« あなたには府知事は到底無理ですよ、橋下さん | トップページ | 「住民の安心や安全はどうでもいいから、ワシらに仕事寄こせ!」ってことですかね »

2007年12月13日 (木)

祝!ブログ開設1周年

 ポチです。
 橋下さんのその後、マスゾエさんのトンデモ発言など、ウソみたいなホントの話が巷を騒がしていますが、みなさん、お変わりありませんでしょうか。
 

 という問題は、後日書くことにします。というのも、今日は、このブログを始めてちょうど1年目の記念日なのです。

 「ブログと言うものがあるそうな」と聞いて、なんのことかよくわからずに、「まあ、とにかくやってみるべ」と始めたのが去年の12月13日です。
 最初のうちは、何を書いていいかわからず、無駄に紙面(?)を汚しているだけという感じでした(今もたいして変わらんけど)。
 当時から超有名だったきっこさんのブログを読んで、ああ、こんなふうに書くもんなんだと一人合点したりしていました。


 この1年に、今日のも含めて、120本の記事を書きました。仕事に追われて、ブログにまったく近づけない時期も何度かありましたが、平均するとほぼ3日に1つという割合なので、けっこうがんばったのかな、とも思います。

 自分で書くだけでなく、他の方のブログにも頻繁にお伺いするようになりました。温かい気持ちにさせていただけるブログ、鋭い問題提起をして考えさせていただけるブログ、読んでいて楽しくなるブログ。
 こうした多くの方々との交流もはじまりました。
 私は、自分がブログを開設していることを、友人・知人、家族にも話していません。この1年間に、多くのコメントやトラックバックをいただきましたが、すべて、このブログを通じての新しい友人のみなさんたちです。
 自分で書くこと以上に、こうしたみなさんとの交流がブログの楽しみなのだなあとあらためて実感しています。
 これからもよろしくお願いします。


 さて、なぜ、ブログのタイトルを「A PLACE IN THE SUN」としかたというと、浜田省吾のことを書きたいけど、それだけではなく、自分の考えていることや身の回りにある問題や日本の社会や政治の腹立たしいことについても書きたいから、「浜田省吾」と露骨にわかるタイトルにはしたくなかったのです。
 それで、「浜田省吾好き」の人にはわかるけど、そうではない人には普通の言葉であるようなタイトルにしたいと思いました。
 そして、この「A PLACE IN THE SUN」という曲の歌詞が、私が書こうとしていること、浜田省吾であったり、日常生活のことであったり、そして社会の矛盾であったりがすべて包括されているような気がしたのです。
 さらに、なにより、この曲は、社会の矛盾を乗り越え、一生懸命生きている多くの人への「応援歌」です。そう考えたときに、ブログタイトルを「A PLACE IN THE SUN」に決めました。


 浜田省吾と「A PLACE IN THE SUN」について少し書きます。
 これまでにも書いたことがありますが、浜田省吾の「Hello Rock and Roll City」という曲の歌詞の中に、こういう一節があります。

  「TICKET TO RIDE」、初めて買ったレコード
  「A PLACE IN THE SUN」、初めて歌ったRhythm and Blues


 「TICKET TO RIDE」というのは、もちろん、ビートルズのナンバーです。そして、「A PLACE IN THE SUN」は、スティービー・ワンダーが歌ってヒットした名曲です。
 本当に、浜田が初めて買ったレコードが「TICKET TO RIDE」で、初めて歌ったR&Bが「A PLACE IN THE SUN」だったのかどうかは知りませんが、そう歌うからには、かなりお気に入りの曲で、影響を受けた曲であることだけは確かだと思います。


 そして、浜田は、初めての野外コンサートに「A PLACE IN THE SUN」と名づけます。1983年8月13日、福岡県の海ノ中道海浜公園でそれはおこなわれました。おりしも、台風が接近し、鹿児島県は暴風雨圏内に入っていたそうです。

 その時の、浜田のMCを紹介します。

 ひとつ話を聞いてくれる?この公園っていうのは(昭和)46年までは米軍のキャンプだったんだってね。僕も18の頃米軍のキャンプのそばにすんでいたことがあって・・・・。岩国っていうとこなんだけど。山口の人、今日来てるかな。僕が18の頃というのは、ベトナム戦争がすごく激しい頃で、ちょうどこの季節になると、長崎とか広島の、原爆記念日にデモに行ったりなんかして、おまわりさんにこずかれたりしてたんだけど。たぶんここからもいっぱい軍用機飛んでたんだと思います。僕が言いたいのはつまり、そういうキャンプがこんな素晴らしい公園になるなんて、なんてよかったんだと思うわけです。日本中の、そして世界中の軍事施設がこういうふうに、こんな素晴らしい公園になって、毎年こうやって、野外コンサートがいろんなところで出来たらいいなと思っています。
                      (「Complete Shogo Hamada」より)


Shogo11
「A PLACE IN THE SUN“海ノ中道”」(83年8月)のコンサート風景です

 その後、「A PLACE IN THE SUN」と名づけられたコンサートは、84年4月29日の横浜スタジアム、88年8月20日の渚園(静岡県の浜名湖畔)の2度おこなわれます。
 その後も何度か浜田は野外コンサートをおこないますが、「A PLACE IN THE SUN」というタイトルはつけられていません。

 そして、1996年に出された19枚目のアルバム「ROAD OUT "TRACKS"」の1曲目でこの曲を歌っています。
 また、先日終了したコンサートツアー「ON THE ROAD 2006-2007 My First Love Is Rock'n'Roll」のオープニング曲も「A PLACE IN THE SUN」でした。


 それでは、「A PLACE IN THE SUN」の素晴らしい歌詞をどうぞ。




      A PLACE IN THE SUN

Like a long lonely stream
I keep runnin' towards a dream
Movin' on, movin' on

Like a branch on a tree
I keep reachin' to be free
Movin' on, movin' on

'Cause there's a place in the sun
Where there's hope for ev'ryone
Where my poor restless heart's gotta run

There's a place in the sun
And before my life is done
Got to find me a place in the sun

Like an old dusty road
I get weary from the load
Movin' on, movin' on

Like this tired troubled earth
I've been rollin' since my birth
Movin' on, movin' on

'Cause there's a place in the sun
Where there's hope for ev'ryone
Where my poor restless heart's gotta run
There's a place in the sun
And before my life is done
Got to find me a place in the sun

  太陽のあたる場所

一本の長くて孤独な川のように
僕は夢に向かって走りつづけている
立ち止まらずに 先へと進んでいる

一本の樹の小さな枝のように
僕は自由を求めて手を伸ばし続けている
もっと先へと あきらめないで

古くて埃まみれの道のように
僕は重荷にうんざりしている
でもどんどん行くんだ もっと先まで

くたびれて問題だらけの、この地球のように
生まれてからずっと僕は転がりっぱなしさ
ぐるぐる回れ 止まっちゃいけない

だって太陽のあたる場所はかならずあるから
そいつは誰にでも希望がある場所で
僕の貧しく不安な心も追っ掛けるべき場所なんだ
そうさ、太陽のあたる場所はかならずある
命がつきてしまう前に
太陽のあたる場所を見付けよう


 一周年を記念して、デザインを変えてみました。
 今までの写真は、出来合いのものを利用していたのですが、今回は、自分で撮った写真です。宇部市のお隣の山陽小野田市にある竜王山の山頂で撮りました。

 

|

« あなたには府知事は到底無理ですよ、橋下さん | トップページ | 「住民の安心や安全はどうでもいいから、ワシらに仕事寄こせ!」ってことですかね »

コメント

pochiさん、1周年オメデトウございます♪
私は、8月頃だったので、
わりと似通った長さのブログ同士ですね。

これからも、タメになる記事アップを、
どうぞよろしくお願いします^^

投稿: una | 2007年12月13日 (木) 14時34分

unaさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、ためになる記事なんてとても書けそうにありません。
つまらない内容の多いブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: pochi | 2007年12月13日 (木) 21時18分

あ、デザイン変わった!!と思ったら、
開設一周年おめでとうございます。
いつも励ましてもらって、感謝しています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: jun | 2007年12月13日 (木) 22時14分

junさん
コメントありがとうございます。

励ますだなんてとんでもありません。こちらこそ、いつも温かい気持ちにさせていただいて感謝しています。
junさんは、ブログを通じて知り合った最初のお友だちです。これからもよろしくお願いします。

投稿: pochi | 2007年12月14日 (金) 05時22分

遅まきながら一周年おめでとうございます。

いい歌ですね。その歌の雰囲気がブログの内容にも反映されています。

歌についての内容を含む最近の記事を二つトラックバックさせていただきました。

これからも良い記事を期待しています。

投稿: 村野瀬玲奈 | 2007年12月21日 (金) 23時52分

村野瀬さん
コメントありがとうございます。

へんな記事ばかりのブログですが、これからもよろしくお願いします。

投稿: pochi | 2007年12月23日 (日) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/9380020

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!ブログ開設1周年:

« あなたには府知事は到底無理ですよ、橋下さん | トップページ | 「住民の安心や安全はどうでもいいから、ワシらに仕事寄こせ!」ってことですかね »