« 朝から飲んで食って、時々餅つき | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2007年12月31日 (月)

2007年のお別れに--SHOGO's Words No.20「ラストダンス」

 ポチです。
 いよいよ2007年も最後の一日です。
 昨日に引き続いて、今日も寒い一日になっています。北陸のほうは大雪だと伝えられています。ここ宇部市でも、朝、少しだけ雪が降っていました。



 今年は、大激動の年でした。参院選での自民党の大敗北や岩国での艦載機移転を許さない市民のたたかいなどなど・・・・。
 来年は、解散・総選挙があると言われています。そして、そして、2月には岩国市長選挙です。今年以上の大激動の年になるのではないかと予感させます。
 そして、本当に道理も正義もないめちゃくちゃなことがまかり通るような日本が終わりを告げる転機の年になった、あとで振り返って、そう言われるような一年にしたいものだと思います。




 一年の最後をどう締めくくるか悩んだのですが、やはり私らしく、浜田省吾でいきたいと思います。
 浜田さんが、コンサートの最後にうたう歌です。
 「ON THE ROAD 2006-2007」の時は、2度にわたるアンコールの最後がこの歌でした。「ON THE ROAD 2005」はアリーナツアー(1万人から2万人のコンサート)で2会場に行きました。広島グリーンアリーナの最後の曲は「MIDNIGHT BLUE TRAIN」でしたが、大阪城ホールの時はこの曲でした。1万人以上の大合唱でした。

 1977年にリリースされた2枚目のアルバム「LOVE TRAIN」に収録された曲です。そして、06年に出された27枚目のアルバム「The Best of Shogo Hamada vol.2」の最後の曲です。
 「vol.1」も含めて、このベスト盤の他のすべての曲がスタジオ録音であるのに対して、この曲だけがライブ音源です。「ON THE ROAD 2005 My First Love」のツアー最終日、12月11日のさいたまスーパーアリーナでの公演を音源にしています。もちろん、アンコールの最後の曲、つまり、「ON THE ROAD 2005」の最後の曲でした。
 これを聞くと、大阪城ホールで生で聞いた浜田さんの歌声と集まった1万人の歌声が蘇ります。


 それでは、今年最後の「SHOGO's Words」。
 「ラストダンス」です。



        「ラストダンス」

Shogo13_2
キャンドル揺れる 横顔
グラスに落とす 
    かすかな ため息
二人で 靴が すりへる程
歩いた この都会 
      今夜は寂しそう

もう一度 踊っておくれ
          このままで
もう一度 口づけおくれ
          このままで

「もう一度 やり直せたら・・・」
馬鹿だぜ そんな話は
          もう止めよう
僕が 僕である限り
何度 やっても 同じことの繰り返し

もう一度 踊っておくれ このままで
もう一度 口づけおくれ このままで

ライトに浮かぶ ふたつの影
悲しげな眼差し 苦しげな あえぎ声
言葉は もう何も 伝えない
寒い程の 寂しさも むなしさも

もう一度 踊っておくれ このままで
もう一度 口づけおくれ このままで



         



 それでは、みなさん、よいお年をお迎えください。
 そして、来年もよろしくお願いいたします。




 

|

« 朝から飲んで食って、時々餅つき | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/9647377

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年のお別れに--SHOGO's Words No.20「ラストダンス」:

» 今年もありがとうございます! [とくらBlog]
 毎日、ぎりぎりの日が続いて、更新が滞った1年でした。残念ながら・・・。  今、やっと座ることができて、紅白歌合戦をみていたのですが、綾香の歌を聞いていたら、少し涙が出てきました。Peace loving people 。♪罪のない命の消えていく現状  今、私たちに何ができるんだろう? お箸がころがってもおかしい、そんなしあわせ。を世界中のこどもたちへ。  東京にいる子供が北島三郎さんのうしろのコーラスに出るらしいので、テレビをみていますが、大掃除もおせち作りも来年にもちこしです。(恥... [続きを読む]

受信: 2008年1月 1日 (火) 00時28分

» 年頭に、だれもが「テロリスト」として生まれてはいないことを念頭に置こう! [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
年頭の各紙社説を読んで、現代社会を考えるうえで、最も大切なこと、いわゆる「テロリスト」(以下、テロという言葉を使いたくはないが、本稿では使わざるを得ないので、「」に入れて使用する)は、「テロリスト」として生まれたのではない〜Terrorists are not born as terrorists〜という視点が欠如していることが悲しかった。読売、産経は、予想通り、新テロ特措法の成立が日本の責務であるかのような書き方をしている。 読売は、 【新テロ特措法案に限らず、外交上、財政上、あるいは国民生活上... [続きを読む]

受信: 2008年1月 1日 (火) 11時41分

« 朝から飲んで食って、時々餅つき | トップページ | 明けましておめでとうございます »