« 葬儀に行くことは政治活動か?――政治家の金銭感覚 | トップページ | 「マッチポンプ」 »

2007年8月 6日 (月)

一瞬の閃光に――SHOGO's Word No.14「愛の世代の前に」

 ポチです。
 今朝、職場に来ると、関連会社の社長さんのお父さんが亡くなったという連絡。そろそろ危ないのでは、と言われていはいたのですが・・・。
 明日は、また葬儀です・・・。



 さて、今日は、広島に原爆が投下されて62年目の8月6日です。
 久間さん曰く、「しょうがなかった」日です。

 私と「ヒロシマ」の関係は、3日のブログで書いたとおりです。幸い、母はこの10日で80歳の誕生日を迎えますが、今も元気です。きっとあの日、少なからぬ放射能をあびたのでしょうが・・・。

 浜田省吾さんのお父さんも、警察官として、被爆者救護のために、焼け野原の広島市に入り、二次被爆されました。

 なぜ「愛の世代の前に」なのか?
 浜田さん自身がアルバム解説のなかで話しておられる言葉を紹介しておきます。

「“ラブ・ジェネレイション”という言葉が’60年代に流行りましたよね。あの頃はすごくヒッピー的なイメージとしてラブ・アンド・ピースの世代だと言っていたんだけど、ぼくは、そうじゃない、愛の世代というのは、もっともっとあとの世代なんだと思ったんです。1945年に原爆が投下されて、核融合というのが地球というもろい生命体の中に持ち込まれたわけでしょう。それまでの何億年とその後のわずか30年というのは、全く違う世代だなと思ったんです。それまでの戦争というのは、どんな戦争にしてもせいぜい知れてるわけだし、地球の生命体とかそれ自体や人類のヒューマン・レースにはなんの影響も持たないものだけど、1945年以降の世代というのは、一瞬にして全人類がいなくなってしまうという、とてつもない大きな危機感と虚無感に左右されてると思うんです。そういうものがこの地球上から消えない限り、本当のラブ・ジェネレイションとは言えないよね、というそんな気持ちでタイトルをつけたんです」

 1981年9月に発売された7枚目のアルバム「愛の世代の前に」の1曲目に収められたタイトルチューンです。

      愛の世代の前に

Shogo5 愛の世代の前の暴風の中
すりかえられた脆い夢など
崩れ落ちてく

ルーレットは回り続けてる
テーブルに積まれた
切り札の陰で
誰も皆 勝つことだけを
信じて 賭けを続ける

愛の世代の前の
一瞬の閃光(ひかり)に
すりかえられた
脆い希望(ゆめ)など
崩れ落ちてく

憎しみは憎しみで
怒りは怒りで
裁かれることに
何故 気づかないのか

ミラー・ボールは回り続けてる
幾つもの孤独な腕に抱かれ
俺もまた慰安の中で
むなしく踊り続ける

愛の世代の前の暴風の中
すりかえられた脆い幻想(ゆめ)など
崩れ落ちてく

愛の世代の前の一瞬の閃光に
すりかえられた脆い夢など
崩れ落ちる
愛の世代の前に


 核兵器などというものに人類がおびえて生きることのない世の中をめざして!

無料 アクセス解析RMT

|

« 葬儀に行くことは政治活動か?――政治家の金銭感覚 | トップページ | 「マッチポンプ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/7432787

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の閃光に――SHOGO's Word No.14「愛の世代の前に」:

» 大阪に落された、もうひとつの原爆 [しっとう?岩田亜矢那]
大阪にも原爆が落されたと聞いて 「そんな、あほな」と訝しがられる貴方に知ってもらいたい 東住吉区田辺にこのような碑が建っている事を 「一九四五年七月二十六日九時二十六分  広島・長崎の原爆投下を想定してこの田辺の地に模擬原爆が投下され  村田繁太郎(当時五十五才)他六名が死亡 多数の方が罹災しました。 ここに犠牲者の冥福をお祈りし  戦争のない世界の実現と全人類の共存と繁栄を願い  碑を建立します」 そう落されたのは、原爆の投下訓練を目的として、原爆用爆弾に通常の火薬を充填した 「模擬原爆」 と... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 00時25分

» 他国の「脅威」よりも怖いもの [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 2年前の夏フランスのテレビで広島の原爆に関する2時間近い特集番組が(日本で言うところの)ゴールデンタイムに放送され、その録画ビデオテープをもらいました... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 01時59分

» 他国の「脅威」よりも怖いもの [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 2年前の夏フランスのテレビで広島の原爆に関する2時間近い特集番組が(日本で言うところの)ゴールデンタイムに放送され、その録画ビデオテープをもらいました... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 02時05分

» 広島の記憶(8月6日、今日のヤフーフランスの記事 + 広島と原爆にまつわる海外ポピュラー音楽) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 今日、8月6日のフランスヤフーニュースのヘッドラインの一つは、広島被爆62周年のことです。(日本を除く他の主要国のヤフーニュースではヘッドラインに上がっ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 02時07分

» 広島 原爆の日 [競艇場から見た風景]
1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分。原子爆弾「リトルボーイ」が広島に投下され62年が経つ。世界唯一の被爆国「ニッポン」の国民として、二度と世界に同じ「悲劇」が起きないように、核廃絶を訴えて行くことを忘れちゃいけない・・・絶対に。 「生ましめん..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 04時41分

» 必要なのは専門家か?〜原爆症認定制度の見直し [津久井進の弁護士ノート]
1 原爆症近畿訴訟で,原告9人全員が勝訴したのが,2006年5月12日です。  (詳しくは,京都原爆訴訟支援ネットのHPをどうぞ)  画期的な判決を得た日から,既に1年余りが経過しました。  この1年余の間に,こ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 08時13分

» サービス左翼に明日はない [BLOG BLUES]
なぜ、共産党は負けたか。消費税増税反対を高言したからである。 ばかばかばかばかばかあ。志位クンは、江戸時代の民百姓の味方ですか。 お生憎様、憚りながら僕らは、グローバル時代の民主主義国家の主権者なんですゥ。 志位クン、きみは税金を何だと思ってるんだ。年貢じゃないんだぞ。 主権者の、主権者たる所以だろうが。僕は、世帯主だ。だから、自分の稼ぎを 家に入れる。当たり前だのクラッカー。僕に限らず、日本中の、ほとんどの世帯主が、 そうだろう。ならば、どうだ。国家とて同様だろう。家の世帯主が僕ら... [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 16時42分

» 国内総生産(GDP)から国民総幸福(GNH)へ [津久井進の弁護士ノート]
 日本では,豊かさを計る指標として,    GNP;国民総生産(国民が新たに生産された財や付加価値の総計)    GDP;国内総生産(国内で産み出された付加価値の総額) を用いています。  私たちは,すっかりこの... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 09時04分

» 「八月の歌」を聴きながら [競艇場から見た風景]
毎日毎日毎日、猛暑日猛暑日猛暑日の連続で体調もPCも大不調。ヤッパこれは地球温暖化が影響しているんでしょうかねぇ~? そんな中、62回目の「終戦の日」が巡ってきた。新たに「愛国心」などを盛り込んだ「教育基本法改正」や「憲法改正手続法案」が利権家+創価の傲慢な..... [続きを読む]

受信: 2007年8月15日 (水) 18時31分

« 葬儀に行くことは政治活動か?――政治家の金銭感覚 | トップページ | 「マッチポンプ」 »