« 枝野ショック! | トップページ | 「時代についていけてない」のか? »

2007年4月30日 (月)

SHOGO's Words No.9 「MIDNIGHT BLUE TRAIN」

 ポチです。
 この春から始まった浜田省吾のツアー「ON THE ROAD 2006-2007 My First Love Is Rock'n Roll」の207年春ツアーの先行予約はすべて外れました。
 昨日は徳島、明日は高知で浜田さんのステージがおこなわれています。3、4日は、申し込んでいた倉敷のステージが・・・。
 この2年は、毎年2ヶ所も当たっていたので、安易に考えていたのですが、やはり、甘くありませんでした。今年は、いけないのかなあ・・・。

 で、本題です。
 きょうこそ浜田省吾カテゴリーです。2ヶ月以上ぶりになります。

 ということで、「SHOGO's Words」、今日はその9。1978年9月にリリースされた3枚目のアルバム「Illumination」の最後の曲「MIDNIGHT BLUE TRAIN」です。05年4月に発売されたシングル「光と影の季節」に「MIDNIGHT BLUE TRAIN 2005」としてカップリングされてます。また、ライブバージョンは、1982年の8枚目のアルバム「ON THE ROAD」、2002年に発売されたDVD「ON THE ROAD 2001」のおまけCD(?)でも聴けます。

 「家路」と並んでポチの一番好きな歌の一つです。
 78年当時の自分の心のうちを、なんのてらいもなく、ごまかすこともなく、その悩みや苦悩をしぼり出すような詞。自分自身の仕事上の悩みや人間関係のつまずきなど、たくさんの苦悩と苛立ちを抱えた姿を投影したかのような詞。初めて聴いた時、かなりの衝撃をうけました。

 当時の浜田さんは、文字通りギターをかかえてステージをこなしていました。レコードもほとんど売れていなかったそうです。その苦悩を反映した歌なのでしょう。
 「Illumination」のアルバム解説の中で浜田さんはこう言っています。
 「『MIDNIGHT BLUE TRAIN』なんていうのは、その頃の気持ちが出てますよ。(「Illumination」の)ジャケット(写真)は京王プラザなんです。住んでるところは、環7のそばのちっちゃなアパートで、羽根木公園とか赤堤通りとかあのへんをウロウロ歩きながらメロディを作ったんです。大嘘だよねえ(笑)。ジャケットだけ京王プラザ。お前は矢沢永吉か、なんて(笑)。矢沢永吉のフィルム・コンサートの前座で歌ったりしてた時代ですよね。この途中で、ずっとやってくれていたディレクターの蔭山さんが人事異動で販促に変わって、僕はえらく怒りました。この頃からポップなメロディを書く浜田省吾、というのが求められていたわけです。でも、それをはね返して『いや、俺はこうだよ』と言うほどキャリアもなかったし。身近な人からそう言われて、そうなのかなあと思いながらやってたんだけど、だんだん出来なくなってきた」

 浜田さんのアリーナツアーのアンコールの最後の曲は、この曲と「ラストダンス」という曲がカワリバンコ(これって山口弁ですか?標準語ですか?)に歌われます(と思ってるんですが、違うのでしょうか?)。1万人以上の大合唱は大感動です。

 それではどうぞ。「MIDNIGHT BLUE TRAIN」です。

                 MIDNIGHT BLUE TRAIN

Shogo3_2カーテンコール
ステージライト
ざわめき 今でも 火照る身体
ギター抱えて 夜汽車に揺られ
次の町まで ただ眠るだけさ
どこへ行くのか 何をしてるのか
時々 わからなくなるよ

飛び去ってゆくレールの上で
時は過ぎてく瞬く間に
描いた夢と 叶った夢が
まるで違うのに やり直せもしない
もう帰ろう みんな投げ捨てて
でもどこへ
一体どこへ

                                                      Midnight Blue TrainPhoto_4
連れ去って
どこへでも行く
思いのまま
走り続けることだけが
生きることだと
迷わずに 答えて

人を傷つけ
嘘もついたよ
弱音を吐きながら ここまで来た
愛する人を引きとめようと
時には 自分を裏切りもしたよ
何をなくし
何を手にしたか
わからない
もう わからない

Midnight Blue Train
連れ去って
どこへでも行く
思いのまま
走り続けることだけが
生きることだと
迷わずに 答えて

 やっぱり、「歌は歌詞が大事だ」って実感させられる歌の一つです。

 エ~ッと、前回の「NEW STILE WAR」の時に、曲を聴けるようにしたんですけど、これってやっぱりまずいですよね、著作権上。
 それで、今回は、ソニーミュージックのHPから視聴できるようにしました。
 ↓からどうぞ。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/SMER/ShogoHamada/SRBL-1998/index.html

 ということで、久々に浜田省吾カテゴリーを書いてホッとしているポチでした。

無料 アクセス解析RMT

|

« 枝野ショック! | トップページ | 「時代についていけてない」のか? »

コメント

試聴させていただきました。
こういう歌はほとんど聴いたことがないのですが、なるほど、ちょっといい歌ですね。
大晦日に「宙船」をすっかり気に入ってしまったのですが、これもいいですねえ。

敬遠せずにやってみる、これは、何事にも通ずることですね。

投稿: jun | 2007年4月30日 (月) 19時42分

junさん
コメントありがとうございます。そして、視聴ありがとうございます。

視聴ってさびの部分だけだから曲全体の感じはわかりにくいかもしれませんね。全体としてスローバラードなんですが。
よかったら、ついでに、「家路」と「初秋」はぜひ聞いてみてください。心にしみるではないかと思います。
「家路」↓
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/SMER/ShogoHamada/SECL-501/index.html
「初秋」↓
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/SMER/ShogoHamada/SRCL-2685/index.html

投稿: pochi | 2007年5月 1日 (火) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/6259911

この記事へのトラックバック一覧です: SHOGO's Words No.9 「MIDNIGHT BLUE TRAIN」:

» 良太郎(佐藤健)を支える仲間 [佐藤 健「仮面ライダー電王」]
「佐藤 健」平成生まれのHEROの誕生です。「仮面ライダー電王」で どこまでヒーロー伝説を作るかで俳優としてだけでなく、注目されています。佐藤健ヒーロー伝説を見ていきませんか。 [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 19時00分

» 永ちゃん人気、恐るべし。 [ニュースな出来事]
破壊!盗難!永ちゃんタオル撤収 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000019-spn-ent 永ちゃんこと、矢沢永吉の「タオルポスター」の盗難が、大阪で相次いでいる らしい。 これは、永ちゃんの最新DVD「Rock Opera2」の宣伝用に、永ちゃんファンは みんなコンサートの時に持参する、永ちゃんビーチタオルをポスター代わりに 貼り付けていたもので。 永ちゃんの人気... [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 22時09分

» 結婚相談 結婚紹介 [結婚相談 結婚紹介]
結婚相談 結婚紹介 [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 00時11分

« 枝野ショック! | トップページ | 「時代についていけてない」のか? »