« 祝!ブログ開設1周年 | トップページ | 機械で脂を注入し赤身がトロにヘンシ~ン »

2007年12月14日 (金)

「住民の安心や安全はどうでもいいから、ワシらに仕事寄こせ!」ってことですかね

 ポチです。
 選挙のときの公約は、「簡素化」されるものだということが明らかになった今日このごろ、みなさん、お元気でしょうか?

 ついにきました。
 岩国市長リコールの署名集めが始まるそうです。
 今朝の朝日新聞によると、例の「岩国の明るい未来を創る会」が、リコール署名に必要な受任者集めを19日から開始し、来年1月から手続きに入ることにしたそうです。

 昨日、記者会見した、代表世話人の原田俊一さん(75)は、

    「国の政策に協力して地域振興策を求めるべきだ」

と強調されたそうです。

 なんなんでしょう。この「地域振興策」とは。
 戦闘機の激しい爆音に苦しめられ、基地犯罪の恐怖に脅えて市民が暮らすことと引き換えに出来る「地域振興策」って?

 厚木の方や沖縄の方はよくご存知でしょうが、戦闘機の爆音のすさまじさは到底、文字で表現することは出来ません。
 以前、岩国基地でNLP(夜間離発着訓練)が実施されたときに、たまたま岩国にいたのですが、そこらじゅうのガラス窓がきしみ、天井が落ちてくるのでは、という恐怖を感じました(私の居たところがボロ屋だということもあるかもしれませんが)。会話などできたものではありません。

 この記事には、「岩国の明るい未来を創る会」の説明として、こう書いてありました。

「岩国の明るい未来を創る会」(会員約200名)、岩国商工会議所の会頭、元会頭、住民自治会の連合会長、岩国市と合併した旧玖珂町の元町長らが個人として参加

 「商工会議所の会頭、元会頭」ね~~。
 そういうことですか、「地域振興」って。
 翻訳すると、

 「市民の安全や安心はどうでもいいから、ワシらに仕事を寄こせっ!!」

っていうことですね。
 先日も、広島でありましたが、基地犯罪が絶えません。
 商工会議所の会頭さんは、自分の子どもや孫が被害者になっても、この「地域振興」を口にされるのでしょうか。
 それとも、「他人の子だから関係ない」とでも言うのでしょうか。

 それにしても、この原田さんってどういう人なのかな。
 検索してみると・・・。

  http://www2.tky.3web.ne.jp/~chiku39/newpage66.htm

 へー。県の教育委員会の委員長だったんですか。
 女性の横で、鼻の下が長くなってますよ、原田さんっ。

|

« 祝!ブログ開設1周年 | トップページ | 機械で脂を注入し赤身がトロにヘンシ~ン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/9394884

この記事へのトラックバック一覧です: 「住民の安心や安全はどうでもいいから、ワシらに仕事寄こせ!」ってことですかね:

» 広範な薬害被害者救済をなぜ国はためらう?責任がどこにあろうとも。 [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
前の記事、『将来の「被害者」のためにも「線引きのない一律救済」を望みます。(薬害肝炎問題)』 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-530.html の続き...です。 アイスゆずさんの記... [続きを読む]

受信: 2007年12月18日 (火) 00時11分

« 祝!ブログ開設1周年 | トップページ | 機械で脂を注入し赤身がトロにヘンシ~ン »