« SHOGO's Words No.6 「ロマンス・ブルー」 | トップページ | 穴があったら入りたい »

2007年2月 3日 (土)

「しがらみ」と副知事

 ポチです。
 昨日のblogでも書いたように、先日、仕事で萩市に行ってきました。仕事の合間に、何枚か写真を撮ってきたので、紹介していきます。
 で、今日は松陰神社です。

Ts3a0055

 松陰神社というのは、読んで字のごとく、吉田松陰を祭ってある神社です。1890年に建立されました。松陰神社というのは、東京の世田谷にもあって、そっちは、1882年の建立ですから、萩市の松陰神社のほうが新しいものだそうです。
 で、東京の松陰神社には、吉田松陰の墓があります。萩市の松陰神社には「松下村塾」があります。

Ts3a0057

 入口のところを拡大すると

Ts3a0058

 「松下村塾」って書いてあるようです(「松」と「塾」しかわかりませんけど・・・)。これは、修復してありますが、本物の松下村塾だそうです。8畳間1つ、四畳半間1つ、三畳間2つの小さな建物です。わずか2年半くらいの間だそうですが、高杉晋作など、ここから維新の志士だちが巣立っていったわけです。

 萩市では一番の観光処なので(だと思うんだけど)、萩に来られた時は、どうぞ。

 ということで本題です。
 東国原英夫宮崎県知事が、知事選に自民・公明推薦で出て落選した持永哲志さんに副知事に就任してほしいと打診したという話が突然出てびっくりしています。
 「毎日」も、「しがらみのなさや旧態依然の政治からの脱却を訴え当選した知事。変革を望み一票を投じた支持者は『昔の県政に逆戻りする』『県民の期待を裏切るな』と複雑な心境で受け止めた」と書いています。
 その記事は、「理解できる」「理解できない」のそれぞれの県民の声をのせていて、賛否両論あるようですが、どちらの立場の県民も「驚いた」という点では共通しているようです。

 その理由について、各紙が書いていますが、
 1、自民党県議が多数を占める県議会との関係を「円滑」にする
 2、行政経験のない東国原知事としては官僚出身の持永氏の行政経験が必要
などがあげられるようです。「ゴモットモ」って感じなんですが・・・。

 もちろん、自民・公明推薦候補だった持永さんが副知事になったからって、「だからだめだ」ってことはないと思います。誰が副知事になろうと、問題は、「しがらみのない政治を」っていう彼のスタンスを守ってがんばれるかどうか、彼の主張に共感し、「県政を変えてほしい」っていう県民の期待を正面から受け止め続けることが出来るかどうかにあります。これからの彼のやっていくことを見守っていきたいと思います。

 しかし、どうなんでしょうか、今回の彼の判断は?
 率直に言って、どうもしっくりきません。
 「県議会との円滑な関係だ」って言っても、相手は、アノジミントーの人たちでしょ。ミイラ取りがミイラになるって言うけど、「しがらみ」だらけのアノ人たちと「円滑」にことをすすめようとすれば、それこそ「しがらみ」にがんじがらめにされてしまうんじゃないかという不安がよぎります。
 それより、「円滑」にはいかなくても、「しがらみ星人」の人たちとは距離を置いて、県民を味方に県政をすすめていく方が得策なんじゃないかって思うのですけど。
 たしかに、持永さんは官僚でしたから行政経験は豊富だと思います。そして、持永さんって人のこと全然知りませんから、すごくマジメで献身的な人なのかもしれません。でも、ジミントー、コーメートーの推薦を受けた人ですから、少なくともこの2つの政党の人たちとの「しがらみ」は持ってますよね。
 行政経験って言うんなら、いまの女性副知事さんや県の幹部職員の方もおられるわけですし、その人たちに依拠してすすめられる方がよかったんではないでしょうか。拙速に新しい副知事を決めるんじゃなく、しばらくは今の仕組みの中でやってみて、そのなかで、自分が信頼できる人を副知事に選ぶって方法はなかったんでしょうか。

 ウ~ン、どうなんだろう、っていう気分が抜けないポチでした。

無料 アクセス解析RMT

|

« SHOGO's Words No.6 「ロマンス・ブルー」 | トップページ | 穴があったら入りたい »

コメント

持永氏にも再チャレンジするのには良い機会ではないでしょうか?呉越同舟という故事成語があるように、今にも沈没しそうな借金宮崎県の舵取りにお互い乗ってしまえば、どちらも一生懸命やってくれると思いますよ。県民にとっては、とにかく宮崎を良くしてくれれば良いんですよ。心配せずにてげてげに見守りましょう。知事も熟慮しての決断でしょうから、まだ何もやっていないうちからとやかく批判してはいけませんよ。しがらみ政治に逆戻りしたときにこそ、批判しましょう。

投稿: 心配するな。工夫せよ。 | 2007年2月 4日 (日) 23時57分

心配するな。工夫せよ。さん
もちろん、見守ります(・・・というか、見守るしか出来ないんだけど・・・)。
でも、山口の自民党の県議を何人か知ってるけど、えげつないよ~。そんなのと「円滑」といわれると・・・。
せっかく「しがらみからの脱却」を訴えて知事になったんだから、で、県民もそれを期待して選んだんだから、ぜひそれを実現してほしいし。・・・心配です。

投稿: pochi | 2007年2月 6日 (火) 05時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/5194815

この記事へのトラックバック一覧です: 「しがらみ」と副知事:

» 建物 [建物]
[続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 22時25分

« SHOGO's Words No.6 「ロマンス・ブルー」 | トップページ | 穴があったら入りたい »