気持ちも表してるみたいです。
奥様も素敵な方です。
その奥様と結婚なさったPochiさんも素敵です。
時が止まればいいのに。

投稿: jun | 2008年8月10日 (日) 11時13分

今度はちゃんと聴けました。
いい歌です。
ありがとうございました。

投稿: jun | 2008年8月10日 (日) 11時22分

昨日は、ご結婚記念日だったのですね。

 おめでとうございますshine

この一週間pochiさん大変な思いをされていると
思って本当に心配していました。「八月の歌」
今年こそっ!と思い・・・載せました♪

奥さんに「星の指輪」を捧げるなんて・・・
pochiさん、すごく素敵です!
個人的な話ですが・・・この「星の指輪」を
聴く度に涙が出ちゃうんですよ。女性にとって
こんな風に言われたら最高の幸せですもの。

私も日々「死」と隣り合わせに生きているので
奥さんの毅然とした強さって何だか分かるような
気がしてしまいます。

一日、一秒たりとて無駄にしたくない!という思いで
生きてしまうのです。夫には「そんな体でよく前向きに
いられるねー」と半分呆れられていますが・・・
そうとしか行き様がないっていうのが本音なんです。

奥様もpochiさんもどうかどうか
お大事にされて下さいね。(祈)

投稿: マミー♪ | 2008年8月10日 (日) 14時04分

はじめまして。

結婚記念日おめでとうございました。

心中お察しします。

ガンで亡くなる方のほとんどは手術・放射線・抗ガン剤の副作用で
,再発を繰り返し、体力激減、免疫力低下です。

東京の国立ガンセンターでは、これらを実施、
ガン患者1000人中5人しか、生存していません。

「ガンは熱に、きわめて弱い!」
下記、私の体験を参考にして下さい。

10数年前、父が脳腫瘍になり、病院で手術・放射線治療後、髪の毛が抜け体力激減。抗ガン剤大量投与・点滴ミスの医療ミスで急死。
薬という名の毒素を体内に入れて、さらに低体温にし、免疫力・自然治癒力をさらに低下させる現代西洋医学・病院の治療方法に疑問を感じました。
その後、調査・研究して、ガンの治し方をみつけました。

全身遠赤外線温浴法です。
(ガンは熱に、きわめて弱い!)

父の無念の死を皆様に生かすため、
「冷えは万病のもと!」、
「体の冷え取り・体内毒素排泄(農薬・食品添加物等の有害化学物質、水銀・鉛等の有害重金属)
全身遠赤外線温浴法を10数年、日本全国に普及中です。

全身遠赤外線温浴法は、安全で簡単。
妊婦さん・赤ちゃんに優しく、
産婦人科・助産院で大好評です。

家庭で、職場で、車の運転中に、寝たままでも、何かしながらできます。

体の芯(骨)まで温め、
体内温度上昇で、
朝、目が覚めた時、36,5度以上に!
(免疫力100%)
(35,5度は、免疫力 60%)
約60兆個の全細胞・酵素の働きを活性化!
全身の血液循環、気の流れ、水の流れ、リンパ液の流れを促進!、コラーゲンの産生促進!
体内毒素排泄促進!
(大便・小便・おなら・目やに・鼻汁等)
血液がきれいに浄化!
免疫力・自然治癒力を回復して、
ガン細胞消滅体験多数報告があります。

「新・遠赤外線と医療革命」
      医学博士 東 善彦著(冬青社)

関心があれば、メールで詳しく説明します。
 k.planing@do8.enjoy.ne.jp

投稿: 太陽 | 2008年8月10日 (日) 20時49分

zundereさん
コメントありがとうございます。

 そうですか、あの記事の女性もがんを・・・。
うちでは、カミさんの強さのおかげで、暗くならずにすんでいます。
 がんにかかる前は、婦長をしていたのですが、いったん退職。その後は、パートで復職し、今も午前中だけ仕事をしています。
 先日の検査では、腰の骨がかなりやられていて、「よく骨折せずにすんでますね」と検査の人に言われたそうです。そんな話もあっけらかんと話してくれます。こっちは、ゾォ~ッとするのですが・・・。

>「八月の歌」

 いいえ、いいえ。私が歯の痛さ程度で6日の更新をサボったのが問題なのですから。

投稿: pochi | 2008年8月12日 (火) 21時59分

junさん
コメントありがとうございます。

この歌もいい歌でしょ?
マミー♪さんも書いてましてけど、とくに女性に人気の歌です。
とても、こんなこと本人には言えないので、浜田さんの歌に託して。・・・って言っても、カミさんはこのブログのこと知らないから、見ることもないんですけどね。
少なくとも、自分の気持ちの記録として残しておこうということです。

投稿: pochi | 2008年8月12日 (火) 22時05分

マミー♪さん
コメントありがとうございます。

>私も日々「死」と隣り合わせに生きているので

・・・そうなんですか。
お体がお悪いとは書かれていたのですが、でも、ブログを読んでいると、そんな深刻な状態だとは思っていませんでした。

>一日、一秒たりとて無駄にしたくない!という思いで生きてしまうのです

マミー♪さんも前向きなのですね。
浜田さんの音楽に元気をもらって、これからも前向きに。でも、浜田さんの音楽に癒されて、たまには肩の力を抜いてみるのもいいかもしれませんよ。

投稿: pochi | 2008年8月12日 (火) 22時17分

太陽様
コメントありがとうございます。

お父様、大変でしたね。お察ししたします。
申し訳ないのですが、カミさんは看護師です。基本的に近代医学に信頼を置く立場の人間です。
また、今の主治医に対しては、私もカミさんも信頼をしています。なかなか、いい方向に向かわない現状に苛立ちがないとは言えませんが、でも、一生懸命治療に当たっていただけていると思っています。当面は、いまの治療を受けていくつもりです。

投稿: pochi | 2008年8月12日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/22882328

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚記念日にカミさんに捧げる歌――SHOGO's Words No.25「星の指輪」:

» 健康、美容、ダイエット、アウトレット、音楽、映画、教育他 [生きるのに為になるブログ]
売れる、儲かる、稼げる商材がザクザクあります。 ブランド品、健康、美容、フィットネス、音楽、映画、アウトレット、教育等 [続きを読む]

受信: 2008年8月10日 (日) 17時20分

« 傷つけられる若者――SHOGO's Words No.24「独立記念日」 | トップページ | 国民が死に絶えても自分の過ちに気づかない人たち »