« 「美しい国日本の味」 アベシンゾー食ったゾ~ | トップページ | SHOGO's Words No.7 「MONEY」 »

2007年2月12日 (月)

「えひめ丸」追悼

Ts3a0096

 ポチです。
 眠ています。夜寝る時は毎晩、お父さんの布団の上で寝ます。お父さんが、晩酌をして、酔っ払って、まだ、お母さんやお姉ちゃんは起きているのに、「おやすみ」って言って二階に上がるとき、いっしょについて上がり、お父さんの布団にもぐりこむのです。

 このBLOGを始めたのが昨年の12月13日。で、今日でちょうど2ヶ月になります。何を書くのかもハッキリせずに、とくにこれといって目的もなく、「エイヤッ」とばかりにとにかく始めたBLOGでした。読み返してみると、恥ずかしい限りです。

 書き方に、すごい動揺が見られます。なんか、BLOGって軽く書かなきゃいけないと思い込んでいて、最初の頃の書き方って、ホント軽すぎっていうか・・・。で、途中で、ヘンにえげつなくなって、立場もわきまえず口汚く人をののしってみたりして(この頃は明らかに「きっこ」さんの影響)・・・。最近は、試行錯誤の末、すこしおちついたのかなとは思うんですけど。なんか押し付けがましい文章だなあと思ったり、自分の書いたものに自信がもてずにいます。

 アクセス数を見るとまもなく1900っていうところです。1日で何千ものアクセスがある有名なGLOGに比べたら、ほんのわずかな数ですが、それでも、ポチにとっては、こんな駄文に1900ものアクセスがあったことは驚異です。何かのキーワードで検索してたどり着いた人たちなんだけど、きっと、「フン」って、すぐによそに行かれた方がほとんどだとは思うんだけど・・・。

 マ~、とにかく、2ヶ月間もちました。どこまでもつか、やってみることにしよう。

 で、本題です。
 この10日は、愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」が、ハワイ沖でアメリカの原子力潜水艦に衝突されて沈没した事件から6年目の日でした。高校で、追悼式典があったことが各紙で報じられていました。

Photo_3

 事件は、突如起こりました。「えひめ丸」がハワイ沖で実習航海している最中、原子力潜水艦「グリーンビル」が前触れもなく浮上してきて、「えひめ丸」に激突したのです。
 「えひめ丸」には、35人が乗船していました。船の底の方にいた9人の方が亡くなり、26人の方が船から投げ出されました。でも、グリーンビルは何の救助活動もせず、見ていただけだったそうです。

 この事件の原因は、いろいろ言われていますが、グリーンビルないしは米軍の方に一方的な非があります。
 最初、グリーンビルは、「訓練中だった」と言いましたが、実は、民間人を16人も乗せて、いわば「観光航行」をしていたことがわかりました。しかも、事件海域は、米軍の訓練海域ではありませんでした。

 海底600メートルに沈んだ「えひめ丸」の引き上げを、当初、米軍は拒否しました。技術的な問題もあったのあもしれませんが、最大の理由は引き上げには膨大な経費ががかかるということでした。遺族の強い要望で最終的には引き上げをするのですが、文化の違いなどもあるのかもしれませんが、事件の原因を一方的につくっておきながら、とても許せない対応だったと強い怒りを感じたことを思い出します。

 なぜ、この事件への思い入れがあるかというと、犠牲者の一人のお父さんと事件後にたまたまお会いし、話を聞かせていただいたことがあるからです。

 この事件で亡くなった方は、さっきも言ったように9人。そのなかに、指導教官として乗船していた中田淳さん(当時33)がおられます。中田さんは、山口県長門市の出身です。この事件のため、ハワイに行かれていて、帰ったばかりの中田さんのお父さんとお話しする機会がありました。
 まだ米軍が船体の引き上げを拒んでいる時期でもあり、中田さんのお父さんは、「とにかく早く引き上げてもらいたい。私が淳にしてやれるのは、そういい続けることくらいしかない」と悲痛な声を上げられていました。
 そして事件の原因について、「現地で話を聞いたが、最初は『民間人は乗せていただけ』だったのが、『民間人のうち2人が操船にかかわった。しかし、事故とは無関係』に変わり、実は、『司令室に16人もいてジャマでソナーも確認できなかった』に変わった。ショーかゲームの感覚じゃないか。内情を知れば知るほど憤りで胸が痛む」と言われました。

 そして、最後にこう言われました。「現地に行っても、息子の帽子一つ、靴の片方すら残ってないんですよ。『どこかの島にうちあげられているのでは』『明日にも帰ってくるのでは』と思えてならないんです。事故を聞いて、頭は真っ白になり、そのときに止まってしまった私の時計は、船が引き上げられ、息子と対面できるまでそのままです」。

 なんともつらいお話でした。中田さんはじめ犠牲になられた方のご冥福を心からお祈りいたします。

 ついでに言っとくと、この事件の一報が入った時、当時の森首相は、ゴルフに興じておいででした。で、一報が入った後も、ゴルフを続け、それまでも低かった支持率がさらに下がり、事件の2ヵ月後に退陣に追い込まれました。
 森さんといえば、郷土のホコリ・アベシンゾーさんのお師匠さん。支持率の低下に悩む弟子もお師匠さんの後を追われているような・・・。

 この事件の後も、潜水艦による民間船舶への事故は起こり続けているそうです。二度とこんな悲惨なことがおこらないよう願っているポチでした。

無料 アクセス解析RMT

|

« 「美しい国日本の味」 アベシンゾー食ったゾ~ | トップページ | SHOGO's Words No.7 「MONEY」 »

コメント

こんばんは
痛ましい事件でした。米軍艦については、以前にも、助けなかったという事例があったように思います。ひどい話ですよね。ご冥福をお祈りいたします。

ブログの件ですが、2ヶ月で1900なんてすごいです。@@
私なんぞ、いまだにちょぼちょぼですが、4ヶ月たってもたぶん3桁でしたよ。^^;で、やーめよっかなと思っていたら、コメントして励ましてくださる方がいて、じみーでいいやと、続けてきています。pochiさんのコメントは、とーっても嬉しかったですよ。
これからもよろしくお願いします。

投稿: jun | 2007年2月13日 (火) 19時46分

junさん
コメントあるがとうございます。
最初は、「きっこ」さんのあの独特の「毒」に夢中になりました。でも、いろんな人のblogを見ていて、すいぶんと価値観も変わりました。たしかに「きっこ」さんのも面白ろく、今でも読んでいます。でも、読んで、ほのぼのすると言うか、あったい気分にしてくれるblogの方に、最近ではひかれるようになりました。junさんのblogは、私の好きな「3大blog」の一つです。二度と「やーめよっかな」なんて思わずに、がんばって続けてください。

投稿: pochi | 2007年2月14日 (水) 12時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「えひめ丸」追悼:

« 「美しい国日本の味」 アベシンゾー食ったゾ~ | トップページ | SHOGO's Words No.7 「MONEY」 »