« そこにあるものが「見えない」人たちの発想 | トップページ | 結婚記念日にカミさんに捧げる歌――SHOGO's Words No.25「星の指輪」 »

2008年7月28日 (月)

傷つけられる若者――SHOGO's Words No.24「独立記念日」

 ポチです。
 すみません。しばらくブログの世界から遠ざかっていました。
 先日の連休も含めて、仕事・仕事のオンパレード。しかも、暑くて夜は眠れず、とてもブログに近づく気にはなりませんでした。
 そのうえ、しばらくおさまっていた頭痛がぶり返してきて、どうにも我慢できずに病院に行ったら、血圧をはかられ、「下が120で上が170」と言われて少々ショックを受けています。医者からは「可能な限り早く精密検査に来るように」ときついお達しがありました。
 もらった薬を飲んでいると頭痛は治まってきたのですが、それだけでは終わりませんでした。続いて、今度は歯が痛くなったのです。これもどうにも我慢ができず、歯医者さんに行くと、奥の「親知らず」がいたずらをしていて、化膿しているそうです。これももらった薬を飲むと楽になるのですが、切れ掛かると激痛が襲ってきます。しかも、薬が効いている間は眠いの何の。とても仕事にはなりません。

 ということで、とてもブログに近寄ることはできませんでした。コメントをいただいた方、TBをいただいた方、ご返事が遅れてたいへん申し訳ありませんでした。取り急ぎ、ご返事いたします。


 さて、上記の理由でブログに近づけなかった間に、いろんなことが起こっています。いま、山口県は県知事選挙の最中なので、それも含めて、アレも書きたいコレも書きたいと、その時は思うのですが、思うだけで時は過ぎてしまいました。

 すでに「旧聞」になってしまいましたが、その中の一つに、最近、私の住む宇部市の名前が突如として新聞やTVに取り上げられた事件がありました。
 宇部市の中学2年生が愛知県でバスジャックをおこなったという例のあの事件です。
 この中学校は、私の住む中学校区の隣であり、私の実家は、この中学校と直線距離にして50メートルくらい。実家の母の話では、あちこちでご近所の人が集まっては話題になっていたそうです。
 それにしても、怪我人などがでなかったことは、事件の関係者にとっても、何より当の中学生にとっても、本当に幸いだったと思います。

 そして、その事件があっという間に過去のものになるかのように、次々と新たな事件がおこっています。
 女子中学生が父親を・・・。そして、33歳の男が22歳の女子学生を・・・。
 どうして、こんなことになるのでしょうか。
 秋葉原の事件も含めて、本当に異様な感じがします。社会全体が歪んでしまっているような、そんな感じです。

 もちろん、同じ境遇にあっても、事件を起こす若者とそうでない若者がいるわけで、問題をすべて社会の歪みに求めることはできないと思います。
 しかし、これらの事件を考える時、やはり今、多くの若者が置かれている状況と無関係とはとても思えません。

 私が高校生だった時代も、いろんなことにイラツキ、親をはじめ大人たちの理不尽な振る舞いにウツウツとした気分を持て余していました。しかし、私たちの時代は、そうした気分を発散させる仲間がいました。私が育ってきた環境とはまったく異なる環境の仲間からは多くのことを学びました。多くの仲間たちが自分よりずっと大きな存在に思えました。
 そして、私たちには未来がありました。たんに頭の中で描いた荒唐無稽の「夢」にしか過ぎませんでしたが、それでも「未来はきっと明るい」と思うことができました。

 しかし、今の若者たちはどうでしょうか?
 非正規雇用の蔓延で、モノのように使われ、いらなくなったら使い捨て。アパートを借りるほどの収入も得られず、ネットカフェ暮らし。5年後、10年後はおろか、明日の身すら不確実な暮らし。「あたたかい家庭を築きたい」どころか、結婚する展望すらみつけることはできません。
 学校でも、競争に追われ、卒業した先に展望は見えてきません。

 そして、そうした「先の見えない状態に置かれていること」そのものよりもっと深刻なのは、そうした状態に置かれていることについて、「それはお前が努力していないからだろう?」「お前の能力がないのだからしょうがないじゃないか!」という攻撃が若者を傷つけていることです。
 「そうか、こんなネットカフェ難民の暮らしをしなければならないのも、自分の努力が足りないからか」。そんな風に思い込まされれば、もう「先の見えない状態」から脱出する術はありません。あるのは自己嫌悪と自己否定だけです。
 そして、そして、多くの若者たちは孤独です。

 こんな今の若者に比べたら、きっと私の青年時代なんて牧歌的だったのかなあ、などと思ってしまいます。


 今、若者たちが置かれている状況は、けっして彼らの「自己責任」ではありません。
 彼らを傷つけている人たちはハッキリと存在します。
 一つは、人間としての尊厳を無視した働かせ方を強いている「金儲けのためなら何でもする」という大企業の論理。そして、もう一つは、それを許している政治悪でしょう。
 この政治を早く終わらせないと、この国は滅びてしまうのではないでしょうか。

 ということで、この歌を紹介します。
 1981年10月にリリースされた7枚目のアルバム「愛の世代の前に」に収録された曲です。
 この曲は、さっき言ったようなまだ牧歌的だった時代の若者の姿を描いたものなのかもしれないけれど、それでもこの世代の「イラツキ」をみごとに描いた曲だと思います。何にでも楯突いていた私自身の高校時代を思い起こし、心の底から共感できた曲の一つです。
 そして、最後のフレーズ

 サーチライトに照らし出され
 震えている俺が見えるかい?
 鈍く光るナイフ手にした

 浜田さんも当時、現在ほど、若者が社会から痛めつけられるようになるとは想像していなかったとは思うんだけど、それでも、この部分は何か象徴的だと思うのです。

 この曲について浜田さんが雑誌のインタビューに答えて、言っていることを紹介しておきます。

 「僕の行った高校というのは、丘の上にあるんですよね。そして、校舎が古くて暗い。で、窓の外がすごく明るかったっていう印象があるんです。向こうの方に山があって、青空がずっと続いていて。まだ高校生だから、街から出たことがないんですね。暗い教室に閉じ込められている感じ。それで、山の向こう空の彼方に行きたい、と。それがひとつと、もうひとつ、僕らが中学の頃からずっと問題になっていた、教科書の検定、改正の問題。たぶん歌詞で最初に出来たのは、『教科書から削る文字は 他にもあるぜ』っていうところだったと思う」
             (「Complete Shogo Hamada」より)

 さしづめ、今の若者たちは、「暗い教室に閉じ込められて」いて、しかも窓の外も真っ暗で、居場所もなければ行き場所もない、そんな感じなのでしょうか。

 それではどうぞ。
 浜田省吾、「独立記念日」です。

Shogo1

独立記念日 浜田省吾 歌詞情報 - goo 音楽

Photo_2

 















































 



 そろそろ、薬が切れて、シクシク痛くなってきました。
 飯食って薬を飲むことにします。
 それでは、また。
 ポチでした。




|

« そこにあるものが「見えない」人たちの発想 | トップページ | 結婚記念日にカミさんに捧げる歌――SHOGO's Words No.25「星の指輪」 »

コメント

pochiさん、こんにちは。
わざわざ拙ブログまでお越し頂いてのコメント恐縮です。

pochiさんの言われる通り、大人の不条理が子供達の心を歪めているんですよ。こんな社会を許していると「日本」が滅びるのも時間の問題だと思います。

歯はその内治るでしょうが、血圧=上の170はまだしも下120は高すぎますね。仕事も大事でしょうが・・・体を悪くすると取返しが付きませんから、早めに検査をして下さい。

私も夏バテでブログ更新「夏休み」状態です。今年の夏も本当に暑い!
お互い健康には気を付けましょう。

相変わらず「浜省」の曲紹介が上手いですね。
「独立記念日」この記事にピッタリ!

 サーチライトに照らし出され
 震えている俺が見えるかい?
 鈍く光るナイフ手にした

このフレーズを使うところにpochiさんの感性を感じました。
お大事に・・・でわ。

投稿: zundere | 2008年7月28日 (月) 17時43分

zundereさん
コメントありがとうございます。

今日、検査の予約に行ったのですが、担当のドクターが不在で予約できませんでした。歯科にも行ってきて、治療を受けて、来週の月曜日に親知らずを抜くことになりました。

>「独立記念日」この記事にピッタリ!

ありがとうございます。以前に「独立記念日」については書いたことがあるので、「反抗期」にしようか「パーキング・メーターに気をつけろ!」にしようか悩んだんですが、「やっぱ『独立記念日』だよな~」と思って書きました。

この国が滅びるのか早いか、政治が変わるのが早いか?「明日はドッチだ!」ですね。

投稿: pochi | 2008年7月28日 (月) 19時35分

こんばんは。
pochiさん。大変な思いをされていたのですね。
私も4本の親知らずを抜いた経験があるので・・・sweat01
どんなに辛いかが分かります。
検査の方も早く予約がとれる事を祈っていますね。

独立記念日。私もpochiさんと同じく当時も今も共感して聞き続けています。

中学生時代、ニュースと言えばベトナム戦争の話題
ばかりで確かに映像の・・・
「ライフルを肩に砂漠を汗まみれ歩いてく少年兵」が
映っていたのを鮮明に覚えてて、自分はこんな
たらたらしていていいのだろうか?と不安になったものでした。

当時はもちろん携帯電話もPCもなく・・・間もなく
インベーダーゲームなるものが現れ・・・
「家に帰れない子供」&「家に帰りたくない子供」とが
真っ二つに分かれて、そんな時代を生きたんだなぁ?
と今、ふと思い出しました。

現代の子供は何でもアリの時代を象徴している様に
思えてなりません。

>この国が滅びるのか早いか、政治が変わるのが早いか?「明日はドッチだ!」ですね。

↑pochiさんの仰る通りだと思います!!

お大事に・・・

投稿: マミー♪ | 2008年7月28日 (月) 20時46分

マミー♪さん
コメントありがとうございます。

親知らず4本ですか?ヒエ~!それはたいへんだ。私は、20代の頃、1本抜きました。その時は、私の性根に似たのか、親知らずの根っ子の方がトグロを巻くようにねじれていて、なかなか抜けずにえらく痛い思いをしました。今回の親知らずも、レントゲン写真をみると、一番奥の歯を下から突き上げるように生えていて、医者からは「抜いてもしばらくは痛いよ~♪」などと言われています。

浜田さんの曲には、「どうして、そんなに俺の気持ちがわかるんだ?」って歌詞が多くて、それが浜田さんにのめりこむ大きな要因なんだけれど、この曲もその一つですね。

>現代の子供は何でもアリの時代を象徴している様に思えてなりません

そうですね。
でも、「何にもナイ時代」とも言えるかもしれませんよ。

投稿: pochi | 2008年7月29日 (火) 05時52分

深夜にお邪魔いたします。
その後、お具合は如何ですか?

私もpochiさんと同じくやはり浜省の歌詞に
心惹かれています♪
私の場合は何で女性の気持ち&人の心がこんなにも良く
分かるのだろうか?と。若い時からのめり込んでいました!

>でも、「何にもナイ時代」とも言えるかもしれませんよ。

うーん。さすが!!確かにそうかも知れません。
pochiさんの年令は存じませんが・・・私達(スミマセン。
勝手にそう呼ばせていただきます)の若い頃はイロイロ
な人の助けがあったり・・・仲間が大勢いたりして
今思い返すとあたたかな時代だったのかも知れませんね。

余談ですが・・・右のリンク先見て何だか嬉しかったです。
私のブログでは「おともだち」と称して
リンクさせて戴いているんですが、
良かったらpochiさんのブログを
リンクさせて戴いても良いですか?

投稿: マミー♪ | 2008年7月30日 (水) 01時45分

マミー♪さん
コメントありがとうございます。

「もうそろそろ薬は飲まなくていいかな」と思って昨日の昼食後の薬を飲まなかったら、テキメン!午後から歯がうずいて、あわてて薬を飲みました。
検査の方は、この金曜日にうけることになりました。

>女性の気持ち&人の心がこんなにも良く分かるのだろうか?

そうですね。男の私が言うのもなんですが、「ロマンスブルー」とか「片思い」とか「傷心」とか・・・あげるとキリがないのでこれ以上はやめますが、女性の気持ちを歌った歌もしみいりますよね。

どうぞどうぞ、リンクしていただければ嬉しいです。
そうか、「おともだち」と称すれば、勝手にリンクすれば、相手から「勝手にお友達扱いするな」なんてことになるから、相手の承諾がいるんですね。私の場合、「pochiがよくお邪魔するblog」と称しているので、勝手にリンクしています。コメントもTBも一度も送ったことにないブログもなかにはありますよ。

投稿: pochi | 2008年7月30日 (水) 06時33分

こんばんは

私には「若者」よりも浜田省吾よりも
pochiさんの健康が気にかかります。
ホントに気を付けてくださいね。

投稿: jun | 2008年7月30日 (水) 22時30分

junさん
コメント&お見舞いありがとうございます。

実は、同い年の同僚が先日倒れて、検査入院しました。血圧が上が230あり、高血圧性脳症だそうです。「何かおかしい」と仕事を放り出して病院に行ったら、即入院となったそうです。いや~、他人事ではないなあと実感しているところです。気をつけます!

投稿: pochi | 2008年7月31日 (木) 07時15分

こんばんは。

明日はいよいよ検査ということですね。

検査結果はいつ頃分かるのでしょうか?
安心出来る結果がでることをお祈りしています☆

投稿: マミー♪ | 2008年7月31日 (木) 22時56分

マミー♪さん
コメントありがとうございます。

今日、検査に行ってきました。
血液検査と頚のエコーと心電図と、何という検査が知りませんが、両手両足首に血圧計るときみたいなベルトを巻いてやる検査でした。頚のエコーは、頚の血管の動脈硬化などを調べるんだそうです。両手両足のヤツは、その部分の動脈硬化や血管の硬さとかを調べるんだそうです。
で、次は来週の火曜日で、今度はおなかのエコーと胃カメラだそうです。頭が痛いのと胃カメラとなんか関係あるのかなあ?ついでに検査して金儲けようという算段かしら。ま、いいか、ついでに検査してもらうのも。
で、この時に今日の結果もわかるんでしょうね。
ワクワク!楽しみです。

投稿: pochi | 2008年8月 1日 (金) 15時55分

お早うございます。

いよいよ親知らずを抜く日がきたのですね。
明日はまた検査で・・・暑い中、大変だと思いますが
心の中で浜田省吾さんの歌を歌って・・・
強気で臨んで下さいね。

遠くから応援しています。

投稿: マミー♪ | 2008年8月 4日 (月) 07時03分

マミー♪さん
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。最新の記事に書いたとおり、悲惨な1週間でした。

検査の結果は、手足の動脈が硬くなっているのと胃の中がかなりただれている以外はとくに問題ないようです。血圧を下げる薬をもらって、歯の鎮痛剤といっしょにセッセと飲んでいる毎日です。

投稿: pochi | 2008年8月 9日 (土) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/22588672

この記事へのトラックバック一覧です: 傷つけられる若者――SHOGO's Words No.24「独立記念日」:

» ★ベトナム MBBANK 定期預金金利 経済★ [★ベトナム株式・金利・経済★最前線情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)MBBANKの定期預金金利を報告します。USDで定期預金した場合一ヶ月:6.5%六ヶ月:6.65%一年:7.10%VND(ベトナムドン)で定期預金した場合一ヶ月:17.5%六ヶ月:17.75%一年:18.00%以前として金利は高いです。また、VIETCOMBANKより金利を高く設定し、銀行としての知名度が低く、安全リスクが低いことを補うため、魅力的な商品としてあります。金利だけ見ると預金者にとって楽しく�... [続きを読む]

受信: 2008年7月28日 (月) 10時35分

» 中島らもの祥月命日に [BLOG BLUES]
明日7月26日は、中島らもの祥月命日である。 訃報に接したときのことは、有々と覚えている。 どこか身体の一部が消えてしまったような喪失感に襲われ、 狼狽えたものだ。僕は随分な人間で、肉親の死を迎えたときも 悲しみが湧かず、なんて薄情なんだろうと自嘲したものだが。 「おなじこのよにうまれりゃきょうだい えにしはおやよりふかいのだ」。 今ふっと、思い浮かんだのだが。大麻忌ってのは、どうだろう。 太宰の桜桃忌に対して、らもの大麻忌。 読みは、「たいまき」或いは「まりふぁなき」。 ... [続きを読む]

受信: 2008年7月28日 (月) 18時51分

» 最後にはブッシュ・ホリエモン・加藤だけしか居なくなる [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 私がいつも腰痛治療で通っている鍼灸医Aさんとの雑談の中で、「給料は全然上がらないのに、ガソリンや食料品の値段ばかり上がって」という話から、スタグフレーションの話題に及んだ時です。「××さん(私の本名)、スタグフレーションって言葉の意味を説明できます?」とAさんが聞くので、「賃金は上がらないのに物価だけが上昇する現象でしょう」と私が答え、Aさんが「その通りですね」と言いながら出してきたのが、やたら分厚い中学校社会科の参考書でした。 ※追記:今考えると、何故そんなものが鍼灸医の診察室にあったのか?と... [続きを読む]

受信: 2008年7月29日 (火) 18時33分

» 損得より善悪を重んじる社会に「CHANGE!」 [散歩道]
連日の様に「少年・少女の絡んだ事件」が、TVから放出される・・・ その度に何の資格を得ているのか知らないが、コメンティーターとやらが「ホラ教育が悪い、ホラ親の仕付けが悪い、今の子供は甘えてる」など勝手な発言を繰り返す。 そして最後には、必ず何かを規制するだの..... [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 00時51分

» 仕組まれた自由に気づきし者どもの「できちゃった革命」 [BLOG BLUES]
♪〜仕組まれた自由に 誰も気づかずに    あがいた日々も終わる この支配からの卒業〜 尾崎豊青春の叫びを、胸の奥で共鳴りさせた若者たちが、ぞくぞくと 仕組まれた自由社会の支配から卒業して行き、その勢力は今やはっきりと、 体制に影響をもたらし始めたのである。「できちゃった革命」進行中。 当ブログで、以前紹介した不逞の輩、トーゼン最大級の賛辞、二神能基の 革命宣言が、全国紙の紙面を飾った。快挙なり。7月27日付毎日新聞朝刊。 旧左翼の自滅、新左翼の自爆によって消えた革命の... [続きを読む]

受信: 2008年8月 1日 (金) 16時12分

» 米原潜放射能漏れ「何時か大事故が」 [散歩道]
幾ら「夏バテ夏休み中」でも、このニュースを目にした以上これは書き残さねば。 米原潜放射能漏れ 佐世保寄港時から 今年3月以降 米海軍「ごく微量」米CNNテレビは1日、米海軍当局者の話として、ロサンゼルス級攻撃型原子力潜水艦ヒューストンから、ここ5カ月余りにわ..... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 23時57分

» 非核三原則を「順守せよ!」 [散歩道]
昨日アップしたかったのだが、PCの調子が悪く今日にズレ込む。 「非核三原則は国是として順守する」とか国会決議してたよね。あれって何だったの・・・ただの詭弁? そう言えば、 非核三原則を評価され、「ノーベル平和賞」を受けた元首相がいたが・・・「ノーベル平和賞」受..... [続きを読む]

受信: 2008年8月 4日 (月) 16時25分

» 63回目の「原爆の日」 [散歩道]
8月6日、広島は原爆(Little Boy)が、多くの命を奪って63回目の『原爆の日を迎えた』この1年間で、亡くなった方や新たに死亡が確認された方は5,302人だそうだ・・・。 広島市は毎年8月6日に、原爆死没者への追悼とともに核兵器廃絶と世界恒久平和の実現を願って..... [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 10時02分

» 座視(追記・署名のお願い有り) [そいつは帽子だ!]
「守る会」が座り込み/泡瀬埋め立て【沖縄タイムス:2008年8月4日(月)夕刊】 http://www.okinawatimes.co.jp/day/200808041700_07.html 同会(泡瀬干潟を守る連絡会)は 「環境への影響がさらに大きくなる」 として座り込みを行った。 同事務局(沖縄総合..... [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 21時13分

» ノーリスクで稼ぎたい人 [ノーリスクネットビジネスのノウハウを無料で教えます]
無料で出来るネットビジネスのノウハウを無料で公開します! [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 08時45分

« そこにあるものが「見えない」人たちの発想 | トップページ | 結婚記念日にカミさんに捧げる歌――SHOGO's Words No.25「星の指輪」 »