« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

参院選が終わりました

 ポチです。
 今日も猛暑でした。
 同じ職場のパートの方(たまたま高校のときの同級生)のお父さんが緊急に入院されました。今週は休まれるそうです。深刻な声で連絡がありました。こんなに暑いとご高齢の方にはこたえるでしょうね。お互いに体には気をつけたいものです。


 さて、参院選も終わりました。
 民主の圧勝、自民・公明の大敗北、共産、社民の後退・・・マスコミの論調はこんなところでしょうか。
 たしかに議席数のうえではそうなります。
 問題は、その結果をもたらした要因です。
 今回の参院選も「マニフェスト選挙」だと言われていたのですが、自民党や共産党、社民党のマニフェストは国民からの共感を得ることができず、民主党の政策・公約が多くの国民に支持されて圧勝したのか、といえば、ちょっと違うような気がします。

 これから、どういう国づくりをしていくのかという各党の政策での選択ではなく、「とにかく今の政治をなんとかしてほしい」という国民の叫びの結果だったのではないでしょうか。

 年金問題、住民税や消費税の庶民増税、社会保障の切捨て、改憲問題、政治とカネの問題、そして、あまりにも無責任な政治家の暴言や失言・・・・。

 このあまりにもひどすぎる自民・公明の政治への怒涛のような国民の怒りが、議席数で自民党を上回れる可能性のある唯一の政党である民主党への雪崩のような投票行動を生み出したのだと思います。
 ですから、今回の選挙の結果は、安倍自公政権への国民の「ノー」の審判であることは当然ですが、だからと言って民主党の政策や公約、ましてや民主党という政党への共感の結果とは言えないでしょう。


 それにしても、選挙結果が出た後、安倍さんが続投の意向を表明した時のコメントを、繰り返しテレビが流していましたが、あきれ返るばかりです。
 「改革は続行されなくてはならない。新しい国づくりをする約束をしたので、その国民への約束を果たさねばならない」。こんなことをおっしゃっていました。
 その「改革」や「約束」が国民から怒りをもって否定されたのだと、どうしてわからないのでしょうか。
 もちろん、おやめになるかどうかはご自分で判断されることだと思いますので、それはいいのですが、もう少しまともなコメントをした方がご自分のためにもよろしいのではないかと心配してしまいます。

 彼の発言は一貫して、「自分は悪くない。まわりが悪い」というニュアンスに満ちています。

「憲法が悪い」「歴史教科書が悪い」「証言をした『従軍慰安婦』が悪い」「社保庁の職員が悪い」「松岡が悪い」「赤城が悪い」「久間が悪い」、そして「自分を理解しない国民が悪い」・・・・。

 でも、松岡さんのときも、赤城さんの時も、安倍さん自身が対応を誤らなければ、けっして今のような国民の怒りを買うこともなかったでしょう。また、消費税の問題だって、「上げないとは一言もいっていない」という彼の一言が、これを争点の一つに押し上げました。どの問題でも、自民党をドツボに落とし込んだ原因は安倍さん自身のような気がします。

 やっぱり、ご自分からおやめになったほうが、国民のためはもちろん、ご本人のためだとも思うのですが・・・。



 それから、もう一つ。
 あれだけ、民主が議席を取り、岡山の「姫のトラ退治」をはじめ、1人区の保守王国で次々に自民の現職を破ったわけですが、山口県では、まだ開票も始まっていないのに、自民の候補者の当確がでました。カミさんのふるさと、あの保守ゴリゴリの鹿児島でも結果が出たのは未明だったのに・・・。
 しかも、山口県の民主の候補者も岡山の姫にも負けないいい候補者だと思ったのですが。
 どうしてなんでしょう。
 安倍さんの地元だからでしょうか。
 あの民主党への雪崩現象などものともせず、自民圧勝・・・・。
 山口県って異常な県なのでしょうか。
 ちょっと、山口県人でいることに自信を失いかけているポチでした。

無料 アクセス解析RMT

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月26日 (木)

「再開」が大前提?柏崎刈羽原発

 ポチです。
 梅雨があけたと思ったら、ものすごい猛暑です。
 みなさん、お変わりありませんでしょうか。


 さて、今朝読んだ「朝日」の社会面に載っていた短い記事。

柏崎原発/全基再開2年後/調査委/委員長予定者見通し

 新潟県中越沖地震で想定外の揺れを受けて停止中の東京電力柏秋刈羽原発(新潟県)について、経済産業省が今月にも設置する調査対策委員会で委員長に就任予定の班目春樹・東大教授が25日、「1基の運転再開だけでも来秋までかかる。全7基が再開するには2年ぐらいは必要だ」との見通しを明らかにした。
 同原発は、6号機で原子炉建屋の天井クレーンの破損が見つかり、原子炉のふたを開けて中を点検できない状況だ。残る6基は、原子炉建屋のクレーンの点検に至っておらず、全機器の状況を調べるにはかなりの時間がかかるという。海域の断層調査にも相当の期間をとられる見込みだ。(太字はポチです)


 この記事が、班目さんという方の見解を正しく反映しているのかどうかわかりません。この記事を読んだ限りの感想です。

 「点検できない状況」「点検に至っていない」「断層調査にも相当期間がとられる」・・・。つまり、まだ何も調査できていないということです。何も調査できていないのに、なぜ「来秋」とか「2年」とかいう「見通し」がたつのでしょうか?
 まだ調査していないということは、断層調査の結果、この地に原発を建設したことそのものが誤りだったという結論が出ることもありうるということです。にもかかわらず、期日の見通しを示して見せています。

 こんな記事を見ると、何か、「再開することが前提」という「調査対策委員会」になるような気がしてなりません。
 日本海沿岸の地域に地震が頻発しています。そして、かなりの原発が日本海沿岸に建設されています。もし、柏崎刈羽が否定されてしまったら、同じ理由で日本海沿岸のすべての原発が否定されてしまう可能性だってあるわけです。

 「のどもと過ぎれば熱さ忘れる」
 適当に時間をかけて「調査」し、住民のみなさんの危機感や切迫感がおさまった頃を見計らって、もっともらしい理由をつけて「安全だ」という結論を出すのかもしれません。

 その地域の住民や国民のことを第一に考えるのではなく、電力会社や原発メーカー、ゼネコンの利益を何よりも大切にする。こんな政府のやり方が透けて見えます。


 さあ、暑さにめげず、今日も仕事です。
 ではまた。ポチでした。

無料 アクセス解析RMT

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

民主党という政党に公認されるということ

 ポチです。
 猛暑か大雨かの日々が続いています。
 毎日、仕事に追われ、体がしんどくて、昨日は体が悲鳴を上げていました。それで、夕方、仕事を抜け出してマッサージに行ってきました。ちょっと楽になりました。

 先日、仕事の途中に近くまで行ったので、友人の農業青年のところに寄りました。
 彼は、アイガモ農法でコメをつくっています。おコメの成長とともに、来た頃は体調10センチもなかったカモさんたちが、田の草などを食べて大きくなっていました。
 私が田に近づくと寄ってきます。そして、あぜを歩くと、ものすごい勢いで水を蹴散らしながらついてきます。
 なんともかわいいものです。
070707_165302 070707_165701_1


 さて、参院選の投票日まであと1週間になりました。
 いろんな方がブログで、参院選のことを書かれています。

 いつも楽しく読ませていただいているブログ、いつも勉強をさせていただいているブログのなかにも「?」というものがあります。
 それは、民主党の候補者を「護憲派候補」とそうではない候補とに識別して、投票の際の注意を呼びかけているものです。
 ・・・よくわかりません。

 結論から言うと、どうも私は民主党という政党が信用できません。
 多くの護憲ブロガーの方も言われているように、民主党には、自民党の方よりもひどいとんでもない議員や候補者がたくさんおられます。アメリカの新聞に「『従軍慰安婦』がいたことは『事実だ』」との意見広告に名前を連ねる多数の議員がいらっしゃいます。そして、そんな議員や候補者の方を民主党という政党は公認をしているのです。

 もちろん、候補者個人として、憲法を守ろうと真剣に考えておられる方もいらっしゃると思います。私の住む山口県の民主党の選挙区候補の方もそのお一人であることはわかっています。
 しかし、たとえそうであったとしても、先に言ったような議員や候補者を公認してきている民主党という政党に公認されている方だと思うと、どうしても投票する気になりません。

 さて、あと1週間。しっかりと考えて投票するとしよう。
 ポチでした。

無料 アクセス解析RMT

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年7月18日 (水)

新潟県中越沖地震に思う

 ポチです。
 新潟の地震、たいへんなことになっています。
 地震があったのは知っていましたが、これほどひどいとは・・・。
 被災された方にお見舞い申し上げるとともに、行政が適切な対応を迅速にされるよう心から願っています。

 3年前の中越地震、今年3月の能登半島地震と、日本海側で地震が続いています。3年前の中越地震で被災し、仮設住宅に住んでいる方々にも、容赦なく今回の地震の被害は及んでいるとの報道を見て、暗澹たる思いです。

 3年前の中越地震のときは、うちの長男クンがボランティアで駆けつけました。高校で震災の話になったとき、「手伝いに行きたい」という高校生達の声に、学校も応えて、学校の車を出し、先生もついて数名の高校生が志願して、1週間くらいだったと思いますが行きました。
 うちの長男クンが志願したと聞いて誇らしげに思った「親バカ」でした。長男クンが「寝袋を送ってほしい」と言ってきたことに、いそいそと喜んで送りました。

 なんてことを!

 その被災者の方がいまだに仮設住宅に暮らしておられるとは・・・。現地の方々の苦労も努力も知らず、息子がボランティアに名乗り出て行ったことを喜んでいた自分のバカさ加減にガッカリしました。


 そのうえで気になる報道を2つ。

 ひとつはこれです。

 新潟県中越沖地震に伴う東京電力柏崎刈羽原子力発電所での火災発生を受け、甘利明経済産業相は17日未明、東京電力の勝俣恒久社長を経産省に呼び、消防隊が到着するまでの同社の初期消火活動が遅れたとして、厳重注意した。また、今回の地震による最大加速度が同原発の耐震設計上の想定以上だったことを受け、同原発の7基すべての安全性を確認できるまで運転の再開を見合わせるよう指示した。(17日「時事通信」)

 「すべての安全性を確認できるまで」?
 甘利さんは、どういう状態になったら「安全が確認できた」というのでしょうか?
 
 こんな報道↓をみるにつけ、この人たちが考える「安全」という言葉の意味に「?」を感じてしまいます。

 日本経団連名誉会長で日本原子力産業協会会長の今井敬氏(新日鉄名誉会長)が十七日、松江市内で会見し、震度6強の揺れを観測した新潟県中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)が自動的に緊急停止した点を挙げ、国内の原発の耐震上の安全性は確保されているとの認識を示した。
 今井氏は、同原発の緊急停止を踏まえ「(日本の原発は)チェルノブイリ事故をはじめ海外で発生したような大事故にはつながらない」と言及。「原発の安全性を、電力会社がもっと自信を持って住民に説明すべきだ」と続けた。(18日「山陰中央新報」)


 放射能に汚染された水が海水に流れ出したり、放射能が大気中にも放出されたと言われています。どこが「安全性は確保されている」のでしょうか?また、今朝の朝刊によると、原発の真下にまで断層面があることが判明したそうです(「朝日」)。
 今回の地震が明らかにしたのは、「地震大国・日本に原発をつくることそのものが安全ではない」ということなのではないでしょうか。
 適当なことを言って「これで安全は確保された」などと言って、運転を開始するということに必ずなるような気がします。


 もう一つの気になる報道はこれ。

 長崎市内での参院選遊説を中断し、混乱が続く新潟県中越沖地震の災害現場に急遽入った安倍晋三首相。3月の能登半島地震の際の現地入りが、発生から19日後だったのとは対照的だ。逆風が吹く参院選を強く意識し、素早い危機管理対応をアピールする狙いもあるようだ。
    (中略)
 滞在時間約2時間50分という駆け足の視察を終え、午後8時40分には再び官邸に。首相は17日も引き続き対策の陣頭指揮を執るため、沖縄県遊説を取りやめた。(17日「産経」)


 3月の能登半島地震の時と今回の違いは「選挙」。なんかなあ。安倍さんの軽薄さがいっそう際立っていると思ったのは私だけでしょうか。

無料 アクセス解析RMT

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年7月15日 (日)

台風が過ぎ去って

 ポチです。
 台風の被害はいかがでしょうか。
 山口県は、直撃かと心配されたのですが、なんとかそれました。直撃された地域の方やこれから台風を迎えられる地域の方には申し訳ないのですが、ホッとしました。
 4年前でしたっけ、台風が直撃した時は、我が家は4日間ぐらい停電が続いて、ホントに大変でした。スーパーやコンビニに行っても、弁当やカップ麺の棚はカラッポ。電池はどこに行っても売り切れでした。いったどうなるやらと思っていました。
 4日目でしたか、家に帰っていると、昨日まで停電だった家々の電灯がついています。「おっ、電気がついた」と喜んで家についてみると、我が家は引き続き停電。向こう側の家々の電気はついています。なんと、我が家のまわりだけ依然として停電!「なんでこうなるの」と愕然としました。

 「今回もか」と構えていたのですが・・・。昨晩、家に帰ってみると、案の定、カミさんは大量にカップ麺を買っていました。

 県内でも、台風に備えて、参院選の公営掲示板を撤収した自治体も少なくなかったようです。

 今朝の空の青さはすごいです。輝いているような青です。まだ台風の影響もあって、涼しい風も吹いて、本当に気持ちのいい朝です(被害を受けた地域の方、これから台風が来る地域の方繰り返しごめんなさい)。
 そして、日曜日なのに、今日も仕事です。明日の休日も仕事です。


 と、前置きを書いて、なにか本題を書こうと思ったのですが、時間がなくなってきました。書きたいテーマは山ほどあります。そのうち時間を見つけて書くことにします。
 今日はこれまで。

無料 アクセス解析RMT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

百の釈明より領収書

 ポチです。
 雨の日々が続いています。
 大きな仕事が入ってきて、朝から晩まで仕事に追われています。なかなか更新もままならない状態です。
 中小企業で働く身としては、仕事がないよりあった方がいいので、文句は言ってられないのですが・・・・。


 先日、久間さんが辞職されました。
 最後まで反省の言葉は聞かれませんでした。
 テレビを見ていたら、記者団に囲まれて久間さんが言ったのは、「しょうがないというのは、ワシの口癖なんだがな~。九州人はよく使うんだよ」などととぼけた顔で言っていました。
 それを聞いていた九州人のカミさん。「そんなん聞いたことがない」と怒り狂っていました。バカなことを言って自分が恥をかくのは勝手ですが、九州人全体を自分の低俗なレベルに巻き込むのはやめた方がいいのではないでしょうか。


 それで、今度は赤城徳彦農水大臣の問題。
 テレビを観ていたら、党首討論で安倍さんは、「架空ではない」とか、「水光熱費が一ヶ月にわすか800円ですよ。それで辞任すべきだと言うのですか?」とか聞かれてもいない話を得意げにしゃべっていました。
 ははあ、「野党の連中はこんな風に言ってくるだろうから、こう答えてやろう」とか一生懸命勉強してきたわけですね。

 安倍さんがこっけいなのは、しゃべり方や表情を見ていて、そのことがよくわかることです。しかも、とっても噛み合ってなくて頓珍漢な答えをしているのに、いかにも相手を論破しきって「どうだ、まいったか」っていう表情をすることです。思わず噴出してしまいそうになります。
 野党のみなさんが言っているのは、「そんなにやましいことがないと言うのなら、領収書をだしたらいかが?」って言ってるだけなんですけどね。

 先日、現場の方と話をしていたら、安倍さんの話題になり、私が「どうも安倍さんは頭が悪いようですよ」と言うと、一人の方が「どうも、それホントみたいですよ。うちの爺さんの友達が昔、安倍さんとゴルフをしたことがあって、その人が『あんなに頭が悪い奴をみたことがないって言ってました」と言われていました。

 なるほど。


 で、赤城さんの話。
 最初は、「主たる事務所」としていた実家に住んでいたお父さんお母さんが「事務所としては使っていない」「家賃ももらっていないし、水光熱費も自分が払っている」とマスコミの取材に答えていました。
 それが一夜にして 変わりました。
 父親が文書を発表して、「自宅が後援会事務所でないとの報道があるが、真意が伝わっていない」、、「(実家は)今でも地元の活動の拠点となっている」、「以前は秘書が自宅に常駐していたが、事務所としての活動が以前ほど活発ではないという趣旨だ」と釈明したそうです。
 また、赤城さんは、「父親の単純な誤解。長年、後援会の方に集まってもらい、いろいろな会合を行ってきた」と言われたそうです。

 不思議なのは、これで国民に対して釈明した気になっておられることです。
 テレビの警察ドラマだって、共犯者は別々の取調室に入れて、供述の食い違いがあるのかどうか調べるじゃないですか。
 打ち合わせをしていない時点での話の方が正しくて、口裏を合わせた話は胡散臭いなんて誰でも考えることです。

 問題は簡単だと思います。領収書です。
 やましいことがないのであれば、領収書を出せばいいし、出さなければ「やましい」ということです。
 で、赤城さんの言葉。「法律で(領収書を)公表する必要がないのであれば、まさにその法律の趣旨の通りに運用すべきだ」。
 つまり、やましいんですねって国民は誰も思います。
 100の釈明より領収書。領収書なしでは、100の釈明も何の意味もありません。


 なんか、自分からどんどんドツボにはまっていっておられるようですね、安倍さん。

無料 アクセス解析RMT

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

涙雨

 ポチです。
 大雨が続いています。
 水不足の地域にとってはいい雨になるでしょう。
 土砂災害の被害が懸念される地域のみなさんは不安な日々をお過ごしでしょう。


 私にとっては、「涙雨」っていうところでしょうか・・・。
 1日の日曜日、たまっている仕事をかたづけようと職場に行って、セッセと仕事をしていると、娘から涙声の電話。「おじちゃんが亡くなったって、おばちゃんから電話があった・・・」。
 具合が悪かったなんてまったく知らなかったので、驚いて、とにかく、仕事を放り投げて岩国市の叔母の家に向かいました。

 昨年5月に胃がんが発見されて、その後、入退院を繰り返していたそうです。肺や脳にも転移していて、叔母も覚悟をしていたのか、終始、気丈に振舞っていました。
 痩せてしまって、元気だった頃の見る影もない義叔父の遺体に声も出ませんでした。

 通夜を済ませて、家に戻り、2日は、母とカミさんと娘といっしょに、また岩国に。
 大雨の中の葬儀でした。

 叔母は、私が小さい頃からかわいがってくれた大好きな人です。そして、義叔父も、たいへんやさしく知的で愉快な方で、うちの子どもたちも大好きでした。他の親戚の家には行こうとも言いませんが、「おじちゃん」「おばちゃん」と慕って、小さい頃から行くのを楽しみにしていました。

 親しい方が亡くなるというのは、なんとも辛いものです。深夜に帰宅しました。

 そして、昨日、職場に行くと私のデスクの上に、一枚のメモ。48歳の同僚が亡くなっていました。彼は、肺がんで、長期に入院していて、もう長くはないだろうと言われていたので覚悟はしていましたが、それでもショックです。
 一日、ボ~ッとしながら仕事をしていました。


 今朝も大雨です。そして、今日も葬儀です。

 そして、仕事はまた一段とたまっていくのでした・・・・。



 ドタバタと過ごしているうちにいろんなことがまた起こっています。
 久間さんが辞職されて、小池百合子さんが後任になられるとか・・・。
 今朝の「朝日」には、「識者に聞く」というのがあって、田原総一郎氏が「国民は、久間氏が安部政権を守るために犠牲になったととらえるだろう」と述べたと書いています。
 大臣を辞めることが「犠牲」でしょうか?
 大臣としての資格も能力も見識もない方にはやめていただく、ただそれだけのような気がするのですが・・・。そして、この間、資格や能力や見識のない方だとはっきりわかった人がやめないでいるということがあまりにも多かっただけだったのではないでしょうか。
 大臣を辞めたから、それでおしまいということでいいのでしょうか?
 ぜひ、政治家も辞めていただきたいと強く思っているポチでした。

無料 アクセス解析RMT

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »