« 学力と競争――「匿名」さんのコメントに答えて | トップページ | SHOGO's Words No.12 「I am a father」 »

2007年5月29日 (火)

岩国新市庁舎募金の会“風”登場!

 ポチです。
 先日、仕事で岩国市に行ってきました。

070526_162501

 錦帯橋です。
  錦帯橋の架かる錦川には幾度となく橋が架けられましたが、増水時の激しさのためことごとく流失していました。流れない橋を架けるのが歴代藩主の切なる願いだったそうです。
 初代の錦帯橋は、3代藩主「吉川広嘉」により、延宝元年(1673年)10月1日に竣工しました。中国の西湖に並んだ島から島へと渡された石橋の絵がヒントになったそうです。しかし、この橋は8ヶ月後の大洪水により流されてしました。
 その後5ヶ月を要して二代目の橋は再建されました。
 
1950年9月14日のキジア台風により逆巻く洪水が錦帯橋を直撃し、再び流失してしまいます。
 1953年、2年の歳月をかけて錦帯橋は再建されました。1本の釘も使っていない、「組み木」という技法を生かした名橋としてよみがえりました。橋の長さは橋面にそって210m、幅5m、橋脚の高さは6.6mです。

070526_162201_2 070526_162401_2


 写りがよくないのですが、わかりますでしょうか。左の写真の上の方、小さく写っているのが岩国城の天守閣です。
 川原には、イカ焼きなどの出店が並んでいます。



 さて、本題です。
 この美しい橋がある岩国市は、今大変な問題に直面しています。
 沖縄から米軍岩国基地への空中給油機受け入れの代償として、安芸灘地震で大きな被害を受けた市の庁舎建て替えのための補助金をうけていた岩国市は、米艦載機受け入れを拒否したために、その補助金を途中でカットされてしまいました。
070526_160901
 左が現在の庁舎、右側が建設中の新庁舎です。
 岩国市は、市役所の横に建っていた市立体育館を壊し、大金を投じてここまで建設しています。昨年度までは国からも14億円の補助金が出されています。
 ここまでやってきて、とても建設を中止するわけにはいきません。
 3月市議会では、艦載機受け入れ容認派議員によって、合併特例債を建設費に当てるという内容を含む今年度の予算を否決してしまいました。

 そして、住民が立ち上がりました。
 国からの前代未聞のイジメ、市議会の裏切りなど、苦境に陥りながら、市民の立場に立って艦載機受け入れを拒否する井原市長を助けようと、「岩国新市庁舎募金の会“風”」が立ち上がりました。

 以下は、会の趣旨です。

 最近の日本政府のやり方を考えると、「はらわた」が煮えくり返るのです。こうして皆様とお話し合いができると「ほっ!」とした気分になれます。
 今の私達に何ができるのでしょうか? 新庁舎建設補助金のことですから、やはり募金活動をするしか考えられません。しかし、これは表面は募金活動ですが、中身は抗議行動になるのです。
 「貧者の一灯」を結集して、岩国の「一隅を照らし」出し、さらに「光を高く高く掲げて」全国へ岩国市民の思いを照らし続けましょう!
 皆様のご支援をお願い申し上げます。

 井原市長からのメッセージも掲載されています。ぜひ一度、寄ってみてください。ポチもわずかですが募金しようと思っています。

 それでは、明日。ポチでした。

無料 アクセス解析RMT

|

« 学力と競争――「匿名」さんのコメントに答えて | トップページ | SHOGO's Words No.12 「I am a father」 »

コメント

岩国の現状を分かり易く紹介して頂きありがとうございます!!
浜田省吾さんのファンなのですね♪
ブログタイトルを見て「あっ!」と思いました。
憲法改正議論が高まる中、ここで浜田省吾さんに奮起してもらいたいと思っているところです。
もう一度、この国はどこに向かっているのか、どこに向かおうとしているのか。一部の政治家にこの国の行方を委ねていていいのか。
浜田省吾さんに、岩国というひとつのまちの現状を知って頂くとともに、「戦争と平和」についてみんなに問いかけてくれるようなアルバムを是非発表して頂きたいです。
頑張ってファンクラブにお手紙を書いてみようかと思っています。読んでもらえるかな。
このたびは、ありがとうございました。ちょくちょく寄らせて頂きます。

投稿: 岩国新市庁舎募金の会“風” | 2007年5月30日 (水) 09時57分

「岩国新庁舎募金の会“風”」さん(でいいのでしょうか。長いですね)。コメントありがとうございます。

 こちらこそよろしくお願いします。
 でも、ブログにあった代表者の方が書かれているのかと思ったので、コメントの内容にはビックリしました。「浜田省吾」に反応されるとは・・・。
 歌を通じて、意味のある発信をされている浜田さんに強く惹かれています。沖縄を歌った曲もありますし、岩国もぜひ歌にしてほしいですね。

投稿: pochi | 2007年5月31日 (木) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/6590684

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国新市庁舎募金の会“風”登場!:

» の比例代表制で [和ブログ傘]
月号で加藤夏希ちゃん着用 海兵隊 公式に ... [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 05時33分

» 年金記録消失問題をめぐって首相と語るタウンミーティングでも開いて国民の声を直接きくべきだと思うけど、結局こんなことで終わるんだろうなあ [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
司会者「本日は年金問題をめぐって総理と語るタウンミーティングに多数の国民の皆さんのご来場をたまわりましてまことにありがとうございます。では、皆さんから首相に質問していただきましょう。」 国民1「年金記録を精査... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 00時00分

« 学力と競争――「匿名」さんのコメントに答えて | トップページ | SHOGO's Words No.12 「I am a father」 »