« ある女医の叫び「医療崩壊よ!医療崩壊ッ!」 | トップページ | 「謝意決議」が語った問題の本質 »

2007年9月19日 (水)

SHOGO's Words No.16 「初秋」(2回目)

 ポチです。
 朝晩は本当に「秋」っていう感じがするのですが、昼間はどうみても「夏」です。今日も暑い一日でした。
 職場でも、話題になっていたのですが、「今年は秋がなくて、夏から一気に冬になってしまうんじゃないか」などと同僚がいっていました。



 そうすると困ったことがおきます。
 「SHOGO's Words」の16番目は、2度目の「初秋」にしようと決めていて、時期を見計らっていたのですが、その機会を逃してしまうことになるからです。

 そこで、まあ、昼間は暑くても、初秋は初秋だ、と割り切って、浜田省吾カテゴリーにいくことにします。


 ということで、「初秋」です。
 1990年6月に発売された18枚目のアルバム「その永遠の一秒に」の収録された曲で、2003年9月に出された24枚目のバラード集のアルバム「初秋」にアレンジを変えて収められました。

  アルバム「初秋」には、「死」や「別れ」を歌った曲がたくさん収められていて、この「初秋」もその一曲です。しかし、アルバムのテーマは、「死」や「別れ」ではない、と浜田は言います。
 アルバム「初秋」が発表された時のファンクラブの会報誌「Road&Sky」でのインタビューで浜田はこう話しています。

「最愛の人を愛する喜びの一方で、同時に切なさや痛みがあるじゃないですか。それはいったいなんだろうと考えると、『この喜びは永遠には続かないんだ』という思いなんじゃないかと。どんなに美しい瞬間も、どんな愛も永遠には続かないんだということを、みんなやっぱり知っている。だからこそ、その瞬間に感動するんだろうと思うんです。誰かを愛するということはそういうことだと思うんですね。だから、今回のアルバムのテーマは、“死”や“別れ”ではなくて、何十億という人がいるなかで偶然出会って、恋人になったり親子になったり夫婦になったりするということ。そしてそれは永遠に続かないということ。だから大切なんだということ。それがテーマなのかなと思います」


 「初秋」という曲は、ボスニア・ヘルツェゴビナの紛争をきっかけに、冬の旧ユーゴスラビアをイメージしてつくったと言われています。
 切なく、ひたすら切なく、本当に、この曲を聴くと、浜田省吾の詞の世界に入り込んでしまう自分を感じます。

 ツアーパンフに、こんな一文が載っていました。

「この曲(「初秋」)など典型だが、浜田の音楽は、音のついた文学詩心を歌心が奏でる“浜田文学”だともいえた。自分にとって曲を書くことは詞を書くことなのだ、と彼は明言する」


 それでは、浜田省吾の「音のついた文学」「詩心を歌心が奏でる“浜田文学”」をどうぞ。
 「初秋」です。


            初秋

Shogo10_2 戦火に倒れた恋人抱きしめて
泣き崩れる男映す TVニュース

誰かを愛したら
その喜びと同じ重さの哀しみも 
手にするのか

永遠の別れがいつか来ることに
人は皆 気付いているから
君と出逢って こんなにせつない
胸の奥が苦しい程

ふれあい いたわり
陽ざしの中で
短い時を共に過ごしたい

いつか君を見送る時が来たなら
笑顔で別れを告げよう
君が僕を見送る時は
この歌を思い出して

どんなに二人で過ごした人生が
幸せに満ちてたか

愛してる いつまでも
傍にいても 離れていても いつでも

僕の名を呼ぶ声も
僕の手にふれるぬくもりも
はかなくて 愛しい

約束も 誓いの言葉も 何もいらない
君がそこにいるだけで



 曲↓は、アルバム「初秋」に収録されたリアレンジされた「初秋」です。

   

|

« ある女医の叫び「医療崩壊よ!医療崩壊ッ!」 | トップページ | 「謝意決議」が語った問題の本質 »

コメント

ううううう・・・
聴かせてもらいましたよ。凄い!

>何十億という人がいるなかで偶然出会って、恋人になったり親子になったり夫婦になったりするということ。そしてそれは永遠に続かないということ。だから大切なんだということ

涙が出そうです。
ブログのデザインテンプレートまた替えちゃおうかなと思うくらいです。

投稿: jun | 2007年9月19日 (水) 21時40分

junさん
コメントありがとうございます。

でしょう?
車の中でCD流しながらよく歌ってるんですが、この曲と「もう一つの土曜日」は、歌いながら歌詞の世界に入り込んでしまって、自然に涙が出てきます。
浜田省吾の最高の名曲の一つ(いくつもあるんだけど)だと思います。
次も楽しみにしてくださいね。

投稿: pochi | 2007年9月20日 (木) 06時37分

省吾の曲の中でも大好きです。
カラオケでの十八番です
自分も50代になったのですが、省吾はいつまでも若いですよね!
5月末のFUN.FUN.FUNが楽しみです。

投稿: きにょこ | 2009年4月23日 (木) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/8018531

この記事へのトラックバック一覧です: SHOGO's Words No.16 「初秋」(2回目):

« ある女医の叫び「医療崩壊よ!医療崩壊ッ!」 | トップページ | 「謝意決議」が語った問題の本質 »