« 宇部市はちょっと過熱気味 | トップページ | 「しがみつかない」という「公約」は守ってほしい »

2007年9月 3日 (月)

SHOGO's Words No.15 「夏の終り」

 ポチです。
 この数日、風邪を引いて体調不良です。今日も仕事を休んでいます。
 え? だったら、ブログの更新なんかせずに寝てろって? 
 そのとおりです。でも、少しだけ。



 9月になりました。
 昼間はまだ暑い日が続きますが、朝晩は、秋の風の匂いがしてきてビックリします。

 ということで、ほぼ一ヶ月ぶりの浜田省吾カテゴリー。その15番目は、「夏の終り」です。


 この曲は、最新アルバム「THE BEST OF SHOGO HAMADA vol.1」にも収録されていますが、もともとは、1990年6月に発売された彼の16枚目のアルバム「誰がために鐘は鳴る」に収められていた曲です。

 1990年といえば、バブルが絶頂期をこえ、崩壊に向かい始めた時期です。このアルバムの中に収録されている「詩人の鐘」という曲では、「♪銀行と土地ブローカーに生涯を捧げる悪夢のようなこの国」とバブルの狂乱ぶりを歌っています。

 そして、バブル崩壊の大変な時代を予感したのか、このアルバムのテーマを浜田省吾は「救済」だと言います。
 アルバムタイトルの「誰がために鐘は鳴る」というのは、ご存知のようにヘミングウェイの小説のタイトルですが、この言葉は、ジョン・ダンというイギリスの詩人の詩の一節をヘミングウェイが引用したものだそうで、浜田省吾は、ヘミングウェイの小説ではなく、ジョン・ダンの詩に触発されて、このアルバムタイトルをつけたようです。アルバムに入っているブックレット(?)のなかに、ジョン・ダンの詩の一節が掲載されています。

誰も孤島ではなく
誰も自分ひとりで全てではない
ひとはみな大陸のひとかけら
本土のひとかけら
そのひと握りの土を波が来て洗えば
洗われただけの欧州の土は失われ
さながら岬が失われ
君の友人や君自身の土地が失われる
人の死もこれと同じで
自らが欠けてゆく
何故なら私もまた人類の一部だから
ゆえに問うなかれ
誰がために鐘は鳴るやと
それは君のために鳴るなればと
(ジョン・ダン「死にのぞんでの祈り」、浜田省吾訳)


 浜田省吾が90年7月から始まるツアーを前にして話していた言葉がツアーパンフに載っていましたので紹介しておきます。

「90年代というのは、自分を自分で救ってやらねばならなくなる時代だと思うんです。自分で自分に祈りを捧げるというか。その祈りの部分が今後の日本に住む我々にとって大事なんじゃないかと。何か予言めいていますけどね」

 そして、90年代の10年間が「失われた10年」と呼ばれるようになったのはご存知の通りです。


 前置きが長くなりました。
 そのアルバムの最後に収められている曲「夏の終り」です。
 それでは、どうぞ。


夏の終り

Shogo8_2 サンディエゴフリーウェイを
        南に走ってる
国境線越えたら
      砂埃舞うメキシコ
夏の終りの
     乾いた風が窓から
おれの口笛吹き飛ばす
フロントガラスに
テキーラサンライズ
もう誰の心も
  引き裂くことなんてない
この車もギターも
     売り払い海辺の町
潮風と波の音を枕にひとり暮らそう

ギター抱き締めて眠ったあの頃
貧しさと憧れの中 夢見たR&R(ロックンロール) STAR
キャンパスを中退(ドロップアウト)して長い旅に出た
果てしなく続く“ON THE ROAD”
流星のような
幾千もの夜
愛してくれた人 打ちのめす程傷つけた
汚れた悲しいメロディー 身を切るように繰り返す
拍手とスポットライトと報われぬ涙の影で

もう誰の心も引き裂くことなんてない
手に入れたものみんな失ったって構わない
残されたわずかな時間 静かにひとり暮らそう

潮風と波の音を枕にひとり暮らそう






 浜田さんの今年のツアーも大詰めを迎えています。
 西日本の会場のコンサートすべてに先行予約の申し込みをしましたが、すべてはずれ。残されたのは、11月12、13日の広島厚生年金会館だけとなりました。今年はなんとなくだめなような気がするポチでした。
 では、また。

無料 アクセス解析RMT

|

« 宇部市はちょっと過熱気味 | トップページ | 「しがみつかない」という「公約」は守ってほしい »

コメント

こんにちは、夏の風邪は侮ってはいけませんから、我慢してしっかり治してくださいね。
この曲、わたしの唯一のCDの中にありますね。もう何度も聴きました。
もう夏も終わりです。こうなるとまたちょっと淋しくもあって、この曲が身にしみますね。なんてこと言ってみました^^。お見舞いのつもりです。お大事に。

投稿: jun | 2007年9月 3日 (月) 13時12分

junさん
お見舞いありがとうございます。

「夏の終り」の次は、当然ですが「初秋」です。junさんにオススメの曲です。切ないですよ~。お楽しみに。

投稿: pochi | 2007年9月 4日 (火) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/7788011

この記事へのトラックバック一覧です: SHOGO's Words No.15 「夏の終り」:

» 突破者宮崎学の近著を読む [BLOG BLUES]
過日、電脳キツネ目組のアジトでもある オヤジ系呑み屋「檸檬屋新宿」を訪ねた折、 宮崎組長の義兄弟とも言うべき 店主、住枝清高氏より寄贈された。 「僕のような者が頂いていいのですか」 「読んでくれそうな奴にやるんだよ」。 それが「近代ヤクザ肯定論〜山口組の90年」。 あちゃ。この展開では、読まないわけにはいかない。 がんばって読みました。全9章から成る大部労作です。 第1章から8章までは、東映仁侠映画の生みの親、 俊藤プロデューサーが泣いて喜びそうな内容。 僕も人後に落ちない... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 18時37分

» 負け組アナキズムえじゃないか [BLOG BLUES]
新年早々またしても、ブログ界の星一徹、「非国際人養成ギブス」じゃなかった、 「非国際人養成講座」と意気投合してしまった。新自由主義社会の到来を 不可避と睨み、如何にゲリラ戦を闘い抜くかについてである。 (「棄民政治には棄国で対抗」、「このポンコツ国家日本」参照) 敵は米国に在り。あるいは、戦後ニッポンの歩みに在り。 純一郎クンは、自己の政治的信念でもって新自由主義政策を 推し進めているわけではない。旧田中派憎しの個人的感情を除いては。 それが、米国の意向だからです。その意向をほぼ忠... [続きを読む]

受信: 2007年9月 6日 (木) 13時41分

« 宇部市はちょっと過熱気味 | トップページ | 「しがみつかない」という「公約」は守ってほしい »