« たたかいはこれからだ! | トップページ | 1ヶ月間ご無沙汰でした--再開のごあいさつ »

2008年2月14日 (木)

「やむを得ない」の正体は?--「岩国市民の別のひとり」さんのコメントに答えて

 ポチです。
 昨日は朝起きたら、外は真っ白でした。この冬初めて積もった雪でした。昼ごろには消えてしまったけれど・・・。
 みなさんのことろはどうですか?
 雪に慣れていない地域は車の事故とか、渋滞とかで大変になるんですよね。


 体調不良で更新ができなくてすみません。
 実は、昨日・今日と頭が割れるように痛くて仕事を休んでいます。今日は、昨日より少し頭の機嫌もいいようなので更新に挑戦してみます。

 最初に、なぜ頭が痛くなったのかの説明をしておきます。
 前の記事を読んでいる方はご存知だと思うんですが、実は私は頚椎に持病があって、一昨日、3回目のブロック注射をうけました。


 首の後ろを消毒して、

 Dr(女医さんです)「それでは、いきますよ~」

 ここまでは、いつもと同じだったのですが、その後がいつもとヘン。

 Dr「あ!」

 とか言って、どたばたして、えらく時間がかかるのです。首の後ろの方に注射を打つので、どうなっているのか私にわかりません。
 そして、少し薬を入れるたびに、

 Dr「ポチさん、足首は動きますか?」「手にしびれは?」

 などと、これまでは聞かれたことのないことを聞いてくるのです。
 そして、注射が終わった後・・・・

 Dr「ええとですね。針をさしたときに髄液があがってきたんです」

 それって、脊髄に針を刺したってこと?

 Dr「その後、針を刺しかえて、正確なところに薬は入ってるんですが、小さな穴が開いていると思うので、髄液が流れ出すんで、頭痛が4日から1週間くらい続きます。その場合は、鎮痛剤を飲んで安静にしておいてくださいね。命の別状はありませんよ~」

 ゲッ! 命に別状があったら大変だよ。
 注射の後はとくに何でもなく、その日は一日仕事をしたのですが、昨日の朝になって、起きてみると、やはり激しい頭痛でした。
 ということで、昨日、今日と休んでるというわけです。


 実は、もっと面白いことが病院であったので、ぜひとも報告しておきたいのですが、長くなりますので、この次に書きますね。





 さて、今日のテーマは、一つ前の記事「たたかいはこれからだ」に寄せていただいた「岩国市民の別のひとり」さんからコメントに答える形で、岩国市長選挙の結果について考えてみたいと思います。


 最初に、「岩国市民の別のひとり」さんからのコメントを再掲しておきます。

福田さんに投票した一人として発言します。
私は脅されて投票していません。
利権とも何の関係もありません。
ただ、前市長のこれまでの旧郡部政策のひどさから、
福田さんに頼るしかなかったのです。

それを「だまされた」と捉える人も多いでしょう。
しかし、「財政再建」の名の下に、
旧郡部各地で地域の行事が縮小され、
あるいは中止されてきたことから考えても、
その「財政再建」の犠牲となってきた地域に住む者として、
前市長に「どうぞ続けてください」とは言えませんでした。
なぜなら前市長は、合併時の約束を守らず、
旧郡部を「だまして」きたからです。

市庁舎建設費用に関しての道理は前市長にあります。
国の行ってきたことは滅茶苦茶です。
それらの「不正義」に、自民党国会議員として、
福田さんが関わってきたことも知っています。

米軍基地なんていりません。
米軍住宅もいりません。
しかし、住んでいる地域が衰退していくのを見て、
「理念」だけではやっていけない私のような人がいることを、
福田さんへの投票者を「脅された」「だまされた」「利権に汚れた」人間だと批判する人に知ってほしくて、
このような書き込みをしました。

もう一つついでに、
福田さんへの投票を依頼していた人のほとんどは、
前市長への投票を依頼していた人のほとんどと同じく、
岩国の未来を真剣に心配しているのだということも
分かってほしいと思います。
中には高圧的な人もいたかもしれません。
会社の上司からの圧力があった人もいるかもしれません。
しかし多くの人は、迷いながらも福田さんを選んだのです。
それは、今回の選挙で福田さんに投票した人の6割が、
前回の選挙で前市長に投票したということからも
(出口調査の何かに書いてありました)
分かると思います。

私は福田さんを完全に信用してはいません。
ですから、これからの行動を、
やむにやまれず投票した一人として、
しっかり見ていこうと思います。

投稿 岩国市民の別のひとり | 2008年2月12日 (火) 23時36分



 岩国市民の別のひとりさん
 最初に書いた理由により、お返事が遅くなって申し訳ありません。
 前の記事のコメント欄でも書きましたが、まず最初に、あなたのような苦渋の選択をされた方がたくさんいらっしゃることは存じています。福田さんに投票した方みなさんが「利権あさり」のために投票したというふうには考えていません。それで、「たたかいはこれからだ」の記事の中でも、

>市財政を心配し、善意で福田さんに投票した人を含め、これからの岩国市、山口県を考えていかねばなりません

と書きました。
 でも、私の言葉足らずで、そのようにお読みになったのなら、申し訳ないと思っています。これからの岩国市を考えていく上で、あなたのような方のお力がどうしても必要だと思います。


 その上で、あなたのコメントに関していくつか意見を述べさせていただきます。

 まず、最初にお断りしておかなければならないことがあります。
 あなたは、井原さんを押した人たち(当然、この中に私も含みます)が、福田さんに投票した人たちに貼ったレッテルについて、「脅された」「騙された」「利権をあさった」という3つのフレーズをあげていらっしゃいます。
 しかし、この3つは、どうしても同列では論じられないものです。なぜなら、「利権をあさる」人たちによって(だけではないんですが、話がややこしくなるのでここではそういうことにしておきます)、市民は「脅され」「騙され」たからです。ですから、「利権をあさる」特殊な立場の人と「脅され」「騙された」普通の有権者は、まったく別次元で扱われなければなりません。
 そして、あなたの論旨は、普通の有権者の立場に立ったものだと思いますので、この記事では、「脅され」「騙され」という点を中心に書きます。「利権をあさった」問題を捨象して書いている部分があるのは、そういうことだと理解してください。

 もう一つ、お断りしておきたいのは、「脅された」という言葉についてです。
 あなたがどういうイメージを持ってこの言葉を使われたかはよくわかりませんが、私がここで使う場合、「脅され」というのは、「面と向かって恫喝されて」ということだけではもちろんありません。「福田さんが市長にならないと第二の夕張になって、市財政が破たする」あるいは「市民税もあがって生活が大変になる」などというのも立派な「脅し」です。そういうものとして使っていますので、ご理解ください。


 さて、やっと本題です。

 あなたは、福田さんに投票された方のほとんどが、岩国の未来を真剣に考えた結果だと書かれました。「ほとんど」かどうかはともかく、そうした方が数多くおられたのであろうことを否定するつもりはまったくありません。
 しかし、そのことは、あなたが言うように、福田さんに投票された方々が脅されたのでも、騙されたのでもないという論証には決してなりません。「脅され」た結果、「騙された」内容で「岩国の未来を真剣に考えて」福田さんに投票する可能性もあるからです。というより、多くの福田さんに投票された方はそうだったのではないかと思っています。
 それは、あなた自身が、

>それを「だまされた」と捉える人も多いでしょう

と書いているとおりです。
 

 このことを考える上で大切だと思うのは、今回の市長選挙の争点はなんだったのかという点です。
 やはり、唯一、そして絶対的な争点は、艦載機移転を容認するのか、拒否するのか、ということだったと思います。それは、市長選に至る経過からも明らかです。暮らしや福祉や子育てや他のどの問題が議論されたわけでもなく、「艦載機移転容認」を迫る勢力から、その一点で担がれた候補者が福田さんでした。

 しかし、あなたも言われているように、かならずしも有権者はそのことを判断基準にはしませんでした。なぜでしょうか?

 共同通信が10日におこなった出口調査では、
 艦載機移転反対 41.0%
        容認 17.2%
 やむを得ない   36.8%

という結果でした。容認の方は反対の方の半分足らずにすぎませんでした。しかし、僅差とはいえ、福田さんが勝利しました。
 問題は、この「やむを得ない」という方々です。「やむを得ない」という方が艦載機移転に消極的ながら反対の立場であることは明らかです。そして、福田さんに投票した方の7割以上は、この「やむを得ない」層だったそうです。たぶん、あなたも、ここに入るのではないでしょうか。

 唯一、絶対であったはずの争点が見事にずらされている姿がここにあります。

 では、何が「やむを得なかった」のでしょうか?
 暮らしでしょうか、福祉でしょうか、仕事でしょうか?
 井原さんの主張と福田さんの主張のどこに「やむを得ない」とするほどの違いがあったでしょうか。
 正直に言って、ほとんどの違いはありませんでした。
 福田さん陣営が一生懸命主張し続けていた「市財政の深刻さ」だって、福田さんが市長になったら、市の財政が突如として改善するなどということはありえません。同じ額の借金を背負った財政運営をおこなわなければならないのです。

 もし、違うところがあったとすれば、それは10年間で134億円とも言われている「再編交付金」の存在です。もし、井原さんが当選し、艦載機移転を拒否し続ければ再編交付金はなかったかもしれません。そして、福田さんが市長になれば確実にこのお金は交付されるでしょう。
 しかし、これとて、年平均にして13億円、年間450億円の一般会計予算をもつ岩国市にとってみれば、けっして大きいとは言えない額(少ないとは言いませんが)にすぎません。福田さんが掲げた公約を考えれば、余りに少ない額だという言い方もできます。選挙中、福田さんが「5千億、1兆円の補助金を国から引き出す」と言ったといううわさを聞きましたが、そこまでいかなくても、福田さんの公約をすべて実現するには、少なくとも数百億円から1千億円程度の資金が新たに必要になるでしょう。そして、そんなことは荒唐無稽な話です。
 逆に、10年か経過し、補助金がなくなったとき、岩国市は塗炭の苦しみを味わうことになります。こんな交付金は、麻薬のようなもので、切れたときに大きな困難がやってきます。そして、交付金の魅惑にとりつかれて、交付金欲しさに際限がなくなってしまうのです。つまり、次の「基地強化策」を積極的に推し進めようとし始めることにもなりかねません。
 このことは、原子力発電所を立地した自治体で立証済みです。原発立地自治体には電源三法交付金(という名前だったと思うのですが、不正確だったらすみません)が支給されます。その交付期限が切れそうになるたびに、「どうか2号炉、3号炉の建設を」との要望が起き、そして、次々に増設されていっています。
 一度膨らんでしまった予算規模を縮小するには、さまざまな施策を打ち切らねばなりません。それには、莫大な労力と苦しみ、痛みをともないます。そんなことをするより、さらなる補助金を得られるほうがよいというわけです。

 そして、その13億円も、福田さんにむらがる利権集団によって、あっという間に食い尽くされていくでしょう。市の職員の中からも、「市役所の中を利権屋が大手を振って歩き出すのが不安だ」という声があがっているそうです。


 あなたの言う旧郡部に対する施策についてはどうでしょうか?
 これも同じことが言えます。
 あなたは、井原さんが合併の約束を破って、「財政再建」の名のもとに旧郡部の施策を縮小してきたと主張します。
 あなたが井原さんに怒りを覚えるのは当然のことです。
 しかし、それは、井原さんが市長だったからそうなったというものではなく、誰が市長であってもそうなったでしょう。
 そして、福田さんが市長になっても同じことです。
 なぜなら、地方行革の推進、それが唯一の市町村合併の目的だからです。宇部市に合併された旧楠町の友人、小野田市に合併され山陽小野田市となった旧山陽町の知人、そして、萩市に合併された旧須佐町の友人、誰もがあなたと同じ思いをもっていました。合併すれば、必然的にそうなるのです。
 ですから、私は、市町村合併には絶対に反対です。



 以上のことから言えるのは、艦載機移転問題以外に井原さんと福田さんに大きな違いはない、少なくとも「やむを得ない」という気持ちを抱くほどの違いはないということではないでしょうか。
 にもかかわらず、「やむを得ない」となったのは、この最大の争点であった「艦載機移転問題」を争点からそらし、この問題を後景に追いやろうとする明確な意図を持った福田さんとその陣営が振りまいた事実に基づかない情報です。
 福田さんが市長になれば、暮らしがよくなる、福祉もよくなる、旧郡部への施策も改善される、そして、市財政も建て直せるという事実誤認です。
 福田さんが振りまいたのは、まったくの幻想でした。その幻想が生み出した「やむを得ず」の選択だったのではないでしょうか。
 私たちは、そうした幻想を生み出す手法について、「脅し」「騙し」と表現したのです。



 私は、艦載機移転反対の一点で、井原さんを応援しました(たいしたことはできていませんが)。この一点でいう限り、井原さんの信念はすさまじいものがありました。それは、私の想像を超えるものでした。心からたいしたものだと思いました。
 しかし、誤解を恐れずに言えば、井原さんも福田さんも基本的には、自民党の流れをくむ保守的な政治家です。能力のあるなし、金にきれいか汚いかなどの違いがあるのかもしれませんが、それらの違いも、保守的政治家という大きな枠組みの中では、根本的な違いではありません。ですから、過去の井原市政のなかには住民にとってひどい施策もあったと思います。合併もその一つです。
 繰り返しになりますが、だからこそ、市長選挙の唯一、絶対の争点は「艦載機移転問題」だったのです。
 前々回の記事「岩国の三日間」にも、井原陣営のビラを引用して、

 厚木は50年苦しんできました。これからの50年が問われる選択です

と書きました。そうです。
 今度の市長選挙は、厚木の苦しんだ50年を岩国が味わうのかどうか、それこそが問われていたのです。
 雑音に惑わされず、この一点で選択されていれば・・・と心から思っています。






 文章が下手で、自分の言いたいことを十分に言いあらわしたとはなかなか思えません。もっとわかりやすい言い方があったのではないかと今も思っていますが、長くなりましたので、これで終わります。
 最初にも言いましたように、これからの岩国市にとって、あなたのような存在がとても大事だと思います。

>これからの(福田さんの)行動を、やむにやまれず投票した一人として、しっかり見ていこうと思います

という思いを大切にして、市政をみていってください。よろしくお願いします。



 頭痛がひどくなってきました。
 それでは、また。






 

|

« たたかいはこれからだ! | トップページ | 1ヶ月間ご無沙汰でした--再開のごあいさつ »

コメント

pochiさん、丁寧なエントリーをじっくり読ませていただきました。ありがとうございました。
市長選と仕事の追い込みが重なっているところに、終わったらすぐ「事件」が追い討ちをかけ、落ち着いて思考することができませんでしたが、岩国について書かなければと思っている気がかりがあるので、エントリーをアップしたらトラックバックさせていただきます。

投稿: nagonagu | 2008年2月15日 (金) 13時03分

pochiさん、トラックバックを送りました。
ぜひお目通しを。

投稿: nagonagu | 2008年2月15日 (金) 17時03分

>「財政再建」の名の下に、
旧郡部各地で地域の行事が縮小され、
あるいは中止されてきた

具体的に何の行事なのか分かりませんが、10年前位までイベント企画会社に勤めていた人間としてコメントさせて下さい。
由宇のゆうゆうフェスタ、玖珂の鞍掛城まつり、周東の食肉フェアなど、以前は「電源地域産業育成支援補助事業」という補助金が出ていました。その補助金が出るからということで「地域おこし」のイベントをその補助金を使ってやろうという発想で、どこのまちも私が勤めていたようなイベント会社にのせられて?派手なイベントを行っていました。しかし、その補助金がきれてきたのです。おそらく、それ以降はどの自治体も借金をしながら、縮小しながらもその行事を続けてきたのではないかと思います。(私はその頃に会社を辞めているのでどういう風になっていったかは知りません。)

地域おこしイベントと言いながら、補助金がきれてみると、残ったのは借金だけ、肝心のイベントも続けられない、そんなことが起きたと思います。
私の勤めていた会社は、今は事務所を上関に近い場所に移したようです。上関には原発の話があるからだと思います。補助金のある時は一見、まちが活気あるように見えるかもしれませんが、補助金がきれたらあっという間にそのお金や華やかさを求めてやってきていた人間はどこかに消えてしまい、借金を背負わされた住民だけが残されたという状況だと思います。

投稿: Hitoming♪ | 2008年2月16日 (土) 11時27分

体調のすぐれない中、丁寧なエントリー読ませていただきました。いつもながらのpochiさんの暖かい視点に感動しました。
私たちは敵対する立場にはなくて、分断されることなく手を携えていかねばならない同じ思いの仲間なんだということを忘れてはいけないと思いました。
そのことをpochiさんから改めれ教えられたと思います。

お体の方が心配です。それにしても注射も怖いですね。無理をしないでくださいね、健康が元手ですから。

投稿: jun | 2008年2月17日 (日) 13時34分

北海道新聞のコラムです。

2月13日

海がある限り、波は幾度でも打ち寄せる。
沖縄の白い砂は私達を和ませる。
基地がある限り、事件は何度も繰り返すのか。
米海兵隊員による女子中学生暴行で、
沖縄は再び憤りに包まれた。
まだ14歳である。

1995年の暴行事件では、
12歳の小学生が被害を受けた。
当時も再発防止を約束した。
その後も、女性暴行やひき逃げ、放火など、
米軍関係者の犯罪はやまなかった。
空約束だ。

200年の沖縄サミット前にも
中学生が狙われた。
サミットの際にクリントン大統領が謝罪し、
綱紀粛正を訴えた。だが効果なしだ。
県内の刑法犯摘発者は、昨年だけで46人になる。

日本政府はどちらを向いているのか。
事件の日、岩国市長選があり、
米軍機移転を容認する新人が勝った。
移転に反対する市政への補助金を止めて兵糧攻めにし、
市長交代を余儀なくさせたのが政府だ。

米艦寄港を認めない小樽市が受けた圧力も同じだろう。
米艦は小樽、石狩湾新港に続き、
近く久しぶりに釧路に入港する。
釧路空港には昨年、緊急性がないのに米軍機が降りた。
米軍は北海道に何をみているのか。
千歳基地には、米軍戦闘機の訓練が移ってくる。

米軍は自らの世界戦略に沿って動く。
政府は応援を買って出る。
住民の不安は後回しでる。
沖縄の事件も、道内の動きも、この点で根は繋がっている。
海がある限り、波はやまない。


投稿: 浜省つながり | 2008年2月18日 (月) 13時46分

Hitoming♪さん
コメントありがとうございます。

ヘエ~、10年前までイベント企画会社に。そうなんですか。
その会社が上関に?なんか商魂たくましいって感じですが、その会社も生き残りに必死なんでしょうね。
上関には、何度か行きましたが、山の中に突然立派な老人ホームができていたり、道路だけものすごい立派だったり、その一方で、住民も無残に分断されていたり、あちこちで悲しい現実にぶち当たります。
国のやり方のひどさ、むごさに怒りがこみ上げてきます。

投稿: pochi | 2008年2月18日 (月) 22時17分

junさん
コメントありがとうございます。

>敵対する立場にはなくて、分断されることなく手を携えて

今回の岩国市長選挙の結果は、とくにこの点がわかりやすく出たのではないでしょうか。それというのも、井原さんという人物の存在が大きかったと思います。この人の理不尽な国のやり方に立ち向かうスジを通した頑張りがあったからこそ、福田さんに投票した人のなかにも「艦載機移転はいやだけど」という思いが残りました。
この人がいなかったら、私もすんなり、「手を携えて」とは言えなかったかもしれません。

投稿: pochi | 2008年2月18日 (月) 22時28分

浜省つながりさん
コメントありがとうございます。

すごい本質を突いたコラムですねえ。
紹介していただいてありがとうございます。まだまだ日本のジャーナリズムも捨てたものではないという気にさせてもらえました。

ところで、「浜省つながり」ってHNの由来は? それもぜひ聞きたいです。

投稿: pochi | 2008年2月18日 (月) 22時32分

ポチ様、おはようございます。

僕は北海道に住む40代の者です。
浜田省吾が大好きで、その関連の
ブログ巡りをしているうちに、
ポチさんのブログに辿り着きました。

それ以来いつも拝見させて頂いております。
そんなことで、「浜省つながり」です。

この記事を書いた記者は、
「漢」だと思っています。

これからも楽しみ?にしています。

投稿: 浜省つながり | 2008年2月19日 (火) 08時45分

はじめまして。

岩国市長選挙について、賛成派意見に葛藤しながらも応える事が
できなかった事をpochiさんが丁寧に書いて下さっていて、
とてもうれしかったです。
選挙前や選挙期間中は、まるで反対支持派、賛成支持派に分かれて
激しい論議が連日繰り広げられて、落ち着いて議論したかったのに
意見が違う者はとことん批判する、という展開になって、
ただそれはデマなのだ、と訴えるばかりになってしまいました。
身近な人すら信じられなくなり、悲しい思いになりました。
しかし、pochiさんの書かれた記事を読んで、あれで終わりじゃない。
同じ視点で岩国の未来を考えるのは、これからなのだ、という思いを
強くする事ができました。
どうもありがとうございます。

投稿: otoshi | 2008年2月19日 (火) 22時56分

浜省つながりさん
再度のコメントありがとうございます。

そうですか。浜田さんでここに来られましたか。
浜田さん関連の検索でここに来られる方はたくさんいらっしゃるのですが、なかなかコメントをいただけませんので、たいへん嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: pochi | 2008年2月20日 (水) 21時43分

otoshiさん
コメント&TB、そして貴ブログでの紹介ありがとうございます。

過分なお言葉をいただいて、恐れ入ります。
でも

>あれで終わりじゃない。同じ視点で岩国の未来を考えるのは、これからなのだ

というのは、本当にそうだと思います。
国の挙げての「アメとムチ」、そして「脅し」と「騙し」を駆使してもあの結果だったのです。市民の基地強化への不安は根本のところでは深いものがあると思います。その根本のところで一致していくことが大切なのでしょう。もし、今回の選挙でどちらに投票したのかで住民どうしがいがみ合っていたら、国の思う壺です。
岩国も沖縄も座間も、そして全国で、ますます、基地問題は重要になってくると思います。
これからもよろしくお願いします。

投稿: pochi | 2008年2月20日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/10477926

この記事へのトラックバック一覧です: 「やむを得ない」の正体は?--「岩国市民の別のひとり」さんのコメントに答えて:

» 沖縄の事件にあたっての「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」のブッシュ達への要求書 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
沖縄の「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会 」の方々がブッシュ米大統領らにあてた書簡(要求書)の要旨を引用します。 山陽新聞(共同) 2008年2月12日22時33分 「女たちの会」要求書要旨 基地・軍隊の撤退求める (略: 要求書の紹介記事部分)  基... [続きを読む]

受信: 2008年2月15日 (金) 01時36分

» 米兵強姦事件 揺らぐ治安、募る不安 広島・岩国 [未来を信じ、未来に生きる。]
 米兵強姦事件 揺らぐ治安、募る不安 広島・岩国  米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)の米兵4人が広島市内で19歳の女性を集団で強姦(ごうかん)した事件が明らかになり、広島市や岩国市では不安や怒りの声が上がった。米軍再編に伴う空母艦載機移転が実現されれば、同基地は沖縄・嘉手納基地に匹敵する極東地域最大規模の米軍拠点となる。「騒音」に加えて、「治安」の危惧(きぐ)も広がっている。  米兵4人が女性を無理やり車に乗せたのは、中四国最大の繁華街・広島市の流川周辺。クラブやバーには、毎週末、約50キロ離れ... [続きを読む]

受信: 2008年2月15日 (金) 09時35分

» 岩国滑走路沖合展開は艦載機移駐のためだったのか [なごなぐ雑記]
私事で恐縮だが、仕事の最後の追い込みに悶々としながら、沖縄のことも岩国のことも気 [続きを読む]

受信: 2008年2月15日 (金) 15時58分

» 米軍原子力艦船についての「極秘文書」 [ニッポンを改造するBYかんすけ]
非核三原則「持ち込ませず」は絵空事・・・。TBSニュースより引用。 {{{ 艦船の放射能測定で日米「協定」発覚 米軍の原子力空母や潜水艦は佐世保と横須賀など3つの基地に寄港していますが、こうした原子力艦船の放射能の測定をめぐって、日米の秘密の取り決めがあったことが明らかになりました。 今月11日、長崎・佐世保に寄港した原子力空母「ニミッツ」。その周りに浮かぶのは地元・海上保安部の調査船です。調査船は原子力艦船の入..... [続きを読む]

受信: 2008年2月16日 (土) 10時38分

» 容認賛成派意見の方に贈るメッセージ [日本の基地問題について考える]
基地「賛成」「反対」で分断されてしまった岩国市。 市長選挙の渦中にいた時、思いも寄らない多くの辛辣な書き込みに驚き、とまどいました。 選挙が終わってからも、何か言いたい気持ちはあるのに、言葉が見つからない。 そんな時ブログを探っていたら、pochiさんのA PLACE I..... [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火) 23時19分

» 「お笑い百万票」についての考察 [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
・大阪府知事選:橋下氏当選…閉塞感打破託す お笑い票健在(毎日新聞)  http://mainichi.jp/kansai/osakaprefelection/news/20080128k0000m010111000c.html ・橋下弁護士 百万タレント票が後押し(スポニチ)  http://www.sponichi.co.jp/society/news/2007/12/12/01.html  大阪府知事選関連のエントリーを一旦閉じるに当たって、最後に改めて書いておきます。上記の記事には、如何に... [続きを読む]

受信: 2008年2月22日 (金) 22時34分

» 岩国市・米軍艦隊受入容認・・・先に表明することのどこが「条件闘争」か。 [ニッポンを改造するBYかんすけ]
どの新聞のWEB版を見ても、福田新市長、「事実上容認」との文言が踊っている。 [http://www.asahi.com/politics/update/0226/SEB200802260004.html 新岩国市長、艦載機移転容認の意向【朝日】] [http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008022600702 米艦載機移転、容認姿勢を表明へ=28日の市議会で−福田・岩国市長【時事】..... [続きを読む]

受信: 2008年2月27日 (水) 21時00分

» ロス疑惑再燃を喜んでるのって誰? [Saudadeな日々]
仕事場とベッドを往復するだけの生活をしている間にも、 世の中は激しく動いている。 一週間も更新をサボっていると、実にいろんなことが起こる。 皆様にはTBやコメントを頂きながら、 なかなかお返しできなくて申し訳ありませんm(_ _)m 突然27年ぶりにフッカツした「ロ..... [続きを読む]

受信: 2008年2月28日 (木) 03時36分

« たたかいはこれからだ! | トップページ | 1ヶ月間ご無沙汰でした--再開のごあいさつ »