« 「子どもを守る」ということ | トップページ | 党首会談、辞任表明、そして撤回--小沢発言の考察 »

2007年10月29日 (月)

恥ずかしげもなく、よくこんなチラシがまけるものだ

 ポチです。
 さて、相変わらず、仕事に追いまくられる毎日ですが、これは書かずにおれません。仕事を中断して更新しようと思います。
 実は、岩国のその後について、「書かねば」といつも思っていたのですが、なかなか、時間と機会に恵まれませんでした。しかし、これ↓には黙っていられません。

「市長リコールを」 米軍再編・移転容認派の住民団体が運動開始
                        毎日新聞 2007年10月27日
 米軍再編による空母艦載機などの岩国基地移転に反対している山口県岩国市の井原勝介市長(57)について「失政を重ねて市政を停滞させている」として、移転容認派の住民団体「岩国の明るい未来を創る会」が26日、市長のリコール(解職請求)を求める運動を始めることを明らかにした。市長の“失政”を列挙したビラを7万枚作り、27日にも市内全戸(約6万6000戸)へ配布を始める。
 会見した創る会の原田俊一世話人代表(74)は運動を始める理由として、約251億円の赤字が見込まれる愛宕山地域開発事業や、国の補助金約35億円が交付されない新庁舎建設などで、会の試算では新たに300億円の財政負担が必要となり「来年度予算も組めない」と指摘。ビラでは「井原市長に岩国市の安全・安心を任せられますか?」「新しいリーダーが必要」と訴えている。
 市長のリコールには有権者約12万人の3分の1にあたる約4万人の署名が必要。
 井原市長は「正式なリコール請求なのかどうか分からない。何も言うことはない」と述べた。



 そして、そのチラシというのがこれです。(表も裏も二分割されています。それぞれ、クリックすると若干ですが大きくなります)

Photo
Photo_2
                      (表)


Photo_3
Photo_4
                       (裏)


(この間の岩国基地への米軍艦載機移転をめぐる問題は、私の過去の記事(「基地の街岩国」のカテゴリーです)を参照してください)


 なんじゃ~、このチラシは!
 よくも恥ずかしげもなくこんなチラシがまけるものだ。

 だいたいこうした事態を招いた責任は誰にあるのか!
 まず、市庁舎建設問題で言えば、市長には何の責任もない。市庁舎建設の補助金は、艦載機移転問題とは何の関係もない。一方的に国が約束を破っただけの話。
 なぜ、それで井原市長を責める必要があるのか?
 チラシには、そもそも市庁舎建設が過大だったのだとの趣旨が書かれているが、そのことは否定しない。しかし、今起こっている問題はそういうことではない。補助金を出すと国が言うから建て替えがはじまったのだ。始まった後になって「出さない」と国が言い出したことに、今回の問題があるのだ。常識だろう?

 そもそも、このチラシをつくった人たちは、国のやっていることに道理があると思っているのか?そんなはずはない。
 誰が考えても道理はない。それもこの人たちだって同意するはずだ。だから、国との「約束があいまいだった」ということでしか市長を責めることができない。
 ようするに、道理のない国の横暴に乗っかって、道理のない市長イジメをしているだけだ。
 本当に、この人たちが市の財政問題を心配しているのなら、市長ではなく道理もなく約束を破った国を責めるべきだ。国に対して「約束どおり補助金を出せ」と迫るべきだ。それこそが「道理」だろう。国が補助金を約束どおり出せば、少なくとも市庁舎建設問題は解決するのだ。
 それをしないのなら、この人たちは、本当は市財政のことなど、市民のことなど何も考えておらず、目的は別にあるということだ。



 さらに、愛宕山開発の破たんの問題では、たしかに井原市長の問題もあるだろう。しかし、この人たちがそれを言えるのか? という問題だ。
 そもそも、この計画が持ち上がった時に、誰が賛成したのか?
 米軍基地「沖合移設」の埋め立てのための土砂を愛宕山を削ってとるという目的を合理化するために、ありもしない住宅需要なるものを強引にでっち上げて、誰が見ても過大な開発計画を立てたのが、この「愛宕山開発」。県議会でも市議会でも、共産党など一部の議員以外はみんな賛成したのではなかったのか!
 この「岩国の明るい未来を創る会」(以下「創る会」)なる団体に集っている市会議員は、全員積極的に賛成したはずだ!
 しかも、この「創る会」というのは、商工会議所で会議を開いていることからもわかるように、商工会議所の幹部連中が中心にいる。その商工会議所の連中が一生懸命推進して来たのが愛宕山開発ではなかったのか!
 財政悪化の責任が自分達にもあることになぜ口をつぐんでいるのだ!



 「意見をまとめられず、決断できない無責任・無能」とは誰に言っているのか?
 言うに事欠いて、「国の政策との折り合いがつけられ」ないことを「市長失格」の理由にしている。なぜ、「国の政策との折り合い」を持ち出すのか?住民の願いと国の政策と、市長にとって大切なのはどっちなのか?そんなこともわからないのか!
 圧倒的大差で「受け入れ拒否」の意思を示した住民投票の結果をなぜ書かない?
 市長選挙で、「移転反対」を公約に立候補した井原市長とこのチラシの作者達が担いだ候補者との差がどれだけあったかなぜ書かない?


 「市民のため」「市財政を心配して」というようなポーズをとりながら、実は自分たちの金儲けのことしか考えていない。
 こんな連中に好き勝手は絶対にさせない。



 フ~~。怒りに任せて一気に書いてしまいました。
 いよいよ、岩国を巡る問題は大詰めを迎えています。
 岩国は、母の故郷です。私も子どもの頃、父親が結核で長期入院している間、母の実家に預けられ、岩国で幼稚園に通いました。
 住民の願いなどこれっぽっちも考えないような人たちに好き放題させたくはありません。私も微力を尽くすつもりです。

 書きなぐって、ちょっとだけ興奮がおさまったポチでした。
 では、また。

|

« 「子どもを守る」ということ | トップページ | 党首会談、辞任表明、そして撤回--小沢発言の考察 »

コメント

私も、pochiさんのご意見に賛同します。
足をひっぱりたい人々のマヌケさかげんが分かりますね。

以前も、自民がみっともないポスター(年金問題の時)を作製して、
民主の菅さんを責めるどころか、
反対に、国民にそっぽ向かれましたよね?
このビラの作成者達も、自民ビラの二の舞になるでしょう。
市民の皆さんの目も、そうそう節穴ではないと信じたいです。
(先日の川崎戦で、ホームなのに、0-7の大敗。
 以前から問題あるフロントに怒り心頭な私です。
 数年前からの補強の失敗と方向性に前途多難です^^;)

投稿: una | 2007年10月30日 (火) 10時45分

お怒りごもっとも。共感します。
ひどいビラですね。
こうまで恥ずかしいことがよく書けるというか・・・
山口県も中立などという言葉で逃げています。
県なら県民(岩国市民は県民じゃないみたいな言い方をしますが)の生命や生活を守ることに重きが置かれるべきですよね。残念なのは県内でも岩国の置かれている状況がよく知られてないことです。約束を破ったのは国なのですからそのことくらいは知って欲しいです。
愛宕山開発であんなに赤字を出したのに軍民共用空港の再開
は求めるというのも理解不可能だなあ。多分米軍に巻き上げげられることになってしまうんでしょう、怒!!

投稿: だじゃらん | 2007年10月31日 (水) 16時10分

unaさん
 こんなデタラメでスジの通らないビラが市民を騙すのかと思うとメチャメチャ気分が悪くなります。でもunaさんの言うとおり市民の目は節穴ではないと信じています。
 岩国基地をめぐっては騒音問題や事件などいろんな問題が起こりました。しかし、市民は、これまでは文句も言わず「基地との共存」を選んできました。しかし、その市民たちがついに怒りの声をあげているのです。その市民を信じないでどうする!と思います。

 やっぱり。怒り心頭ですか。0-7の試合結果を見た時、「ア~ア、こりゃあ、unaさん怒り狂ってるぞ」と思っていました。原監督って、たしかバルサのサッカーが好きって言ってたのを聞いたことがあります。なかなかいい監督だと思うんですけどね~。

投稿: pochi | 2007年10月31日 (水) 19時55分

だじゃらんさん
 本当に「怒!!」ですよ。
 いったい、どこの国の政府なのか、何のための地方自治体なのかわからなくなります。
 井原さんは、自分のこれまでの政治的ポジションという点では、「移転容認派」の人と近く、いままで仲良くされてきたのだと思います。そんな人たちとガチンコ勝負してまでもスジを通している。なかなか見あげた人だと感心しています。
 今日(31日)の臨時市議会で、市庁舎建設費用に合併特例債を充てるという補正予算案がどうやら否決されるようです。井原さんはいよいよ窮地に追い込まれました。岩国の市民のみなさんには、全力で市長を支えてほしいものです。
 岩国市民でないことにもどかしさを感じています。

投稿: pochi | 2007年10月31日 (水) 21時15分

市議会は高校生でも知っている地方分権がまったく理解してないんじゃないか!!と、感じます。人に罪をすべてなすりつけるようなことは、よくないと思います。

投稿: kakky | 2007年11月13日 (火) 16時45分

kakkyさん、コメントありがとうございます。

>人に罪をすべてなすりつけるようなことは、よくないと思います

本当に、こんなチラシをつくっている人の人間性を疑いますよね。山口県民として、こんな連中に必ず後悔させてやりたいと思っています。

投稿: pochi | 2007年11月15日 (木) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/8672861

この記事へのトラックバック一覧です: 恥ずかしげもなく、よくこんなチラシがまけるものだ:

» 米大使館の滞納にみる日米関係 [花・髪切と思考の浮游空間]
米大使館、地代10年滞納 国有地、年額250万円(朝日新聞)在日米国大使館が立つ東京・赤坂の国有地1万3000平方メートルの賃貸料が、10年にわたり未納となっている。日本政府は97年まで年額250万円を受け取ってきたが、値上げ案を提示したところ、反発した米側が支払いを拒否。未納が始まった98年分の賃貸料についての時効が今年12月中旬に成立するため、政府は民事訴訟も視野に入れながら、米政府とギリギリの交渉を続けている。問題の国有地の賃貸借契約は、1890(明治23)年に日米両政府が結んだ。物価水準の上... [続きを読む]

受信: 2007年10月30日 (火) 00時26分

» 民主・共産・社民の総選挙方針 [平和への結集第2ブログ]
テンポが遅いですが、野党3党の総選挙方針をまとめておきます。 共産党が次期衆院選の小選挙区擁立方針を見直したことはすでにご存知の方が多いでしょう。毎日新聞は次のように伝えています。 毎日新聞 2007年9月8日 19時21分 志位氏は擁立の目安を(1)7月の参院比例..... [続きを読む]

受信: 2007年10月30日 (火) 10時14分

» 中選挙区比例代表併用制を提案する [平和への結集ブログ]
日本は小選挙区制の下で保守二大政党制が完成されつつあります。二大政党制の落とし穴は、アメリカ、特に大統領選の民主党候補予定者が、象徴的に表しているのではないでしょうか。 核兵器廃絶を公約に掲げるバラク・オバマ氏ですが、原発企業から献金を受けています。ヒ...... [続きを読む]

受信: 2007年10月30日 (火) 10時16分

» 今度は市民が利権屋市長に不信任をつきつける番だ [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
 なんだこれ。ふざけんなよ。 ・東大阪市長選 選管発表   投票率:42.06% (前回比+6.03%)  開票結果:    野田義和 72,820票 当選   長尾淳三 70,454票   西野 茂  22,014票  http://www.city.higashiosaka.osaka.jp/250/250010/kaisoku/shicho/kaisoku.html ・「東大阪市長選挙の最終盤、いよいよ本性をあらわした相手陣営」(宮本たけしブログ)から (引用開始)  最終盤に入っていよい... [続きを読む]

受信: 2007年10月30日 (火) 10時18分

» 「殺しながら助ける」支援というものがあり得るのか(中村 哲さん) [とくらBlog]
 恥ずかしげもなく、よくこんなチラシがまけるものだと、A PLACE IN THE SUN のpochiさんが米軍再編による空母艦載機などの岩国基地移転に反対している岩国市の井原勝介市長へのリコール運動のチラシを紹介してくださっていて、いっしょに怒りの声をあげたいし、ファミリー メンタル クリニックさんの再編交付金 露骨だなあ にも反応したいのですが、27日の記事に追記したように、事務所の引越し等で、ブログを書いてる場合か!と怒られれそうなので、朝、書きかけにしていたものをそのままUPしておきます。... [続きを読む]

受信: 2007年10月31日 (水) 22時45分

» 給油を続けるか否かにつまらぬ画策をする日本政府!! [花園はここにありました!]
実情も何も公開しないで、なぜ日本の給油が重要なんだ? 戦争を行う時に最も重要なのは、兵器とか兵士ではない。兵站だ。兵站とは、ロジスティックスである。日本で言う、物資の供給ルート、物資を以下に効率的に送り届けるかである。... [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 00時54分

» 打つ手なし,福田無能首相! [花園はここにありました!]
組閣1ヶ月で成立法案ゼロ。税金泥棒の議員達。 組閣1ヶ月で、成立案件ゼロ、それも、給油を何とか継続したくて、あちこちにこそこそと裏工作をして、外圧に弱い日本人の性格を活用しようと考えたのだろうが、国連決議の前文に「不朽の自由活動」(OEF)活動に対する謝意を入れさせたのが第一段。そして、第二段は駐日大使12名を呼び集めて、自民党を中心とする50名の国会議員に、給油継続が大切だと説得したが、どのように、なぜ、どれだけの活動が必要かの具体性も全く無い、たんなる「お経」をあげに来たのが、シーフ...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 17時47分

» 小沢さん!決して党首を辞めることはないんよ!!理屈がつかないも、くそも無い。 [花園はここにありました!]
小沢さん、2回の福田カエルとの密談ご苦労さんでした ナベ常やら、怪しげなアメリカのエージェントからの圧力、それらが全ての会談をコントロールし、小沢党首が民主党に「大連立」の決定を持ち帰ったのは正しい判断だ。 自分で決定できたかもしれない。彼は絶対に大連立に賛成はしていない。色んなマスゴミがかってなゴミをまき散らしているが、今大連立をして何が得になる。... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 23時01分

» 12月1日 国の仕打ちに怒りの1万人集会 in 錦帯橋(岩国) [とくらBlog]
 15日に開催された第2回目の「国の仕打ちに怒りの1万人集会」実行委員会には参加できませんでしたので、参加された岩国の方からご報告をいただきました。第1回目は、たまたま参加できたのですが、第2回目は私の勘違い(14日開催と思っていて、先に決まっていた櫛ヶ浜小学校同窓会打ち合わせ日とだぶっていたので。)で、参加できませんでした。情けない。(泣)  この「国の仕打ちに怒りの1万人集会 in 錦帯橋」については、反戦な家づくりさんやなごなぐ雑記さんも、さっそく取り上げて、TBくださっていますが、 ... [続きを読む]

受信: 2007年11月20日 (火) 11時09分

» 1万人集会 in 錦帯橋 [岩国市新庁舎募金の会“風”]
約束を守らない国に、みんなで抗議しましょう!!  “国の仕打ちに怒りの1万人集会 [続きを読む]

受信: 2007年11月23日 (金) 00時31分

« 「子どもを守る」ということ | トップページ | 党首会談、辞任表明、そして撤回--小沢発言の考察 »