« 「再開」が大前提?柏崎刈羽原発 | トップページ | 安倍晋三の頭の悪さ »

2007年7月30日 (月)

参院選が終わりました

 ポチです。
 今日も猛暑でした。
 同じ職場のパートの方(たまたま高校のときの同級生)のお父さんが緊急に入院されました。今週は休まれるそうです。深刻な声で連絡がありました。こんなに暑いとご高齢の方にはこたえるでしょうね。お互いに体には気をつけたいものです。


 さて、参院選も終わりました。
 民主の圧勝、自民・公明の大敗北、共産、社民の後退・・・マスコミの論調はこんなところでしょうか。
 たしかに議席数のうえではそうなります。
 問題は、その結果をもたらした要因です。
 今回の参院選も「マニフェスト選挙」だと言われていたのですが、自民党や共産党、社民党のマニフェストは国民からの共感を得ることができず、民主党の政策・公約が多くの国民に支持されて圧勝したのか、といえば、ちょっと違うような気がします。

 これから、どういう国づくりをしていくのかという各党の政策での選択ではなく、「とにかく今の政治をなんとかしてほしい」という国民の叫びの結果だったのではないでしょうか。

 年金問題、住民税や消費税の庶民増税、社会保障の切捨て、改憲問題、政治とカネの問題、そして、あまりにも無責任な政治家の暴言や失言・・・・。

 このあまりにもひどすぎる自民・公明の政治への怒涛のような国民の怒りが、議席数で自民党を上回れる可能性のある唯一の政党である民主党への雪崩のような投票行動を生み出したのだと思います。
 ですから、今回の選挙の結果は、安倍自公政権への国民の「ノー」の審判であることは当然ですが、だからと言って民主党の政策や公約、ましてや民主党という政党への共感の結果とは言えないでしょう。


 それにしても、選挙結果が出た後、安倍さんが続投の意向を表明した時のコメントを、繰り返しテレビが流していましたが、あきれ返るばかりです。
 「改革は続行されなくてはならない。新しい国づくりをする約束をしたので、その国民への約束を果たさねばならない」。こんなことをおっしゃっていました。
 その「改革」や「約束」が国民から怒りをもって否定されたのだと、どうしてわからないのでしょうか。
 もちろん、おやめになるかどうかはご自分で判断されることだと思いますので、それはいいのですが、もう少しまともなコメントをした方がご自分のためにもよろしいのではないかと心配してしまいます。

 彼の発言は一貫して、「自分は悪くない。まわりが悪い」というニュアンスに満ちています。

「憲法が悪い」「歴史教科書が悪い」「証言をした『従軍慰安婦』が悪い」「社保庁の職員が悪い」「松岡が悪い」「赤城が悪い」「久間が悪い」、そして「自分を理解しない国民が悪い」・・・・。

 でも、松岡さんのときも、赤城さんの時も、安倍さん自身が対応を誤らなければ、けっして今のような国民の怒りを買うこともなかったでしょう。また、消費税の問題だって、「上げないとは一言もいっていない」という彼の一言が、これを争点の一つに押し上げました。どの問題でも、自民党をドツボに落とし込んだ原因は安倍さん自身のような気がします。

 やっぱり、ご自分からおやめになったほうが、国民のためはもちろん、ご本人のためだとも思うのですが・・・。



 それから、もう一つ。
 あれだけ、民主が議席を取り、岡山の「姫のトラ退治」をはじめ、1人区の保守王国で次々に自民の現職を破ったわけですが、山口県では、まだ開票も始まっていないのに、自民の候補者の当確がでました。カミさんのふるさと、あの保守ゴリゴリの鹿児島でも結果が出たのは未明だったのに・・・。
 しかも、山口県の民主の候補者も岡山の姫にも負けないいい候補者だと思ったのですが。
 どうしてなんでしょう。
 安倍さんの地元だからでしょうか。
 あの民主党への雪崩現象などものともせず、自民圧勝・・・・。
 山口県って異常な県なのでしょうか。
 ちょっと、山口県人でいることに自信を失いかけているポチでした。

無料 アクセス解析RMT

|

« 「再開」が大前提?柏崎刈羽原発 | トップページ | 安倍晋三の頭の悪さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/7332355

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選が終わりました:

» 護憲政党のあしたはどっちだ! [BLOG BLUES]
新自由主義・改憲勢力の、うふふふふってな含み笑いが、 僕には聴こえるんですけどね。しっかし、左派・市民派ブロガーの 言説って何だろう。戦前熱望していた通り、ものの見事に野党が、 完膚なきまでに与党を、叩きのめしたではありませんか。勝利の雄叫びを 上げてくれよ。これで、新自由主義・改憲路線を頓挫させたと。 今になって、手放しでは喜べないって。はあ?だったらさあ、戦う前に ちゃんと言ってくれよ。民主党は保守政党であり、積極支持すべき対象ではない、 保守二大政党制の定着こそが、新自由主義... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 18時02分

« 「再開」が大前提?柏崎刈羽原発 | トップページ | 安倍晋三の頭の悪さ »