« 涙雨 | トップページ | 台風が過ぎ去って »

2007年7月 9日 (月)

百の釈明より領収書

 ポチです。
 雨の日々が続いています。
 大きな仕事が入ってきて、朝から晩まで仕事に追われています。なかなか更新もままならない状態です。
 中小企業で働く身としては、仕事がないよりあった方がいいので、文句は言ってられないのですが・・・・。


 先日、久間さんが辞職されました。
 最後まで反省の言葉は聞かれませんでした。
 テレビを見ていたら、記者団に囲まれて久間さんが言ったのは、「しょうがないというのは、ワシの口癖なんだがな~。九州人はよく使うんだよ」などととぼけた顔で言っていました。
 それを聞いていた九州人のカミさん。「そんなん聞いたことがない」と怒り狂っていました。バカなことを言って自分が恥をかくのは勝手ですが、九州人全体を自分の低俗なレベルに巻き込むのはやめた方がいいのではないでしょうか。


 それで、今度は赤城徳彦農水大臣の問題。
 テレビを観ていたら、党首討論で安倍さんは、「架空ではない」とか、「水光熱費が一ヶ月にわすか800円ですよ。それで辞任すべきだと言うのですか?」とか聞かれてもいない話を得意げにしゃべっていました。
 ははあ、「野党の連中はこんな風に言ってくるだろうから、こう答えてやろう」とか一生懸命勉強してきたわけですね。

 安倍さんがこっけいなのは、しゃべり方や表情を見ていて、そのことがよくわかることです。しかも、とっても噛み合ってなくて頓珍漢な答えをしているのに、いかにも相手を論破しきって「どうだ、まいったか」っていう表情をすることです。思わず噴出してしまいそうになります。
 野党のみなさんが言っているのは、「そんなにやましいことがないと言うのなら、領収書をだしたらいかが?」って言ってるだけなんですけどね。

 先日、現場の方と話をしていたら、安倍さんの話題になり、私が「どうも安倍さんは頭が悪いようですよ」と言うと、一人の方が「どうも、それホントみたいですよ。うちの爺さんの友達が昔、安倍さんとゴルフをしたことがあって、その人が『あんなに頭が悪い奴をみたことがないって言ってました」と言われていました。

 なるほど。


 で、赤城さんの話。
 最初は、「主たる事務所」としていた実家に住んでいたお父さんお母さんが「事務所としては使っていない」「家賃ももらっていないし、水光熱費も自分が払っている」とマスコミの取材に答えていました。
 それが一夜にして 変わりました。
 父親が文書を発表して、「自宅が後援会事務所でないとの報道があるが、真意が伝わっていない」、、「(実家は)今でも地元の活動の拠点となっている」、「以前は秘書が自宅に常駐していたが、事務所としての活動が以前ほど活発ではないという趣旨だ」と釈明したそうです。
 また、赤城さんは、「父親の単純な誤解。長年、後援会の方に集まってもらい、いろいろな会合を行ってきた」と言われたそうです。

 不思議なのは、これで国民に対して釈明した気になっておられることです。
 テレビの警察ドラマだって、共犯者は別々の取調室に入れて、供述の食い違いがあるのかどうか調べるじゃないですか。
 打ち合わせをしていない時点での話の方が正しくて、口裏を合わせた話は胡散臭いなんて誰でも考えることです。

 問題は簡単だと思います。領収書です。
 やましいことがないのであれば、領収書を出せばいいし、出さなければ「やましい」ということです。
 で、赤城さんの言葉。「法律で(領収書を)公表する必要がないのであれば、まさにその法律の趣旨の通りに運用すべきだ」。
 つまり、やましいんですねって国民は誰も思います。
 100の釈明より領収書。領収書なしでは、100の釈明も何の意味もありません。


 なんか、自分からどんどんドツボにはまっていっておられるようですね、安倍さん。

無料 アクセス解析RMT

|

« 涙雨 | トップページ | 台風が過ぎ去って »

コメント

ホントに簡単な話ですよね。
領収書が出せないなんて、怪しいと、自分で言ってるようなものではないでしょうか。

浜田省吾さん、お薦めを聞いてからかえば良かった。でも、衝動買いだったので^^。
何回聞いても切ない気分になります。これで、バラードだけのアルバムなんていったら、すごいでしょうね。

投稿: jun | 2007年7月13日 (金) 14時53分

junさん
コメントありがとうございます。

悪いことをしたらきちんと「ごめんなさい」を言うという常識さえも持ち合わせていない人たちなんだということがよくわかります。
で、その人たちが子どもたちに「道徳」を教えることが大切だと言うのですから、なんともこっけいです。
この人たちが言う「道徳」がいかにいかがわしいものかということですね。

 いいですよ~、「初秋」。とくにタイトル曲の「初秋」。ホントに切なくなります。ポチのもっとも好きな曲の一つです(ただし「もっとも好きな曲」が多すぎて困るのですが)。

投稿: pochi | 2007年7月15日 (日) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/7081226

この記事へのトラックバック一覧です: 百の釈明より領収書:

« 涙雨 | トップページ | 台風が過ぎ去って »