« 国の暴挙に手を貸し、市民にとてつもない犠牲を押し付けた許しがたい岩国市議会 | トップページ | 国の仕打ちに怒りの一万人集会 »

2007年11月28日 (水)

「ON THE ROAD 2006-2007」が終わって--SHOGO's Words No.18「路地裏の少年」

 ポチです。
 年末、年度末に向けて、仕事の増え方はさらに加速してきています。
 その忙しさを振り切って、母親の体調不良をダシにして、仕事をさぼり、先日、山口市で開かれた中村哲さんの講演会に行ってきました。そのすさまじい仕事振りと、そんなことは微塵も感じさせない素朴な風体に心底感動してきました。
 で、その報告を書いている時間は今日はないので、後日、書くことにします。


 で、今日のテーマは、浜田省吾です。
 昨日、山形県の酒田市でのコンサートがおこなわれ、「ON THE ROAD 2006-2007 My First Love Is Rock'n Roll」ツアーが終了しました。
 2006年9月15日、千葉から始まったこのツアーは、2006年に20会場28ステージ、2007年春には23会場35ステージ、2007年秋には14会場20ステージ、合計83回のコンサートがおこなわれました。

Middle_1196171711
 酒田でのコンサート終了後、まだ会場を出る準備はできていないけれど、「出待ち」をするファンに、浜田さんは、「外で待っている方に長く待たせるのは良くないよね」と、出てきて最後の挨拶をしたそうです。
 「今日は寒いし、ずっと待っていると風邪を引いてしまうので、ここでお別れにしましょう。本当にありがとう!おやすみ!」
(写真と文章は、ツアー公式ブログからお借りしました)



 浜田省吾は、「もっともチケットのとりにくい歌手の一人」だと言われています。半端じゃない数のコンサートをおこないますが、すべての会場は常にソールドアウト。
 一般発売に至っては、「午前10時から電話受付開始」などとなっていますが、10時ジャストからかけ始めても電話は話し中ばかり、30分後につながったと思ったら、「完売しました」。私は、一度、この一般発売に挑戦して以降、先行予約の抽選に外れたら、あきらめることにしました。
 今回のツアーも、私は、大阪から西の会場のコンサートほとんどすべてに先行予約を申し込みましたが、当たったのは、2006年10月の山口県周南市のコンサートだけ。あとはすべてはずれてしまいました。
 とくに、今回は、「ホールツアー」(2000人から3000人程度のホールばかりでのコンサート)だったので、とくにとりにくかったのだと思います。「ON THE ROAD 2005」は、「アリーナツアー」(1万人から2万人以上入るアリーナばかりでのコンサート)でしたが、大阪城ホールと広島グリーンアリーナの2会場で浜田さんのステージを満喫しました。

 マスコミにほとんど露出しないで、なぜこれだけの集客力をもつことができるのでしょうか。
 私もそうですが、ファンが一過性じゃない、ということは大きいと思います。ほんどのファンは浜田さんの歌を本当に好きなんじゃないかな。もちろん、メロディも彼の声も重要な要素ですが、やはり、彼の歌の歌詞です。
 前にも書いたのですが、彼のコンサートやレコーディングでサキソフォンを吹いている古村敏比古さんが、浜田さんの歌詞のことを話しています。以前、書いたときはうろ覚えだったのですが、サイトを見つけましたので紹介します。

http://www.moment.gr.jp/42/interview.html


 該当の部分を引用しておきます。


4243_furumura_still_1 古村:うん。それで、(中村)雅俊さんのツアーを首になって、ぼーっとしてるところに、浜田さんの話が来て、それが82年の終わりぐらいだったかな。

T:最初はどういう感じのアプローチだったんですか。

古村:いや、うーんと、(竹内)まりやさんのところで舞台監督やってた人が、浜田さんの舞台監督で。今もやってるんだけど、その人の紹介で、サックスのさし、「バンドはあるから、サックスだけちょっとセッションで来てくれない?」みたいな感じで。それがすごいんですよ、あの当時で倉敷と広島と島根、全部2デイズ。「えっ? なんでそんなところで2日も出来るの」って。お客さんもがんがん入って、ロックやって盛り上がってるから、「何でこんなに入ってるの、何?」ってびっくりしつつ、楽しんでやって。「ばっちりじゃん!」みたいな話で、それから翌年もやるようになるんですね。

T:じゃあ、その数日間が、浜田さんとの初めてのツアー?

古村:それもリハも何もなしで、テイクだけ送ってきて。「何?これ」って。

T:全曲?数曲?

古村:ううん。何曲か、5,6曲だったと思うけど、1ステージで。

T:最初、浜田さんとライブやってみた印象って、どんな感じだったんですか?

古村:面白かったし、っていうか、びっくりだよね。ロックやってこんなに客入るんだっていうかさ、僕は洋楽志向だったから、聞いてないですから、「歌詞って大事なんだ」って。音がかっこよきゃいいじゃんぐらいなところでいたんだけど、「そうなんだ、ちゃんと歌詞を聞かせると客はついてくるんだ」みたいな。



 浜田さんの歌には、世の中に反発したり、社会の矛盾の中で苦悩する若者や高校生の気持ちを描いたものがたくさんあります。「反抗期」「独立記念日」「マイホームタウン」などがその代表作でしょう。
 自分の気持ちにピタッとくるのです。
 というか、モヤモヤして自分でも自分の気持ちもよくわからなかったのですが、浜田さんの歌を聞いて、なるほど、自分の思いはそうだったんだって気づかされる。そんな感じでした。

 今日、紹介する歌もその一曲です。
 私が一番最初に聞いた浜田省吾の曲で、浜田省吾にのめりこむことになった曲です。

 頭を殴りつけられたような衝撃を受けました。「こんな歌があるんだ」「こんな歌手がいるんだ」という新鮮な驚きでした。

 1976年4月に出された、浜田省吾のソロになって初めてのアルバム「生まれたところを遠く離れて」の1曲目に収録された曲です。
 コンサートでも必ず歌われる曲です。ソロデビュー30周年ということで、「ON THE ROAD 2006-2007」では(といっても、さっきも言ったように2007年のコンサートには行けませんでしたから知りませんが)、30年前の雰囲気そのままに、生ギターだけで浜田は歌いました。

 「路地裏の少年」です。


          路地裏の少年

Shogo7 真夜中の校舎の白い壁に
訣別の詩 刻み込んだ
朝焼けのホームに
あいつの顔 探したけど涙で見えず
「旅に出ます」書き置き 机の上
ハーモニカ ポケットに少しの小銭
さよならの意味さえも知らないで
訳もなく砕けては手のひらから落ちた
あれは おれ16
遠い空を憧れていた路地裏で

アルバイト 電車で横浜まで帰る頃は午前0時
古ぼけたフォークギター
窓にもたれ 覚えたての「風に吹かれて」
狭い部屋で仲間と夢描いた
いつかは この国 目を覚ますと
裏切りの意味さえも知らないで
訳もなく砕けては手のひらから落ちた
あれは おれ18
肩すぼめて待ち続けた路地裏で

赤茶けた工場の高い壁に
倒れかけた帰り道
家を出て初めて故郷の母に
“元気です”と書いた手紙
恋に落ちて戸惑う熱の中で
いつしか二人で過ごす夜毎に
やさしさの意味さえも知らないで
訳もなく砕けては手のひらから落ちた
あれは おれ21
細い肩を抱きしめてた路地裏で

口づさめば悲しい歌ばかり
届かぬ想いに胸を痛めて
今日もまた呼ぶ声に応えては
訳もなく砕かれて手のひらから落ちて
今は おれ22
初めて知る 行き止まりの路地裏で



|

« 国の暴挙に手を貸し、市民にとてつもない犠牲を押し付けた許しがたい岩国市議会 | トップページ | 国の仕打ちに怒りの一万人集会 »

コメント

I strictly recommend not to hold back until you earn enough money to order different goods! You can just get the mortgage loans or just student loan and feel free

投稿: CarmenMoore | 2012年5月17日 (木) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/9154796

この記事へのトラックバック一覧です: 「ON THE ROAD 2006-2007」が終わって--SHOGO's Words No.18「路地裏の少年」:

« 国の暴挙に手を貸し、市民にとてつもない犠牲を押し付けた許しがたい岩国市議会 | トップページ | 国の仕打ちに怒りの一万人集会 »