« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年3月

2008年3月20日 (木)

イラク戦争開始から5年目の日に

 ポチです。
 今日、「シッコ」を観てきました。
 出掛けに「『シッコ』に行ってくる」と言うと、カミさんが「トイレに行くのにいちいち断らないで」とまじめに返されて、言葉もありませんでした。

Photo

 本当に考えさせられる映画でした。
 医療をめぐるアメリカの悲惨さを実感させられる一方で、今、日本がアメリカ的な方向に大きくすすみつつあることに恐怖を感じました。
 映画「シッコ」については、後日、また書きたいと思います。





 さて、5年前の今日、イラクへの米軍による爆撃が開始されました。
 あの時の、声高に「自由と民主主義」を叫ぶブッシュ大統領狂気に満ちた目と、まったくの思考停止状態であるかのように「日米同盟」を掲げてそれに付き従う小泉首相の嬉々とした顔が今でも思い浮かびます。
 マスコミは、まるでテレビゲームの画面を映すように、爆撃の様子を報道しました。
 そして、8万人とも15万人とも言われる多くのイラクの市民の命が奪われました。

 爆撃開始の根拠であった「大量破壊兵器」はありませんでした。そのことは、イラク戦争を主導したアメリカ政府もイギリス政府も認めました。いま、世界の流れは、当然のこととして、「イラク戦争は誤りであった」という評価だと思います。

 しかし、・・・。

米大統領、イラク戦争の正当性をあらためて強調開戦5年で演説
                  
「北海道新聞」3月20日 07:55)
 【ワシントン19日三浦辰治】ブッシュ米大統領は十九日、イラク戦争開戦五年に際して、ワシントンの米国防総省で演説し、「われわれがイラクで成功を収めることは、疑問の余地がない」と強調、開戦に踏み切った決断の正当性をあらためて訴えた。
 大統領は、膨大な戦費と約四千人に上る米兵の戦死者をもたらした五年間を振り返り、「
人命や財政の負担が大きかったのは確かだ。しかし、必要な代償だった」と主張。昨年一月に決定したイラクへの米軍増派が「イラク情勢を変えたばかりでなく、より広範な対テロ戦争で、重要な戦略的勝利への扉を開いた」と総括した。
 大統領はその上で「イラクから米軍の撤退を急ぎすぎると、テロリストや過激派がその空白を埋め、混乱や虐殺が増大する」と述べ、大統領選の民主党候補指名争いを演じているオバマ、ヒラリー・クリントン両上院議員らが主張する早期撤退論を強くけん制。今後に向けては「今までの成果を着実なものにして、テロ組織の敗北を決定的にすることだ」と述べた。



 人の命を、そんなに簡単に「代償だ」と言い切れるものなのでしょうか。ブッシュさんの頭の中はいったいどうなっているか、はっきり言ってよくわかりません。
 「代償」とは何でしょうか?
 辞書には次のようにありました。

 
目的を達するために、犠牲にしたり失ったりするもの。「命を―として勝利を手にする」

 百歩譲って、局面によっては、命を犠牲にしてまで達しなくてはならない「目的」もあるかもしれません。
 しかし、それでは、イラク戦争の「目的」とは一体なんだったでしょうか?
 イラクの「大量破壊兵器保持」説は、アル中のイラク人の作り話でした。アルカイダの9・11テロをフセインが支援したという話も何の根拠もありませんでした。
 目的そのものがまったく空虚です。
 文字通り「必要のない戦争」であり、「なくす必要のない命」でした。それをなぜ「必要な代償」と言えるのでしょうか。


 3月15日付「東亜日報」の「『中東に民主主義の定着を』スローガン崩壊、忘れられる『イラク戦争』」という記事に次のような一説がありました。

 アマンダ・ジョードンさん(39)の夫は、海兵隊員としてイラク戦に参戦し、3日後に命を失った。ジョードンさんは、「人々が『必要のない戦争』と言う度に、私の夫が、私の子どもの父親が、何の理由もなく死んだと言われているように聞こえる」と嘆いた。戦争そのものが少しずつ忘れ去られている現実が、彼女にはもっとつらい。

 そして、何よりも、犠牲になったのは何の罪もない多数のイラクの市民です。
 ブッシュさんは、この人たちのことまで「必要な代償」というのでしょうか。
 たしかに、9・11は、悲惨な事件でした。こんなことが許されるはずもありません。
 しかし、この事件に「軍事力至上主義者」が本能の血をたぎらせたのどうかは知りませんが、アル中の作り話を真に受けて、薄っぺらなたわ言を根拠に、戦争をおこし、そして市民の命が奪われたのです。
 その罪の深さは、この人には永久にわからないのだろうな、と思ってしまいました。


 一方、日本政府。
 小泉さんはもちろん、安倍さん、そして福田さんも「イラク戦争支持は誤りではなかった」と強弁し続け、「日米同盟」至上主義で、世界の世論に背を向け続けています。
 「日米同盟」という言葉の前にはすべてがひれ伏さねばならないと考えている人たちによって日本の政治が担われていることが日本国民の悲劇があるのかもしれません。




 それでは、また。
 ポチでした。



| | コメント (5) | トラックバック (6)

2008年3月16日 (日)

1ヶ月間ご無沙汰でした--再開のごあいさつ

 ポチです。
 ずいぶんとご無沙汰していました。
 前回更新してから1ヶ月以上たちます。
 もちろん、年度末の仕事に追いまくられていることもあるのですが、岩国市長選挙の結果が残念だったので、ちょっとだけ気持ちを整理して、気分を一新しようと、ブログの世界から遠ざかっていました。

 まったく更新していないにもかかわらず、多くの方に訪問していただいていて、本当に感謝しています。

 そろそろ、復活しなければ、と重い筆をとりあげてみました。
 しばらくは時間が取れそうもないので、ボチボチの更新になると思いますが、再びよろしくお願いいたします。



 さて、お休みしていた1ヶ月の間、いろんなことがおこっています。

 イージス艦による事故の問題
 道路特定財源をめぐる一連の問題
 日銀総裁人事の参院での否決
 新銀行東京への都の追加出資の問題
 そして、岩国市への再編補助金の交付問題

 どれも頭に来る問題ばかりなのですが、仕事に追われてどの問題も深く考えられていません。
 少しずつ、頭を整理しながら書いていこうと思います。


 とりあえず、今日のところは「再開のごあいさつ」というところでご勘弁を・・・。

 ではまた。
 ポチでした。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年5月 »