« A PLACE IN THE SUN | トップページ | 浜田省吾の歌詞No.1「もうひとつの土曜日」 »

2006年12月16日 (土)

どうも胡散臭い、教育基本法改正

 昨日、教育基本法改正案が参議院で可決されて成立した。どうも胡散臭いと思っているのはポチだけだろうか。
 改正理由は、ようするに、「制定から半世紀以上もたって、科学技術も進歩し、情報化、国際化、少子高齢化など、教育をとりまく状況が大きく変化し、いろんな問題も生じているので、教育の根本にさかのぼった改革が必要」ということらしい。「フ~ン」って思っちゃうんだけど、それで、なんで「愛国心」なのっていう感じ。
 いま、子どもたちをめぐる事件があとを絶たない。ほんとうに悲しい。子どもたちが一日のうちで一番長い時間をすごす学校って今どうなっているんだろう。「いじめゼロ」っていう数値目標もたされて、いじめがあっても、それを報告すると学校の、教師の評価が下がっちゃうってんで、見て見ぬ振りをして「ない」と報告する学校。
 広島県のある市は、「学力日本一」ってのを掲げてるんだって。それで、学力テストやってみたら、間違っている子どもがたくさんいたので、ある小学校と中学校の校長先生が「学校をよくみせなきゃ」ってんで、間違ってた答えを正しい答えに書き直したそうな。
 こんな大人たち見てたら、絶対にこどもたちは大人を信用しないよね。
 いま、子どもたちのことを考えるんなら、こんな問題こそ解決しなきゃいけないと思うんだけど、こんな風潮は野放しにされて、ほんとうに「愛国心」なの?。
 わが郷土のホコリ・安倍晋三さんは、「占領時代の残滓を払拭することが必要です。占領時代につくられた教育基本法、憲法をつくりかえていくこと、これは精神的にも占領を終わらせることになります」って言ったんだって。
 むつかしいことはわからないけど。どうみても、子どもたち方を向いて教育のことを考えてるって感じがしないのはポチだけですか?
 どうみても不自然と感じ、胡散臭い気がするのはポチだけでしょうか?

無料 アクセス解析RMT

|

« A PLACE IN THE SUN | トップページ | 浜田省吾の歌詞No.1「もうひとつの土曜日」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/190664/4566106

この記事へのトラックバック一覧です: どうも胡散臭い、教育基本法改正:

« A PLACE IN THE SUN | トップページ | 浜田省吾の歌詞No.1「もうひとつの土曜日」 »